« 戦いから一夜明け…@三田の我が家 | トップページ | 6月は心機一転!かりゆしも首相もね@赤坂~潮見~梅ヶ丘 »

2010年6月 1日 (火)

「それでもなお!」政治を志す人達@赤坂オフィス

今日は朝の携帯配信ニュースを読んで、びっくり…

ガザ支援船団拿捕、のクレイジー過ぎて胸が痛むイスラエル軍のニュースもだけど、

「名物バイヤーの藤巻氏擁立=参院比例…」

ま、まさかね…と思いきや、案の定、みんなの党から。納得。

一度は師匠と仰いだ?藤巻さん…

P1000409
昨年6月。酔っ払って目線の定まらないふたり。

その時の会話はここに。
『バイヤー、藤巻幸夫。@ベネッセハウスパーク棟とか』

日本のために、オレも何かやりたい、というタイミングが、今ですか。

みんなの党から経営者、というのは東京選挙区の松田公太氏以来のビッグネームです。

これって一種のタレント候補…?とうっすら怪しんでみたのですが、毎日新聞で、小林良彰慶應義塾大学教授と、中村敦夫元参議院議員の対談を読んで、納得。

『ニュース争論:タレント候補は是か非か 小林良彰氏/中村敦夫氏』

要するに、「肝心なのは、政治家になることが目的な人なのか、政治家になって何かをやることが目的なのか(by 小林先生)」。

ちなみに小林先生、私が慶應義塾大学法学部政治学科に入学した当時の大師匠です。卒論の構想をお話した時、ご本人から「そのテーマなら片山先生に見てもらいなさい」、と勧められ、片山先生に指導していただくことになりました。

あ、もとい…

松田さんや藤巻さんのように、ビジネス界で充分すぎるくらい成功を収めている人は、議員になって売名したり、議員歳費をもらったり、そんなことが目的なのではないでしょう。ましてや野党の小党、組織も何もないところからですからね…苦労もすごくあるだろうし、ビジネスパートナーや友人を失う恐れだって。

「それでもなお!」な方々を、心から応援したいです。愛知選挙区の薬師寺みちよねえさんも、どうか精一杯頑張ってください!

あ、↑「それでもなお!」

ドイツ語で、Dennoch。

私が大学生の時、山之内靖先生の『社会思想史』の授業で出会って以来のバイブル、『職業としての政治(by マックス・ウェーバー)』の締めくくりの言葉です。

昔から、ぎりぎりの決断をしなければならない時、つぶやいてみたりしました。今あまりつぶやくことがなくなった自分はぬるいなぁ~×

今日は消防団の訓練もないし、のどの痛みから食事を一切受け付けない連れ合いの病も心配なので、早めに帰るとしましょう…。Y島さん、ご心配ありがとうございました…木曜日には、復帰を目指してます×

|

« 戦いから一夜明け…@三田の我が家 | トップページ | 6月は心機一転!かりゆしも首相もね@赤坂~潮見~梅ヶ丘 »

政治の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/34995039

この記事へのトラックバック一覧です: 「それでもなお!」政治を志す人達@赤坂オフィス:

« 戦いから一夜明け…@三田の我が家 | トップページ | 6月は心機一転!かりゆしも首相もね@赤坂~潮見~梅ヶ丘 »