« 2009年8月23日 - 2009年8月29日 | トップページ | 2009年9月6日 - 2009年9月12日 »

2009年8月30日 - 2009年9月5日

2009年9月 5日 (土)

体調ボロボロでサックスを吹く週末…@港区生涯学習センターとか

平日より週末のほうが日程がきつい…と正直恐ろしい気分になる今日この頃。その週末がまた来てしまいました…。

何か、昨日から体調が悪い自分…体が痛いし、だるいし、すぐ眠くなるし…しかしちっとも休めない週末。連れ合いを仕事に送り出してから、もう一眠りしよう…としても、次々に来る宅配便。西濃さん、ヤマトさん、ゆうバック…佐川さん以外勢ぞろいか…。

午後いちで、新橋の港区生涯学習センターへ。みなとジャスでサックスの練習。全然食欲がなかったけど、楽器は空腹では吹けないので、駅でさぬきうどんを食す。

その後、悲惨な目に…

前回、慶應義塾の授業のためお休みしたら、既に「Rock Around the Clock」が仕上がってしまったらしく、「La Bamba」に。ええっ…と必死でくらいつこうとするも…楽譜一見でちょろりと指が動くくらいだったら、プロデビュー目指しますって!!

2時間後には、目の前がくらくら…。信じられないことに、楽器を落とす大失態…ちょっと傷がついてしまったマイサックス。凹む私を心配して声を掛けてくれたおねえさん、「私一回も休んでないのに、全然ついていけない」と。ふたりでなぐさめあいつつ、新橋駅に向かったのでした。

帰ってとりあえず横になる。体が痛い。これは…やぱいって、あした遠足なのに。子供たちもたくさん来るのに。

うっかり一時間くらい寝てしまい、はっと起きる。まずい…佃のお友達の家に呼ばれているのでした。

あわてて家をでて、テイクアウトのお願いをしていた近所のお店に立ち寄り、荷物抱えて地下鉄に…そもそも中央区に出てゆくことすら「遠出」なのに体調が悪い。これはいかがなものか…と自問自答しつつも、結局電車に乗る自分。

まあ、結局午後11時近くまで、お邪魔していたのですが…女子は好きだよね?「恋バナ」。実は恋愛系のお話は、今も昔も、自分が最も、最も、最も苦手とする分野。その理由はまったく単純で、「無力感」。人の恋愛になんて、何もしてあげられないし~何もして欲しいと期待されてないなら~もういくらその話しても、結局、何の意味もないよね?みたいな。

女子の友達から「聞いて欲しいことがあって…」みたいに言われて、それがはは~ん、彼のこと?と思うとほぼ100%逃げ切るよう、努力してしまう自分…ほんとごめん!と心から謝るけど、同時に、その話なら、別に私じゃなくてもいいじゃ~ん…と腰が引けてしまう…。

お前だって連れ合いの話するじゃないか~と突っ込まれそうな気がしますが、基本的には、秘密とか嘘が超苦手な自分としては、聞かれたら何でも話すけど、こちらから連れ合いの話するのは、自分より連れ合いと付き合いが長いとか、自分よりよく連れ合いのことを知っている方達相手にだけですよ~まじで。だってさ、連れ合いのこと知らない人達に、いいこと言っても嘘っぽいし、悪いこといってもくだらないし。結局つまんないじゃん!

あ、というか、違う違う…そもそも連れ合いの話は「恋バナ」でなく、「家族のお話」でした!家族のこと、親や兄弟のこと、いいこと悪いこと、何でも聞いたり話したりするのは好きですよ…家族は自分の人生の重大な構成要素ですから!

と、いうことで、自分の苦手分野は「恋バナ」。アタックチャンスで、幕末の志士の問題が出てしまうくらい、どぇ~とビビってしまう、自分を再認識したのでした…。

午後11時過ぎ、ガタガタの体を引きずって、帰宅。明日の遠足は、本気でまずい…と、パブロンとロキソニンを飲んで、寝るのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

これからの政界における女性の可能性@上智大学四谷キャンパス10号館講堂

今日は、午前中に大慌てで今週のレポートとか申し送りを終わらせて、午後から上智大学四谷キャンパスへ。実は初めてのキャンパス訪問だと思いますが…

米国大使館、上智大学アメリカ・カナダ研究所共催のシンポジウム、「女性と政治:未来に向けて変革する役割」にお呼ばれしたのです。英語のタイトルは、"Cracking the Glass Ceiling: The Evolving Role of Women in Politics."

