« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »

2009年11月1日 - 2009年11月7日

2009年11月 7日 (土)

芝消防少年団「秋の火災予防キャンペーン」!@田町駅三田口

またよく晴れて暑くなりましたね~暑い、というか、気持ちよかったのですが、用心深く厚着をしていったら、無駄に暑かったというだけなのですが。

今日の午後は、芝消防少年団の秋の火災予防街頭キャンペーン。芝消防少年団は、区内の小学生70名以上が所属する、主に音楽の合奏を通じて消防の広報・啓発活動を行います。

私はお手伝いは初めてだったのですが…芝消防署長、警防課長も私服でいらしていて、心強かったです。それに何といっても、団長は、芝消防団女性団員の大先輩で、先日消防団を退団なさった方ですから…。

Image418

演奏はこんな感じで。キュータ君も大活躍でした♪

実はここで意外な?再会がありました。

みなとジャズ講座でご一緒した、同じアルトサックスで、リードパートをやってたFさんが、子供さんを連れて現れたのです。「あれ~なんで?」とお互いびっくり!

それからひとしきり、みなとジャズの話で盛り上がりました。ちっちゃい子がいるので、と打ち上げに来られなかったFさん、「これからもやろうね~」とずっとおっしゃってくださいました。それだけ、ほんと、楽しかったんですよ~ね、Sさん!

地域の仲間が増えました~♪嬉しいですね♪

芝消防少年団は、この後駅の向こうの港区スポーツセンターに移動して、解散しました。次回は22日(日)に、出場です!これも楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

「一人ひとりが応える社会:対話が生み出す行動」@国際文化会館

麻布鳥居坂にある、国際文化会館には、港ユネスコ協会のイベントなどでもお世話になってます。今日は午後いちで、こちらの地下でのシンポジウムに参加して来ました。

このシンポジウムは、国際文化会館と国際交流基金との共同事業であるアジア・リーダーシップ・フェロー・プログラム(ALFP)のフェロー7名がパネリストとなる公開シンポジウムです。

第一部「思いやりある社会に向けた社会的責任について」では、日本、中国、インドネシアのパネリストがそれぞれ、「日本語教育を地域の外国人コミュニティに提供する、企業、行政、非営利団体の連携」、「中国企業のCSR」、インドネシアにおける持続可能な都市づくりへ向けた、市民社会の協働」というテーマで発表。

第二部「アジアを取り巻く影と光」では、バングラデシュとフィリピンのパネリストが、映像芸術の可能性と、銃社会の問題という、まったく質の違う切り口でのそれぞれの社会分析、第三部「次世代育成に向けた教育の役割」
では、マレーシアとパキスタンのパネリストが、それぞれの社会をこれからになってゆく世代への思いを熱く語りました。

とてもそれぞれのパネリストが選んだテーマも、それぞれの所属している社会の問題、つまり今不足していて、充足されていない何かを、示唆しているようでした。共通の視点は、地域コミュニティの現在と未来を作るのは、住民と組織との協働。個人だけでもだめだし、組織だけでもだめ。これは当然、港区のコミュニティ形成にもつながることです。

今日はこのまま帰ろう~と、呑気に構えていたら、お仕事メールが…車が迎えに来てくれる、というので観念して事務所に帰り、軽くお仕事をしてから、帰ったのでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

こちらも秋の空…@六本木ヒルズ森タワー49階

こちらは、富士山がきれいに見えた翌日、青山霊園から新宿方面を臨むの図。

米軍の麻布ヘリポート(公称は「赤坂プレスセンター」、米軍は「ハーディー・バラックス」と呼んでいるそうです)も、ばっちり見えます。騒音問題とか不法占拠問題とかあるようです。

Image417

「青山墓地に、お知り合いいる?」と連れ合いに聞いたら、「力道山?」と即答…なぜ…?
(今調べたら、池上本門寺みたいでしたよ。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

秋の空…@六本木ヒルズ森タワー40階

11月…みなとジャズ発表会も終わったところで、ちょっとだけ気が抜けました…

文化の日、朝から冬の寒気到来、とテレビは伝えますが…快晴の空は美しかったです!

