« ついつい熱中…『みなとコモンズ』テスト版完成!@赤坂オフィス | トップページ | 案ずるより産むが易し!@三田の我が家 »

2010年3月 3日 (水)

「事業仕分け」の本当の姿と今後の展開@六本木ヒルズ49階

今日は3月3日の桃の節句…この日がお誕生日のアメリカ在住の妹に、記念すべき何かを…

お昼に見つけました↓
Image036_2
大好きな桜あんぱん…なかの餡も桜色でした♪

さて。

夜は六本木アカデミーヒルズのセミナー。

行政のムダを斬る「事業仕分け」の本番はこれからだ!~行政刷新会議事務局長が目指す本当の改革~

という演題で、もちろん講師は構想日本代表の加藤秀樹さん。

記録に残したい、大切なポイントは以下の通り。

1. 「事業仕分け」は過去行政が実施してきた事業の評価の一部分を構成するに過ぎない。
(1)政策議論には本来踏み込む立場にはない。つまり、そもそも論としての事業の目的や意義そのものを論じる性質のものではない。事業評価の一部分として位置づけられるもの。
(2)事業仕分けは、その事業の目的や達成されるべき目標に鑑みて、その実施のプロセスが有効であったか、妥当であったかに焦点を当てるもので、その事業そのものの是非や善悪を評価するものではない。

2. 「事業仕分け」にはシナリオはない
(1)財務省主計局が描いたシナリオ云々…はない。しかし、仕分け対象とすべき事業が恣意的に選定されていたとしたら、そのことについては、仕分けする側は介入できない。
(2)シナリオはないとはいえ、仕分けする側は短期間ながらも事前に周到な準備を重ねているものであり、落しどころはある程度見えている。しかしその落しどころも、立場の違う仕分け人(学生、サラリーマン、専門家など)の間でも以外に一致するもの。

3. 「仕分け人」に正当性はいらない
(1)何の資格があって仕分けするのだ?という批判は当たらない。正当性の議論をしてしまうと、日本は変わらない。
(2)地方自治体の仕分けに、一般市民が参加したものもある。ただ、仕分けそのものには、ある程度の予備知識と経験が必要になったしまうので、参加する側は大変な準備と労力を強いられる。しかし、評定人として、仕分けの成果が納得がいくかどうかを、いちいち評価してもらうという取り組みは過去に例があり、これは大変良かった。

4. 「事業仕分け」の今後の展開
(1)それぞれの行政機関が、事業評価制度のひとつとして、参加型・公開型の「事業仕分け」をルーティン化するのが望ましい。
(2)国会でも地方議会でも、決算委員会で事業評価をする際に、「事業仕分け」を採用するといい。

以上が、講演内容から特に印象に残った部分です。質疑応答の中で特筆すべきは…

5.霞ヶ関改革は、公務員改革だけでは到底達成できない。
(1)最終的には政治家の意思決定の問題であって、公務員の人事制度などをいくらいじっても根本から改善はしない。
(2)政治家の問題とは、政党のガバナンスの問題のことである。内閣による評価、意思決定、権限行使は、政党が主導してマネージしてゆくもの。だから政党のガバナンスを向上させないことにははじまらない。行政機関は、あくまでも手足のようなもの。
(3)「事業仕分け」の過程は、事業の執行のやり方のまずさを浮き彫りにすることで、行政サイドの組織運営を見直すよい機会となり、政治のガバナンスの問題を追及するきっかけとなるものだと位置づけられる。

こんなもんですか。

参加者の中には、実際に公共事業に携わる立場の方もちらほらおられたようなのですが、ひとりの女性が、自分は特殊法人の職員ですとおっしゃった後、事業仕分けは敵対的だ、プロセスに納得がいかない、などととうとうと述べられていて、最後には会場にも司会者にも制止され、それでもマイクを離さず、最後には涙声…それが…いかにも…

既得権益でおいしい思いをしているのに、自分達だけそれに気づいてない(ふり?)、でもその特権を指摘されると被害者面

の日教組の運動員みたいな雰囲気で、何か嫌でした。

「仕分けのせいで、自分達は上の官庁に振り回されて、資料を作ったり、大変だったことをご理解ください!」

って。怒り交じりの涙声で訴えられても…民間だったら、決算報告とか株主総会の前に、毎年そんな大変な目に合うのね…それを上級官庁のせいにするならまだしも、事業仕分けのせいにして、文句言うなんて、そんな甘っちょろい考え許されないよ?

やっぱどこか腐ってる…

と、毒づきつつ…

事業仕分け、港区でもやったほうがいいよね…

なんというか、ゆとり予算、多いし。

いくら税収入が潤沢といってもね~

チーム事業仕分け、結成しますか?

地域住民目線で、行政サービスを評価する仕組みとしての事業仕分け。これも地域主権のひとつの試み。

そんな3月3日の夜の東京タワー。

Image038

携帯が古いし、これが限界…実際のほうがずっとずっときれいでした♪

|

« ついつい熱中…『みなとコモンズ』テスト版完成!@赤坂オフィス | トップページ | 案ずるより産むが易し!@三田の我が家 »

地方分権って?地方自治って?」カテゴリの記事

政治の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/33628129

この記事へのトラックバック一覧です: 「事業仕分け」の本当の姿と今後の展開@六本木ヒルズ49階:

« ついつい熱中…『みなとコモンズ』テスト版完成!@赤坂オフィス | トップページ | 案ずるより産むが易し!@三田の我が家 »