午後1時からのスタート。開会のご挨拶に、8月に着任したばかりのジョン・ルース駐日米国大使が。ニュースで何度も読んでいた方ですが、今日は初めてのパブリックアピアランス、公衆の面前でのご挨拶ということで、興味津々。

Image199
想像通りの理知的で落ち着いた方でした。日本の政権交代に関するコメントもしてらっしゃいましたが、「強力な日米関係に変化はない。むしろこれからますます強化される」と力強くおっしゃってました。

続いて、基調講演「Are We There Yet?」は、2000年の大統領選で、民主党のアル・ゴア候補の選挙対策本部長を務め、バラク・オバマとヒラリー・クリントンの予備選の死闘をまさに内部から支え、オバマ大統領を誕生させたDonna Brazileさん。

Image201
女性であり、黒人。基調講演では、オバマ大統領誕生までの努力の過程を、非常にリアルかつユーモアを交えてお話した後、これからの政界における女性の可能性を、具体的なポイントを交えて、熱く語ってくれました。

その後、ジャーナリストの安藤優子さんとの対談。
Image202

男性社会で女性としてキャリアを積む苦労を、忌憚なく話し合い、盛り上がった後、安藤さんから意外な?質問が。

「政治の世界って、汚くて醜い、権力闘争のお金の世界だって、政治家は汚れてて馬鹿にされる職業だって、そんな見方が根強くはびこっていることが、女性の政界進出を阻むひとつの要因だと思いませんか?」

ドナさんの回答は本当に明快で、爽快。

「米国でもスキャンダルもあるし、清廉潔白なひとにはできない仕事だと思われています。でも、本来の政治の仕事は、自由で正義感あふれるもののはず。だから今に、社会が女性を求めるようになります!未来の指導者のあるべき姿を、社会が女性に求めるようになるのです。」

安藤さんも、「今回の選挙は、本当の意味で参加が政権交代を促したと言えます。男性側の意識の変化も必要だですね」と締めくくられました。

最近久しぶりに、すご~くいいお話を聞けた!と、心底感動してしまいました…。

この後、もうひとつ講演と、参加者全員によるパネルディスカッションがあり、休憩を挟んで5時間以上に及ぶシンポジウムは終わったのでした。

当初スピーチをする予定だった、小池百合子議員はドタキャン…理由はおありでしょうか、残念でした。

六本木ヒルズによって、いつものように都営バスでおうちに帰ったら、なんと!連れ合いが既に帰宅してた…10時そこそこですよ!?ありえん!

ふたりで「高校生クイズ」を熱く応援したのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

オバマ・スピーチに学ぶ「戦略的話術」@アカデミーヒルズ

今日の仕事は、意外にヘヴィーなものに…明日提出予定の週間レポートが、40ページを越すペース。まいったなぁ~。

と、へとへとになりつつ、放課後は六本木ヒルズ49階に。面白そうなレクチャーがあったので申し込んでおいたのです。

NLP(神経言語プログラミング)を利用した戦略的コミュニケーション、というけど、まあ、昔からある感動するスピーチテクニックとか、傾聴の手法とかをうまく類型化して体系化したのかな、という感じ。

面白いね~本来感覚的なコミュニケーションのテクニックですら、学問化すると、すごく分かりやすくて使いやすくなる。

最後に30分以上にわたり、実際にオバマ当時大統領候補のスピーチを、約30分見ました。今日はスピーチのテクニックの話でしたが、内容もやっぱりすごいなあ、と改めて感心しました。

内容もよかった…やっぱり中身のない空疎な公約は、伝わらないはずです。伝わったように見えても、本当は違うかもしれない。

実は今回の開票に立ち会って、比例代表で「みんなの党」の票が思ったよりも多く出たことに驚きました。実は、社民党や公明党よりも、多くの支持者がいたのです。

港区で「みんなの党」と書いた人は、ほぼ100%政権公約で選んだ人、と言い切っていいのでは?ネットで調べたりしたのでしょうね。それって、党としての本当の気持ちと公約が伝わったってことだよね…次の機会にも、変わらずにいられるかどうかは、お互い次第なのですけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 2日 (水)