Image416

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

みなとジャズ講座演奏発表会♪@赤坂区民センターホール

11月…素敵な季節になりましたねぇ~芸術の秋♪

ということで…やってまいりました!みなとジャズ講座6期生の卒業制作発表会!

卒業生は午前9時集合…で、三々五々、仲間が集まってきました。とはいえ、実は、今までの練習では、練習室に集合して、練習が始まり、終われば帰る…みんな一方向を向いているわけですから、名前も顔もよく分からないメンバーも何人もいました。

それが…

控え室に集まり、パートが同じの顔見知りのメンバーと自主練を始めると、「テナーにも参加して欲しいよね」「トランペットのリードも来てもらおうよ」と声を掛け合って…

いつの間にか、全員参加の自主練になってました!

この自主練は、ステージ直前のリハーサル室でも続き、最後には、演奏の最後に、仲間たちから自然に拍手が出たほどです。

何か嬉しかったですね~私は、仲間の気持ちに応えて、リードをとってリズム出しをさせてもらってたので、余計に感慨ひとしおでした。

もちろん、本番にはみんなすごくリラックスして、最高の演奏ができました!

「ラ・バンバ」「フライ・ミー・トゥーザ・ムーン」そして「ロック・アラウンド・ザ・クロック」。

「フライ・ミー」では、クローズの仕切りが、私だったんですよね…単にじゃんけんで「勝った」からだったのですが。でも練習からすごくうまく行ってて、本番でも完璧に決まりました!

も~最高の気分で、ステージを降りたのでした。

片付けのあとは、お待ちかねの打ち上げ。赤坂見附駅近くの『月の雫』は、月曜日には閉店だったのに特別に開けてもらったのですって。これは幹事のAさんのお手柄。打ち上げには私たちのメンバーの多くのほか、先輩たちのバンドや、他の区からの応援バンドの皆さんにもお越しいただき、大盛り上がり。

この席でも、他のバンドのメンバーさんや、講師の先生から、「今日の演奏の中で一番楽しそうだった!」「今までの卒業バンドの中で一番うまかった!」と大絶賛をいただきました。

その中でも、講師の先生が、「リハ室で最後までみんなで練習してたのが、聞こえてたよ。これで大成功だと確信した!」と。ほんと、そうなんです。最後の一日で、メンバー全員、ほんとにひとつになってたんです。

それが伝わったみたい。それがほんとうに嬉しかったです。

P1000548
これは連れ合いが、一瞬録画を友達にお願いして、携帯で撮ってくれた写真。一番前の真ん中、ハーネスを装着しているのが私です。

連れ合いは、もう2週間以上も前から、私以上に緊張してそわそわして、「何日だっけ?何時からだっけ?どこだっけ?」と毎日のように聞いてきて、うざかったし…しかも「お前がみっともないまねをして恥をさらすのはみたくないよ~」とか「マウスピースを変えたから下手になったとか、うまい言い訳考えたな~」とか、すごく不気味なことばかり言って脅してたくせに…

当日はお友達カップルも連れて来てくれて、しかも演奏を全部デジカメ録画してくれてて、その夜のうちに、来れなかった他の人達にも見せてくれてたのでした。ま、飲みながらですけどね。N村弟、Iりんも一緒に来てくれて、ありがとでした!

そんな連れ合い、ホールからの帰り際に、「大したもんだ!」と、ようやく誉めてくれましたよ♪

他にも、芝消防団らっぱ隊の仲間たちも来てくれたし♪ありがとございました!

打ち上げの席で、「6期代表で挨拶して」って言われたけど、「集まってくださったバンドの皆さん、ありがとうございました!今日は、ほんと、最高でした!」としか言えませんでした…一緒に挨拶に立ってくれた、Tさん(写真の私のお隣の癒し系おじいちゃま♪)が、続いて6期全員に起立してもらって、「これからもこのメンバーでやっていきますのでよろしくお願いします!」と言ってくださって。

それがほんとの、本心です。このメンバーで、できるだけずっと一緒にやっていきましょうね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月25日 - 2009年10月31日 | トップページ | 2009年11月8日 - 2009年11月14日 »