« 夢の実現の方法から日本政治の希望と展望まで@溜池~六本木ヒルズ | トップページ | ほとんど夏の午後のお散歩と南アフリカとの一体感@三田~高輪~芝 »

2010年6月18日 (金)

私たちができる生物多様性保全活動とか障がい者福祉支援活動とか@明治学院大学~芝公園福祉会館

雨の金曜日…今年の梅雨は雨と快晴がかわりばんこですねぇ…雨が続かなくてすむのはありがたいです、洗濯物がたまらなくて。

午前中はウィークリーレポート、午後は参議院議員選挙の情報収集をしていたのですが…カーティス先生が昨日言っていた、民主党が過半数を取れなかった場合の連立予想が気になって。ん~みんなの党か国民新党か…みんなの党、選挙区で議席を取れそうなのが3ヶ所。選挙区は、民主党と自民党は拮抗ですね~同数になるかも。

雨の中、今日もダブルヘッダーな夜。まず向かった先は、明治学院大学。明治学院大学ボランティアセンター主催の公開講演会があったのです。題は、「ボルネオ緑の回廊~消費者主体の生物多様性保全活動」。

講師は、「ボルネオ保全トラストジャパン」統括理事の坪内俊憲さん。アフリカに憧れて獣医になり、青年海外協力隊でザンビアに行き、その後アジアや南アメリカの様々な国での動物保護活動を行い、現在はボルネオの森林と生物多様性を保全する活動に携わっている方です。

講演会の前に、明治学院大学の学生さんから、学生チーム「MGパール」の活動の説明が。彼女たちの活動は、淡水パールのアクセサリーの販売を通じて、プランテーション開発によって失われたボルネオの森林を買い戻そう、というもので、購買を通じた社会貢献の典型的ながらもとても上手な例だなぁ、と関心。ハンドメイドのアクセサリーは、現地で作ってもらうとデザインやつくりの粗雑さのせいで、売り物にならないことも多いのですが、原材料だけ現地から買い付けて、学生さんたちが手芸教室ののりでアクセサリーに加工すれば、工賃もかからないし、思い入れも込める事ができる。これっていいなぁ~と。

それ以上に、坪内さんの、熱く訴えるお話が感動的でした。私が住んでいたころのマレーシアには、現在のような深刻な環境破壊の現状はありませんでした。あっても限定的だったはず。それがこれほどまでに進行してしまった裏には、日本人の経済活動がある、という現実。

港区立エコプラザの池田さんも、森林の回復を通じて生物多様性の復活を訴えていたし、これらの活動は、ユネスコの目指す目標とも重なっています。

生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)が名古屋で開催されることもあるし、みなと区民まつりで何かできないか…とひらめいてしまったのでした。乞うご期待!

坪内さんのお話の途中で、後ろ髪引かれながら退席し、向かった先は芝公園福祉会館。「共に生きるみんなの歌と踊りの集い」実行委員会です。

7月10日に、記念すべき第30回を迎えるこの集い。いつもの実行委員会のメンバーも、一段と熱が入っています。

この集い、区内の主だった身体障がい者・知的障がい者の福祉施設や団体の利用者が、歌や踊りを披露する、年に一度の学芸会。なんか、すごく楽しいんですよ。実行委員会のメンバーも、参加者も、みんなひたむきで純粋で。開催まで間もないのに、全然お役に立ってなくってごめんなさい…本番当日は、働きますからね~♪

本番は、麻布区民センターで、7月10日(土)午後1時30分から、同じ事情にある方々だけでなく、健常者の方々も、絶対楽しめる、まさに歌と踊り満載のイベントです!どうぞお越しください♪

午後9時過ぎ、今日はラーメンかなぁ~と『魚らん坂』へ。その後、『大船』に三田豊岡町会祭礼委員会賄係と豊岡睦が集っているというので、つい立ち寄ってしまい、みんなでおいしいお酒を飲みましたとさ~♪

|

« 夢の実現の方法から日本政治の希望と展望まで@溜池~六本木ヒルズ | トップページ | ほとんど夏の午後のお散歩と南アフリカとの一体感@三田~高輪~芝 »

地域ボランティア活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/35368750

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちができる生物多様性保全活動とか障がい者福祉支援活動とか@明治学院大学~芝公園福祉会館:

« 夢の実現の方法から日本政治の希望と展望まで@溜池~六本木ヒルズ | トップページ | ほとんど夏の午後のお散歩と南アフリカとの一体感@三田~高輪~芝 »