にぎわうまち~まち歩き企画は商店街めぐりに決定!@港区高輪総合支所

港区内のそれぞれの支所で企画運営している住民参画組織。高輪地区のは、「タウンミーティング TAKANAWA 2009」というのが正式名称です。今日は3つある分科会のうちのひとつ、産業・地域コミュニティ振興をテーマにする、「にぎわうまち」分科会の日。

私は前の2007から参加してますが、今年はまとめ役にご推薦いただいたので、責任重大。開始30分前に区役所の担当者と集まって、今日の進行の大まかな打ち合わせ。

今日の議題は、9月26日土曜日に決定した、「まち歩き」企画の内容とルート策定、という真っ白しろからの2時間勝負!ちょっと不安もよぎります…。きっと集まってくださった皆さんもそう思ってたに違いありません。15人のメンバーのうち8名と、区職員さん3名(うちひとりは、明治学院大学の3年生で、2週間のインターン中)の参加。

まずは「まち歩きで、どんなところを、どんなイメージで歩きたいか」から、順番にお話していただきます。すると「新しいものと古いもの」「人が集まる」「商店街」が浮上。するとおぼろげに、ルートが浮かんできました…

さらに掘り下げて、「まち歩きから、まちの何を発見したいか。どんな問題点を見つけることができるだろうか」というテーマで、まち歩きの後に、私たちはどんな成果を残せるだろうか、というところまで、議論を深めました。

最後に、地図上でルートを確認!

「メリーロード高輪~魚らん銀座商店会~白金プラザー~白金四の橋商店街~白金北里通り商店会」

これで2時間はきついぞぉ~でも最後にはみんなでランチでもいただけたらいいですね。

もちろん、あきらめなければならなかったテーマもあります。でも次の企画につなげる意味でも、とてもいい取り掛かりになっていると思います!

私が本当に嬉しかったのは、参加メンバーが皆口々に、まち歩き企画を「楽しみですね~」とおっしゃってくださり、さらに、まち歩き後の意見交換会になる次回会合を、「早いうちにやりましょう!」と全員一致で10月に決めてくださったこと。

ほんと、参加したからってお茶の一杯も出ない(ほんととですよ~)ボランティアの企画で、初めて出会うメンバーがほとんどで、男女年齢バックグラウンドも皆ばらばら、ただただ同じ部会に手を挙げてしまっただけのそれぞれのメンバーが、こんなに一致団結した気持ちになれるとは、正直、思いもよりませんでした…。

会合の最後に、総合支所でインターン中の学生さんが、「皆さんには、まちに対する愛があると思いました…私が皆さんの年齢になったとき、皆さんのようにまちを愛するひとになっていたいと思います!」と、熱いコメントをくださいました。

これにはみんなで笑顔で拍手♪

最後に、地域情報紙用の集合写真を撮りました。絶対みんな、いい笑顔に違いない!!

26日、天気だけはいいといいなぁ~夕方からはSEAMO塾長とHOME MADE 家族@日比谷野外音楽堂だし♪

ほんとに、楽しみです!皆さんありがとうございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

ピアタ音楽の…@田町駅西口ペデストリアンデッキ

ことの起こりは、昨日の、芝消防団第6分団「田町ビル」所属の勤務地団員からのメール。「1日と2日、田町ビル前でイベントをやるので皆さん来てください」。連れ合い、「面白そうだな、あした、行く?ピアタ音楽の…たべ。」

たべ?タベ?「ゆうべのこと?」「あぁっ…」

そんな絶望的な連れ合い♪

防災訓練中、Y島さんの携帯がブルル。お仕事の緊急連絡?と慌てて担架から離れて電話をとるY島さん。その内容は、N村弟から「今日夕べに行く?」とのお誘い…。直後、N村兄からもお誘いメールがあったらしく、「N村兄弟、防災訓練中に飲みの誘いをかけてこないで!」と嘆くY島さん…。

ま、結局いつもの仲間は田町駅に集結!

