« 台風一過に鰻と大学とパレードの準備@三田~新橋 | トップページ | アラビアンなベリーダンスとお誕生日会@目黒~魚らん坂下 »

2009年10月 9日 (金)

保守って何だろ?@赤坂オフィス

私にとって、個人的に強い強い印象があって、何度か過去の日記にも登場していたのが、中川昭一さんでした。訃報の第一報が、栃木県足利市で、ユネスコの研究大会に出ていた時にたまたまYahoo!ニュースで見てしまったものだったので、ただただ信じられなくて、妹に電話して「中川“酒”どうしたの!?」と聞いてしまったほどです。

亡くなった中川昭一氏への賛辞に、「彼こそが真の保守の政治家だった」という言葉がよく聞かれました。

私にとっても、当然その印象が強くて、というのも、台湾の李登輝元総統の訪日実現に努力しておられたり、北朝鮮の拉致被害者救出のために議連会長をやっておられたりで、そんな関係の支援集会には精力的に参加していた、私にとっては“珍しい”与党自民党の政治家さんだったからでした。

そう、自民党の政治家さんで、そういう「日本の国益、日本人としての誇り」を前面に押し出した、「保守」な活動を積極的におやりになる方はあまりおられませんでした。

平沼赳夫さんも今は無所属だし…石原慎太郎さんとかね、昔『青嵐会』なるタカ派の会はあったらしいけど、今の自民党ってそういう感じではないでしょう?安倍さんも麻生さんも、いわゆる“右翼”的発言は、批判されていたしね…ま、首相だから仕方ないのかな?と思うけど。

それなのに、亡くなってから、これからの自民党を牽引すべき人だった、とかみたいに、賛美されているのには、「今さらかよ!?」と、つい叫びたくなってしまいます…

じゃ、民主党は?って、私は民主党には「保守」派といっていい、潔い政治家さんが何人もおられると思っているのですが、連立政権の中では見事に沈黙を守っていますよね。東アジア共同体構想、共通の歴史認識、外国人参政権、加えて、昔から保守系には目の仇の目玉政策、夫婦別姓。これらについて、民主党保守派が物言いをつけ始めたら、政権どころか政党が吹っ飛びそう。

私?私は誰もが認めるウヨクな「保守」派です。でも、上記の政策を実現するにあたって、日本の国益や、「日本らしさ」を損ねない妥協案というか譲歩案というか、戦略的落としどころはあるとも信じているのですよね~。

私はウヨクな保守派だけど、他国を徒に貶めたり、誹謗中傷したりすることで、日本の矜持を保とうとするような言動は嫌いだし、軽蔑します。それは国内のコミュニティメンバーに対しても同様で、

「自分達は永住外国人、帰る国もない、日本国籍を取得はしない、でも日本社会の構成員として認めてほしい」というなら、「どうぞ~地方参政権で気が済むということなのかな?ただし被選挙権については、別途制限を設けるけどいいよね?権利義務が何もかも帰化した国民と同じってわけにはいかないよね?」

「結婚して姓が変わるなんて冗談じゃない!」というなら、「どうぞ~選択制にするね。でも、それって改姓の問題だけなの?別姓のメリットって?同姓のメリットって?厚生年金や共済年金の第3号保険者のメリットを失うとか、そういうデメリットを伴っていいかな?ひとり親や共働き親さん達と、完全に同じ条件で租税や社会保障の負担を担ってもらうって大前提で、話を進めちゃうことにしたらどう?配偶者制度の不公平感もなくなるしね~手始めに、こども手当て導入で、配偶者控除も廃止だし。それでいいんだよね?」

共通認識の教科書作り、どうぞおやりになってくださいな。その代わり、日本人による日本人のための日本の歴史の教科書と、何がどう違うのかの逆検証もさせてもらうので、そのこともよく念頭において考えてね。

こういうのって田原総一朗さんの言う「保守リベラル」なのかな?自分では「最大多数の最大幸福」を追求するリバタリアンだよね~と思うけど。保守基盤のリバタリアンか、そんなもんかな。

いずれにせよ、サヨク的な政策にはウヨク的なチェック機能が、逆には逆のチェック機能が常に必要なわけで。

民主党内の、保守系チェック機能については、今後も気をつけて見守る必要がありますね。

|

« 台風一過に鰻と大学とパレードの準備@三田~新橋 | トップページ | アラビアンなベリーダンスとお誕生日会@目黒~魚らん坂下 »

政治の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントありがとうございます!
こんなところにひっかかってくるのは、まあ、「らんくり」流れだろうなぁ~(笑)と少々戸惑いつつ…

武見先生なる方がどのような方なのか、自民党のいう「保守本流」について、正直よく分かりませんので、結果何かずれたまま、と思われたら申し訳ないですが…

まず事実をひとつ。田原総一朗氏は自分自身を評して「保守リベラル」と定義しています。田原氏がこれまで自分に近いとしていたのは、かつての自由党時代の小沢一派(いわゆる小沢一郎の思想という意味でなく、小沢の取り巻きが形成した思想)という文脈からは、自民党内でのいわゆるリベラル派とはやはり一線を画しているようですね。

これは単純に用語の使い方の問題で、リベラルを「古典的欧州型」に理解するか、「国家介入的米国型」に理解するか、の本来背反的な理解に基づく解釈の問題に過ぎない、思想の断絶自体の問題ではない、と思ってます。日本では、両者がそうとう接近して理解されているという思想的離れ業!が成立していると思いますが、さすがに民主党内一派が使う「リベラル」という言葉に臭う「サヨク」臭とは別物!と断言しておきましょう。

そういう意味では、もしかして自民党と、おそらくコメントさんは、リベラルを「米国型」に理解しているかもしれません。小沢一派と田原氏は「欧州型」かもしれません…

あ、私は後者ですね。自分自身の思想ベースが欧州古典なので、リベラルという言葉には、リバイアサン的な背景を自然に起草します。おそらくコメントさんは、米国由来の正義論とかから入っているのでしょうね、だから違和感を感じられたのかもしれません。

リバタリアンについての理解も同じです。私は欧州型を継承しているので、功利主義由来の再配分派、みたいな理解で、そこには思想的断絶はありませんが、米国由来では違うのでしょうかね。

ということで、今日もいい天気~sunまた遊びに来てください!

投稿: 龍之助 | 2009年10月12日 (月) 11時00分

すみません。あくまで言葉の定義です。本筋にイチャモンつけてる訳ではないのであしからず、宜しくお願い致します。

> こういうのって田原総一朗さんの言う「保守リベラル」なのかな?

イヤ、田原総一朗氏の言う「保守リベラル」は、党内真ん中から左派の所謂「保守本流」(=ex. 武見敬三先生)そのものをズバリ指しているという風に、私は、捕らえています。しなやかな「ウヨク」とは、明らかに一線を画すと思います。

> 「最大多数の最大幸福」を追求するリバタリアンだよね

「リバタリアン」は、只今学習中なのですが、功利主義とは又異なるのではないのかなと、現時点では解釈しています。
→「生意気だ! なら、お前が「リバタリアン」を説明せよ!」は、未来永劫御勘弁願えたらと思います。

本筋に流れる透き通って見える柱は大変素晴らしいものと見受けられ、御尊敬申し上げます!

投稿: 言葉の定義に拘り過ぎ | 2009年10月10日 (土) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/31716345

この記事へのトラックバック一覧です: 保守って何だろ?@赤坂オフィス:

« 台風一過に鰻と大学とパレードの準備@三田~新橋 | トップページ | アラビアンなベリーダンスとお誕生日会@目黒~魚らん坂下 »