« バカンス前のぐだぐだ感×@三田の我が家 | トップページ | 沖縄バカンス♪ひたすらマリンな2日目。@名護市喜瀬 »

2010年7月 1日 (木)

沖縄バカンス♪遺跡と聖域を巡る1日目。@那覇~中城村~うるま市~普天間市~名護市

旅立ちの朝…羽田発沖縄行きの朝一番JAL便に乗るには、京浜急行品川発5時15分発に乗ればいい…のに、朝目覚ましが鳴って起きてみたら、4時40分…ん?これ、家を出る目安の時間でないの?目覚まし係の連れ合い、おおびびり。何を勘違いしたんだろう?

そんな大丈夫なのか~のふたり、首尾よくタクシーに乗り込むと、後ろの不安げな会話が聞こえてしまったのか、タクシーの運転手さん、すさまじい勢いで、一度も信号で止まらずに桜田通りを爆走。連れ合い曰く、「信号無視してくれた…」ってまずいって!

品川駅から乗り込んだ電車は、ワンストップで羽田空港へ。20分もかからなかった、これが新生京急?ブラボー♪

ということで、朝起きてから空港まで1時間かからなかったふたりですが、連れ合いはトランク押しダッシュで遊ぶし、Eチケットを手荷物検査前に普通に置き忘れるし、まさにハイテンション、幼児状態×しかも意気揚々と乗り込んだJAL機の、フライトアテンダントのお姉さんに、「お帰りですか?」とすっかり里帰りと思われていたウチナンチュ状態×

そうこうしているうちに、沖縄那覇空港到着。むしっと暑い♪嬉しいなぁ~とはいえ、東京もずっと蒸し暑かったしなぁ~ちょっと雨が降ってるだけ、逆にしのぎやすいような。

とりあえず、朝ごはんは協議の末、空港3階の「A&W」へ。龍之助のお目当てはルートビア♪大きなジョッキで出てくるのに、お代わり自由~!今はもうなくなってしまったけど、神谷町の城山ヒルズのA&Wでは、お代わり自由はなかったです×沖縄ブラボー!

100701_101214
ま、ルートビアは当然お代わりして、がっつり2杯、飲み干しました♪

お腹いっぱいになったので、レンタカー会社に行き、車を借りると、ホンダのフィットの新車!またいい車借りれたねぇ~♪

さて…雨の沖縄初日、どこ行きますか?

前回1月からの宿題で、行けなかったところといえば、世界遺産の勝連城跡。日本ユネスコ協会連盟の地域遺産に選出された、「肝高(きむたか)の阿麻和利(あまわり)」の野外舞台公演が行われたところでもあります。

那覇空港まで伸びた自動車道…混雑が心配でしたが、地元の人曰く、混んでるのはETCを搭載していないので通行券を取らなければならない車の入る入り口だけという…実際そのようでした。

高速を降りて、一般道を走ると、どこもかしこも選挙ポスター。なんか沖縄は熱いなぁ…政治と生活が密着している土地柄、政治への参加意識はおのずから高くなるのでしょうか。

よく整備された一般道を順調に進み、目指す勝連城が近づくと丘の上に、緑に覆われて切り立った崖の上に立つ要塞が。おぉ~あれか!

雨が強くなってきたので、資料館で傘を借りて、いざ、城に登らん!

100701_125010
勇壮な雰囲気に圧倒されました…

…ほとんど貸しきり状態の中、幾層にも分かれた城跡を登っていったのですが、立派でした!阿麻和利のライバルだった護佐丸の中城城跡よりも、大きく感じましたね~保存状態のよさは、中城城跡のほうがよかったけど。

上まで登りきると、眺めも最高でした。さすがに城砦。ヨルダンに点在する十字軍の城砦も高台にある勇壮なものが多く、つい連想してしまいました。

名残惜しい…勝連城跡を後にして次に向かうのは海中道路。海中道路は勝連半島と平安座島、宮城島、伊計島、そして浜比嘉島を結ぶ橋と埋め立て道路の道です。

海中道路の途中に、岩に続く道路があったので、「道の駅あやはし館」に車を停めて、行ってみました。

100701_131601
岩はご神体のようでした。

100701_131452
舗道は、いい感じの石畳で整備されていました。

ってか、道の駅の駐車場で、ブルーシートでテントを作る男子達が…こんな悪天候に何を?と思ってたら、バーベキューのセッティングを始めている模様…沖縄の子達は雨でも傘をさしていない!もち大人も。雨ぜんぜん気にならないらしい…ちょっとしたカルチャーショックですわ。

海の駅には、うるま市立海の文化資料館があり、船や古い時代の遺跡からの出土品などの展示物、結構楽しめました。

さて、先を急ごう…雨はどんどん強くなっていき、雷まで…近くの島にどかんどかん落ちはじめました~

とりあえず、伊計島まで行き、ビーチやサーフスポットを探し当てようと車を走らせたのですが、砂浜はちっとも見えず…縄文時代の遺跡など、ちょっとした見所が、さとうきび畑の中に現れる姿は、なかなか感動的でしたけど。

