« この地域で生まれて亡くなるということ@三田豊岡町会 | トップページ | 選挙への関心が低い?信頼が低い?@田町駅前~新橋~三田 »

2010年6月28日 (月)

子ども手当法は、ホントにまずいって…@赤坂オフィス

今朝、領事事務担当の秘書さんから、衝撃の報告が…

厚生労働省から、ファクスが送られてきて、子ども手当支給要件審査にあたり、バーレーンのIDカードを提出したパキスタン人がいるので、そのIDカードが真正なものか、大使館として確認して欲しいと。そのカードは、バーレーンの住民登録カードにあたるもので、不鮮明なファクスながら、パキスタン人の大人の男女2名と子供5人分。

しかし、外交官も担当秘書も、なぜ厚生労働省が、そんなことを大使館に聞いてくるのかの意味が分からなかったので、龍之助が記憶を頼りに助け舟を出してみたのですが、結局、その7名が、生計を同じくする家族かどうかは、IDカードからは分からなかったのです。

どうも厚生労働省側の説明では、その父に当たると思われる男性が、日本で就労していて、子ども手当を申請したらしいのですが…何とも絶望的な気分になりました。

どうして出稼ぎで日本に来ている外国人の、本国でもない第3国に居住している子ども達に、毎月手当を支給しなければならないのか…

しかも生計を同じくしている家族かどうかを証明することも大変だし。

子ども手当については、参議院議員選挙前のタウンミーティングで、海江田万里先生に、「抜本的に制度設計を見直すべし」と意見を述べさせていただいていたのですが…財政面でも、福祉の公平感の観点からも、地方分権=地域自治の推進の面からも。

どうにも腑に落ちなくて、法律読んじゃいました…法律職として、法律読みたくなっちゃうんですよ。

「平成二十二年度における子ども手当の支給に関する法律」
(平成二十二年四月一日施行)
第一章 総則
 (趣旨)
第一条 
この法律は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援するために、平成二十二年度における子ども手当の支給について必要な事項を定めるものとする。

なるほど!趣旨はここに。

法案提出理由は以下の通り。

 次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援するために、平成二十二年度において、子どもを養育している者すべてに対し、子ども一人につき月額一万三千円の子ども手当を支給する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。

なるほど!

「次代の社会」について、具体的な説明がないのは瑕疵でない?

「次代の日本社会」とすれば、在留外国人の中でも、永住権など長期的に日本社会の一員である親の子、と限定できるし。

ちょっと前に書いたばかりだけど、龍之助は排斥論者ではないので、国籍条項は賛成しないけど、法律の趣旨がこんなに曖昧では、まさに自民党議員が、国会審議で「日本人の子が借金を背負い、国内だけでなく海外に居る外国籍の子まで養育するのが友愛精神か」と批判したというのもうなずけます。

こんないいかげんな法律の趣旨、今まで見たことない。ほんと、情けない…

さらにこの法律、財源の地方負担などについて多くの条文を割いており、苦し紛れ感ありあり…

必要な子供達の家族に、必要な分だけ給付される手当であって欲しいです!

しかも高速道路無料化実験…

今年1月の旅行でも、フルに利用した沖縄自動車道も無料♪と喜んだのもつかの間…

ニュースでは、大渋滞ではないですか×

連れ合いもさすがに、「週末割引くらいだったら払うのになぁ~無料は意味がないよ」と。

マニフェストの修正を許さない、昭和の悪代官がいるうちは、民主党ダメかなぁ~×

|

« この地域で生まれて亡くなるということ@三田豊岡町会 | トップページ | 選挙への関心が低い?信頼が低い?@田町駅前~新橋~三田 »

リーガルなあれこれ」カテゴリの記事

政治の動き」カテゴリの記事

コメント

け~つん、熱いコメントありがと!
日本は、戦後一貫して、年金や医療、高齢者福祉や生活保護などの社会保障制度を充実させてきたのですが、高度経済成長の時代も終わって20年、政府の財政負担は重くなるばかり…

しかも、制度を悪用する人は増えるばかり。つい最近も、中国から日本に今年春に来たばかりの中国人48人が、来日すぐに生活保護の申請をして、そのうち半分以上が実際に、家賃と生活費を支給されていることが発覚し、大騒ぎに…

自己責任ばかり言うと、アメリカ的で意地悪っぽく聞こえるかもしれないけど、ムダに甘やかしてばかりでも、つけ込まれたりずるされたりで、ダメになっちゃうんだよね!国民も子育ても同じようだねぇ~

国民皆保険制度の導入、オバマ大統領への批判の声も大きくて大変!だけど、より弱い人たちに救いの手を差し伸べることは大切!

今の日本みたいに、どう見てもやりすぎ~にはならないよう、いいバランスの実現を、オバマさんには期待しています♪

投稿: 龍之助 | 2010年6月30日 (水) 15時36分

えー、何でそんな手当てがあるんだ!!つきに1万3千円は多すぎる!!というか、自国でそういうの何とかするべきだ!こっちでは、扶養者の人数によって税金の額が下がるという形で返還されるけど、現金支給されないぞ!国から補助が出るのは、障害のある人か65歳以上か(どちらのケースも当然援助を受けるべき)、本当に本当に貧乏な家庭(車も買えないような)だけだ!!ねーちゃん、がんばれ!日本を変えていこう!でも、日本の個人の医療費負担の軽いところは、アメリカも見習うべき。こっちは、貧乏で医療保険が買えない人は、医者に行く金もなくどんどん病気になってしまうという仕組み。オバマがんばれ!税金の使い道、何かいい方法はお互い無いのかね。。。

投稿: ケイコ | 2010年6月29日 (火) 04時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/35556310

この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当法は、ホントにまずいって…@赤坂オフィス:

« この地域で生まれて亡くなるということ@三田豊岡町会 | トップページ | 選挙への関心が低い?信頼が低い?@田町駅前~新橋~三田 »