« ホッピーを飲んでハッピーになろう♪@芝法人会館 | トップページ | 香川旅行、行って来ます♪@赤坂オフィス »

2009年6月26日 (金)

地方から国を変える!の意味?@赤坂オフィス

昨日おとといで、噴出してきたいわゆる「地方首長の乱」めいたもの…

私にとっては、何と言うか、ハラハラドキドキものの、動きです。

総括して、自分の意見だけ先に言わせてもらえば、「新党とか政治集団とか、それは違うんじゃないの…」ということです。

私の理想は、首長は、政党の影響力からは一歩離れた存在であって欲しい、ということ。逆に政党も、首長に影響力を行使しないで欲しいのです。

地方自治体の長は、政治家というより、実務家です。行政機関の長です。行政に「正解」はないかもしれないけど、「最適解」ならあります。住民の利益を最大限に勘案すると、そこにしか落とし所のないであろうと信じられる解です。

その解を、どのような信念と理想を持って模索するか、短期的ビジョンなのか、中長期なのか、地域限定なのか、国や世界を見越してなのか、そんな匙加減を常に住民とともに追求してゆくそれぞれのやり方が、首長の個性であり、手腕なのでしょう。

その解の行方を、国政や議会勢力に左右されてはならないし、逆に利用されてもなりません。数の論理や、選挙や日頃のしがらみから、超然として職務をこなす、というのが、自分の理想とする首長のあり方です。

面白いのは、自民党総裁候補だ、新党だと平気で言ってのけちゃう首長には、国政や地方議員の経験がないということです。政党という組織のコマとなって働いたことも、コマとなって働く人たちとともに働いたことも、ないでしょう。選挙で手伝ってもらったいい思い出は、あるかもしれないですけど。東国原さんなんて、政党の選挙ってこんな楽でおいしいものなのか~と、逆に対抗候補の動きから、感じていたと思います。

それぞれの首長の温度差の違いは、恐らく、政党という組織のすさまじさを、知っているのと知らないのとの違いでしょう。選挙活動においても、政治活動においても。いい意味でもすさまじいし、悪い意味でもすさまじい。

国政で働いたことのある北川さんの「せんたく」も、政党政治からはスタンスを置いています。言わんや中田横浜市長をや。

自治官僚として経験を積み、知事として辣腕を振るった我が心の師匠、片山さんも、選挙だけ政党を利用して、あとは超然としていました。ガチンコ対決する相手も官僚のみ、で、中央の政治家なんてハナから相手にも、あてにもしていなかったと思います。

「完全無所属」を謳いながら当選してすぐ、へらへらと自民党詣でしちゃった森健なんかも~情けなく見えてしょうがないです。

最終的に「首長って一体ナンなの~ヘンなの~」なんて、変な烙印を押される前に、一連の動きが収束して欲しいものです…。

あ、タイトルと中身とがずいぶんずれちゃいましたけど、言いたかったことは、国を変えるのは、結局国会議員の仕事だということです。地方分権一括法以来、まだ時間がそれほど経過していないこともあるし、地方と国との財源の問題なんて、一般国民には、全然興味ない分野でしょう。ましてや、道州制なんて…平成の大合併だって、あれほど大騒ぎだったのに。正直リアリティがないです。

国会議員を選ぶのも、一人一人の国民です。地方から国を変える!の標語は、言い換えれば、国民を脅迫しているくらいの迫力のある言葉と思います。つまり「地方から国を変えろ!そのためには、お前等ちゃんと俺らの言うとおり投票しろ!」みたいな。

だから、橋下さんも、東国原さんも、まずは自分達の住民に向けて語って欲しいのです。「県や府と国との関係はこんなんです。ここをこう変えたほうがいいでしょ?そのためには、国会議員にこうしてもらわないとなのです」と。

そこからでないと、肝心の県民、府民=国民は、置いてけぼりですよ。

|

« ホッピーを飲んでハッピーになろう♪@芝法人会館 | トップページ | 香川旅行、行って来ます♪@赤坂オフィス »

地方分権って?地方自治って?」カテゴリの記事

政治の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/30581814

この記事へのトラックバック一覧です: 地方から国を変える!の意味?@赤坂オフィス:

« ホッピーを飲んでハッピーになろう♪@芝法人会館 | トップページ | 香川旅行、行って来ます♪@赤坂オフィス »