宮城島では、海辺を見渡せる高台を目指したのですが、ここでも海岸線は、結局緑に隠れて見えず…

平安座島は、島の大半が石油備蓄基地。これも不思議な感じでした。

浜比嘉島では、山の上のリゾートホテルでお茶でもしようとしたのですが、喫煙席がなく、断念。

で、海上道路を無事勝連半島に戻ってきて、藪地島に向かう前に、普天間基地移設先の候補としても名前が挙がってびっくりした、米海軍基地ホワイトビーチを見学に。

100701_153553
海軍の基地です。海兵隊とは運用が違うので、当初から普天間基地の統合は難しいといわれていました。

それから戻って、橋を渡って藪地島に。

無人島で、カーナビの道路の表示も途中で消失している島ですが…何があるのかというと、その島の向こうの先に、ジャマー洞(ガマ)という聖域が。

100701_154015
橋の番人は、我らが守り神でもある、龍でした。

車一台だけが通れる農道をまっすぐまっすぐ進んでいくと、ちょっとした駐車場があり、そこに車を停めて歩いてゆくと間もなく、ガマがありました。

100701_155042
水瓶や座椅子などが置いてあって、今でも聖地として、祭事が行われているのがよく分かります。

斎場御嶽(セーファウタキ)もこんなガマでしたよね…とすると、海を臨む海岸があるはず。

100701_155301

すぐ見つかりました。干潮で、岩がごつごつの海底があらわに。海上道路の周辺もこんな感じでした。するとホワイトビーチの海岸もこんな感じなのか…普天間飛行場の移設候補地として、埋立の案がささやかれた理由が分かるような…ただ、岩間にも食べられるものか何かいるようで、海上道路の沖には、干潟に人が出て、何やら採集してました。人のすることは、何でも自然破壊だし、自然への冒涜なんですけどね。

聖地を堪能した龍之助達に…ふと気づいてみると、不思議な出来事が。

がんがん雷が鳴って、ひどい雨が降っていたのが、藪地島に入った頃にはすっかり止み、ジャマー洞ではちっとも降ってなかったんです。

きっと島の神様が、訪問を喜んでくれたのでしょうか。

道の駅の近くの岩でも、そうでしたよね。その時だけ、全然雨が降ってなくて。

これに気を良くして、次に向かうのは宜野湾市普天間にある、普天満宮。

琉球王国の時代に、熊野権現を祭って以来の神社なのですが、明らかに神社建立以前には、古代琉球の聖域だったはずの場所。前回1月に行きたかったのですが、やはり行けなかったところでもあります。

時間を気にしながら普天満宮に向かうと、さすがに基地に囲まれながら、そこだけは民間の土地として残されているのが、地図でも明らかに分かります。

100701_164817
大変ご立派な本殿!ここでも、雨が参拝の間、止んでくれてました。

本殿に参拝の後、受付に記帳をし、奥社に案内していただくと、参道は、前回と違い、新しい通路になっていました。

100701_185930
通路を抜けると、いよいよ…

100701_170109
奥社です。

奥社は本当に美しい鍾乳洞の洞穴。

100701_165932
古代から、地元の篤い信仰の対象だったことがうかがわれます。

今でもウタキとして存在しているガマ(洞穴)と違い、ここは神社としてある意味「接収」されてしまった聖域ですが、沖縄の人はどう思っているのか、本音を聞いてみたい気がしました。

午後5時を回り、普天満宮を後にして、向かうは、名護市西海岸。1月に宿泊したホテルの近くですが、今回は、ビーチに面した「喜瀬ビーチパレスホテル」へ。豪雨と雷の中、自動車道を走り、終点の許田ICで降りて間もなくです。

100701_190313
マイビーチ!

100701_190222
雨だけど~すごいいい感じ♪

100701_193203
お夕ご飯は、ホテル内の居酒屋で。

100701_190348
写真ではそうは見えませんが、ひどい雨と、海に雷が落ちるのが見える悪天候…でも、午後7時を回ってもこんなに美しい海♪

明日は晴れるかなぁ~楽しみ!

|

« バカンス前のぐだぐだ感×@三田の我が家 | トップページ | 沖縄バカンス♪ひたすらマリンな2日目。@名護市喜瀬 »

ちょっとした事件!」カテゴリの記事

歴史探訪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/35642956

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄バカンス♪遺跡と聖域を巡る1日目。@那覇~中城村~うるま市~普天間市~名護市:

« バカンス前のぐだぐだ感×@三田の我が家 | トップページ | 沖縄バカンス♪ひたすらマリンな2日目。@名護市喜瀬 »