Image195
左から、N村兄弟のかわいいほう♪防災訓練もお疲れさま~のY島さん、N村兄弟のかっこいいほう;、「消防団では新入りですけど、田町ビルでは偉いんです!」と後輩が慕うO場さん。右列の奥も同じく田町ビルのU山さん、そして芝消防署三田出張所のS所長!!

Image196
「ピアタ」のスタッフとして働くかわいい子に撮ってもらいました~♪Sちゃんはずし過ぎ~

後ろのステージでは生バンドの演奏。サラリーマンさん達で大賑わいでした!

いろいろお世話してくれた、田町ビルの皆さま、ありがとうございました!消防団活動にも理解を示してくださり、社員さんを快く団員にしてくださって、感謝です!さらに若手の入団を、お待ちしております♪

メンバーはこの後、いつもの『大船』に大移動して、大騒ぎをしたのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

防災の日!の防災訓練@区立三田中学校

9月1日は防災の日。芝消防団第6分団は、港区立三田中学校の防災訓練の支援に行きました。

今日は始業式だったようですが、改めて体育館に集まり、まずは全校で港区役所防災課の職員さんと、芝消防署三田出張所のS所長の講話。

Image187
いわゆる「体育座り」。懐かしいなぁ~。

その後、1、2年生は解散。3年生は3班に別れ、実際の体験訓練に入ります。消防団は、簡易担架の制作と搬送訓練。毛布1枚と、2本の頑丈な棒があれば、即席で担架ができます。

Image190
子供同士でも簡単に作れて運べます。手を貸しているのは消防職員、見守るのは、我らがY島団員。

3人一組で、次々に担架を作って持ち上げてみます。男子も、女子も。素早く手際のいいチームもちらほら。さすがです!

最後の頃の女子チーム。誰が運ばれ担当になるのか決着がつかなくて、「じゃあお願いします」と頼まれたねえさん。おお、ということで急遽、「H都副分団長、記録お願いします!」で…

Image192
とりあえず横になりますよ~

Image193
さ、持ち上げてみてください!

Image194
ええっ!?Y島さんの背中ぁぁ~?

ってことで、ためになる訓練は終わったのでした…

区役所の職員さんたちは、簡易トイレの設営と浄水器の使い方を説明してくださいました。

早いお昼は、三田通りの『三田更科』。サラリーマンさん達が押し寄せる前に!急いで天丼をいただきました♪
http://gourmet.yahoo.co.jp/0000652517/

出場した3人とも、午後は仕事仕事~今日は暑かったですね~次は合同点検、頑張りましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月31日 (月)

地域コミュニティ参加は本人の意識次第@港区役所

港区国際化推進プラン検討委員会第2回会合がありました…嵐の中、港区役所へ。2時間の議論で、内容も少しづつ充実してきました。

しかしまぁ、委員なのに何か微妙ですけど、今更「国際化推進プラン」って~何か、私のふるさと栃木なら、「国際化」を公約に掲げて当選しちゃった市長のために、いやいややってます~って感じですよね。しかも10年前くらいに。

今この時代に「国際化」って何の意味~?とはさすがに思います。いや、「外国人」に対する住民サービスの充実、は当然急務ですけどね。えっ、今まで不足だったの?とそちらのほうが不安です…。

東京都港区でしょ。日本一の国際都市じゃないの!?

行政サービスの充実のほか、もうひとつの、大きなテーマは「地域コミュニティへの積極的な参加の促進」。

高輪地区の住民参画組織メンバーでもある私からすれば、「にぎわうまち」の一分野のこの分野。「日本人」住民の目線からすれば、祭りでも何でも、「外人」が来てくれたら大歓迎ですよ。当然同じ地域住民の日本人だって。でも言葉が分からないとかも含めて、英語が分かる役員が付きっ切りでアテンドするのなんて無理だし、「文句」みたいの言われてトラブルになっても、面倒だし~。

こういうのって行政が「国際化推進プラン」を策定したからって何かよくなるの?

