« 「暴力装置」の本当の意味~御田小地区防災協議会@三田界隈 | トップページ | はじめての!女性消防団員研修会からの…@芝消防署~三田界隈 »

2010年11月25日 (木)

天空のプラネタリウムから夜空の下へ、そして突然のスコール@六本木~新橋

穏やかに晴れた木曜日。午前中、早稲田大学中央図書館へ。中央図書館は、もともと野球場だったところに、1991年に建設された、比較的新しい図書館。

う~ん…

慶應義塾の三田メディアセンター(とかっこいい名前が付いてるけど、ぶっちゃけ図書館)と比べてしまうと、慶應に申し訳ないけど、綺麗で広い!勉強スペースもちゃんとプライバシーが確保される机で、うらやましい…

レファレンスカウンターの係の方々もプロフェッショナルで、学生バイト?みたいな慶應三田のスタッフとは違う…(慶應のご関係の方々、誤解だったらごめんなさい×)

入館カード発給のお願いをしたので、もしかして、この冬通うかも…ま、普段港区から一歩も出ないので、きっと大冒険になること間違いなしなのですが…

そして夕暮れ。

今日は珍しく…連れ合いとふたりでお呼ばれ。

『スカイ プラネタリウム~一千光年の宇宙を旅する~』 の内覧会。

六本木ヒルズの52階で、26日の金曜日から一般公開になる展示ですが、一日早く遊びに行きます。

龍之助、内覧会にご招待いただくのはそんなに珍しくなくなってきてますが、今日は何が珍しいって、そう!連れ合いが自らやる気を出して、バイクで赤坂まで迎えに来てくれたりしたこと。「大船」とゴルフ以外でやる気を出すのは、本当に珍しい!のです。

101125_182337
遠回りして、けやき坂からアプローチ。イルミネーションは銀河のブルー。

101125_182759
歩道橋からみると、東京タワーもライトアップ中♪

ゲスト証をいただき、さっそく展示を拝見!

すごく楽しかったですけど…

「プラネタリウムでは、ないな」というのが感想。どちらかというと、文化祭の発表に近いです(あぁ~このコメントも各方面から怒られそう!)。いえ、バカにするとかではなく、あくまでも雰囲気ですよ。映像とかすごく楽しかったですもん!ドームのプラネタリウムとか博物館の展示とは違い、ほどほどの内容で、デートとかお子様連れにもOK!

101125_190817
会場内の写真を取れなかったので…お土産屋さんの宇宙食カレー!

101125_190845
こっちも宇宙食♪連れ合いは、ホームプラネタリウムに興味深々だったけど、いいものは高いね~と断念×

ついでに展望台も一周。本物の街の景色は落ち着くね~

さらに、スカイデッキへ。

101125_194332
こんな通路と階段を抜けると…

101125_194418
屋上に出ました!こちら三田方面。望遠鏡を覗くと、見慣れた街の看板まで。「大船の看板が見えた!」と、連れ合い。どこまで大船愛に満ちているのか…

101125_195351
東京タワー!

101125_195734
振り返れば、ヘリポート。

101125_195806
意気揚々の龍之助。

そんなこんなで、実際は曇り空でしたが、星空気分を満喫したのでした☆

101125_201148
銀河から、メリークリスマス♪

ここから龍之助、新橋に。

新橋は、スコール。

どしゃ降り。

ええっ?と大混乱。だって六本木は全然だったよぉ~?

へこみつつ、芝消防団ラッパ隊チーム君が代、粛々と練習をしたのでした。アルトサックス、やっぱ気持ちいい♪

帰りの道は大混雑でしたが、隊長のお車で、玄関前まで送っていただき、濡れずに済みました~いつも感謝です!

|

« 「暴力装置」の本当の意味~御田小地区防災協議会@三田界隈 | トップページ | はじめての!女性消防団員研修会からの…@芝消防署~三田界隈 »

ほっと一息…」カテゴリの記事

慶應義塾大学」カテゴリの記事

音楽活動~喇叭・ジャズ♪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/37852043

この記事へのトラックバック一覧です: 天空のプラネタリウムから夜空の下へ、そして突然のスコール@六本木~新橋:

« 「暴力装置」の本当の意味~御田小地区防災協議会@三田界隈 | トップページ | はじめての!女性消防団員研修会からの…@芝消防署~三田界隈 »