地域コミュニティにどう参画するか、なんて結局は、ひとりひとりの意識の問題と思うんですけどねぇ…。日本人だって、外人だって。

せっかく住民参画組織に参加していながら、「隣人付き合いなんてプライバシーの侵害!」と主張する方もおられるし。

自分たちだけで東京滞在を楽しみたい「外人」を、無理くりイベントに連れ出すなんてことも、ありえないし。

どうしたらいいんでしょうねぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

民主主義って、こういうことだったのかぁ~@港区スポーツセンター

日曜日。日テレの「愛は地球を救う!」24時間?テレビは、つい見入ってしまいますよね…チャレンジって素晴らしい!しかも頑張ってるメンバーは「イッテQ!」だし。合間に「20世紀少年」映画のCMだし。

しかもお昼は連れ合いの豚肉しょうが焼き~!最高です。とうとう『グレース』のポークジンジャーをも超えてしまいました。

さて、お昼寝の後は、消防団。6分団は機関整備点検の日だったのですが、私はラッパ隊へ。雨が降り始める中、新橋に向かい、9月27日(日)の港区4消防団合同点検に向けた練習をしたのでした。

その後六本木ヒルズに向かい、ライブラリーでのんびりした後、夜7時半発のちぃばすで田町に。

衆議院議員選挙の「開票立会人」なるものを、生まれてはじめてやって来たのです。

友達の区議に頼まれてしまったのですが、きっと単に「歩いて帰れる所に住んでるから」という理由だけだと思うんですけどね~。

ともあれ…目の前で投票箱が次々にがぁっ!と開けられて、どさどさと投票用紙が山になって、その鉛筆書きの票一枚一枚が見えてくるのには、胸が震えました…。

積み重ねられた投票用紙に黙々と格闘する職員さん達。その様子は、なかなかに、エキサイティング。手書きの文字一つ一つに強い思いが込められていて…この方はご高齢だろうか、この方は一生懸命票を見ながら書かれたのかな、と、書いた人、ひとりひとりの人生が透けて見えるよう…この一票が、政治を変えてゆくのですね。ザッツ民主主義!

区役所の職員さん達も、芝や高輪の総合支所担当の方たちや課長クラスの方々も含め、しっかりいらしてました。高輪総合支所のA課長は、「あれ~何しに来たんですか!?手伝ってくださいよ、触ってもいいですよ?」なんて笑いながらおっしゃってくれたり。

私の仕事は不偏不党、公明正大。といいながら、疑問票を1枚、協議の末皆さんにご理解いただいて有効にしてもらうという、いいお仕事をしましたけどね。

私は比例代表のほうを担当したのですが、座席の右と左は、公明党の現職区議さんと共産党の方でした。公明党の区議さんは地元が同じ三田なので、終始こっそりワンセグ見たり、いろいろなことを教えてくださったり、とても楽しく和やかに過ごせました。

疑問票…これには味わい深いものがありました。若い女性の字で、「どの人や党を書いていいのか、わかりません」と書いてあったり。投票所まで来てくれたのに、この訴えは切実です。胸を打たれました。

あとは「ジャニーズ党」とか「嵐」とかあって、職員さんと「ありだな!」と笑ったり。「スポーツ平和党」「なつかし~!」とか。

午前1時過ぎ、票を詰め込んだ段ボール箱に封印をして、終了…。小選挙区のご担当を置いて、比例担当は解散です。

家に帰ると、連れ合いはまだまだテレビに熱中…1区はぎりぎりまで決まらなかったこともありまして。で、いい加減寝よう、っていってから連れ合い、「そっちが頑張ってる間にさぁ~俺田町まで飲みに行くのに、慶應の前の通り歩いてたのね。そしたら後ろにすごい圧迫感を感じて、振り向いたら…

イモトが必至の形相で走ってたんだよ。

俺思いっきり、イモトぉぉぉ~がんばれよぉ~!

って叫んだら、ちょっとこっちみて、ちゃんとうなずいてくれたよ。」

う、うそっ!

それすごい!政権交代どこじゃない、大事件じゃん!

そこからさらにイッテQで盛り上がり…

今朝。あ~寝不足、と言いながら、オフィスで、ご関係のある議員の当落表つきの速報レポートを作成しました。も~全国の小選挙区とブロックの当落を全てチェックして…日本バーレーン友好議員連盟、会長が復活当選で、ほんと、心から安堵しました。

選挙って、ただの一票どこじゃないよね。ひとりの人生とか想いが、ぜんぶぜんぶ動く日だったりするのね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月23日 - 2009年8月29日 | トップページ | 2009年9月6日 - 2009年9月12日 »