« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »

2010年1月10日 - 2010年1月16日

2010年1月16日 (土)

地域主権って?自治体行政改革って?@永田町~赤坂

今日は新年初!のインプットの日。円より子参議院議員の主宰する、「女性のための政治スクール」開催日です。龍之助は、スクール生ではないのですが、前々回の佐藤優さんが講師の時のように、トピックに興味があるときには参加しています。2009年10月17日(土)の記事は、以下の通りです…
http://home-made-kazumi.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-4db2.html

で、今日は豪華2本立て!

第1部は、「日銀の役割と現下の金融情勢」(日本銀行政策委員会室参事役 小野沢洋二氏)。

第2部は、「地域主権と自治体財政の課題」(慶應義塾大学法学部政治学科教授 片山善博氏)。

日銀の金融政策のお話は、概論として、また統計の読み方やこれからの金融政策のあり方など、示唆に富むお話でした。あまり詳しく説明しようとすると、墓穴を掘りそうなのでこれくらいにして…

今日のトピックは、片山先生のお話です。

Image010

導入部は「地域主権」という用語の意味。これは龍之助もずっと疑問でした。地方分権とどう違うのか。民主党のマニフェストの英語訳が「Regional Sovereignty」という、まさに「国家主権解体論!? 」と聞きたくなるほど壮大なものだったのに驚き、「Local Autonomy」ではよくないのか、ずっと不思議に思っていたのですが、片山先生のご説明で納得。

内容は地方分権と変わらないのだか、プロセスが中央から分けてもらう、という上意下達的な考えでなく、そもそも地域の主権は地域にある、という発想から、民主党が採用した用語、とのこと。

ふぅん。

で、話題は民主党のマニフェストの目指すところとその限界へ。面白かったですね~地方への権限委譲でほくほくなのは、首長だけ。首長のために権限委譲されたって、住民のために果たしてどれほどなっているのか。「住民にとって満足度の高い自治体行政」の実現には程遠い、と。

おぉ!

で、結局「住民のための自治体行政」の実現に、何が必要なのか、今最も欠けている要素は何なのか、それは…

地方議会の質の向上。地方議会改革。

やっぱりそうなのか~

「神戸市公金返還請求訴訟」など、最近の行政訴訟の判例を引き合いに、「議会は変わらざるを得ない」と自説を述べる、片山先生。

質疑応答の時間に、質問させていただきました。すげ~どきどきで上手くしゃべれなかったんですけど…

「港区では、総合支所単位での住民参画組織の活動が活発で、地域の問題に関する政策立案の過程に、区民の意見が具体的に採用されるようになっています。

でも、そのような住民参画組織に参加される方の多くは、地方議会や議員、選挙には何の関心も持っていませんし、議員の側も、住民参画組織には何の関心もないようです。

先生のおっしゃるとおり、行政のアウトカムのチェック機能は最終的に議会にしかないのですが、ならば住民参加のあり方にこのようなギャップがあることをどう考えたらいいのでしょうか。住民として、議員や選挙にどうアプローチしたらいいのでしょうか。」

片山先生は、二通りのお答えを用意してくださいました。

まずひとつは、地方議会議員選挙制度改革。現在の、大選挙区制度を改め、中選挙区、小選挙区制度を採用して、より優秀な人材が選出されやすい制度にする。

うぁ~これは…選挙制度のスペシャリスト、同じく慶應義塾大学法学部政治学科教授の小林良彰先生からご意見をうかがいたいです。まさに、二大政党制の地域激突版になりはしないか、ポークバレルポリティクス、いわゆるパラマキ型ポピュリズム政治が横行しないか…

もうひとつの答えは、単純明快。

「あなたが、議員になりなさい。あなたが1000人の仲間を集めて、行政監視をやればいいんです。」

へ?

!びっくりしました~そこが議会改革の具体的な手法の、片山先生なりのひとつの答えなのかと。

閉会後、持参の本にサインをいただきました♪もはや単なるミーハーなり…
Image011

「自治」をつくる―教育再生/脱官僚依存/地方分権

え~今日はまだまだ終わりませんよ…

昨年の衆議院議員選挙を機に政界を引退なさった、小野晋也先生を囲む新年会です。
先生の日記も、ニフティでしたか♪
http://iratan.cocolog-nifty.com/

先生、ますますご健勝で、活き活きなさってました。久しぶりに出会った仲間との話も弾み、とてもいい会でした。

お食事もおいしかった~♪『北大路 赤坂茶寮』にて。
http://www.kitaohji.co.jp/akasakasaryo/

密度の濃い一日でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月15日 (金)

新入団員勧誘活動@JR田町駅三田口ペデストリアンデッキ

1月15日は「東京消防団」の日。芝消防団も、街頭で新入団員勧誘活動をします。

2年前はJR新橋駅SL広場、去年はJ浜松町世界貿易センタービル前、そして今年は田町。

らっぱ隊は毎年、演奏活動で広報活動を支えます。午後6時スタートは正直きついのですが、5時ダッシュでオフィスを離れ、家で制服に着替えて、急いで田町に向かいます。

予定通り、午後6時スタート。らっぱ隊は9名編成、あとは団長、副団長以下各分団から30名程が街頭で、パンフレットなどを配りました。らっぱ隊も、1時間弱の間に、「ファンファーレ」に始まり、「第3行進曲」「車両行進曲」「合奏曲」「第2行進曲」「巡閲の譜」など、2部で10曲以上を披露しました。締めくくりは「消灯らっぱ(自衛隊式)」。

1部と2部の合間では、龍之助は、副団長の無茶振りで英語と日本語での広報活動もしました。6分団からは田町ビル勤務の3名と、通りすがりの?部長N村弟が参加。N村弟は、結局最初から最後まで、勧誘されるサクラ役?など、大活躍なのでした。

寒い中でしたが、和気藹々と予定時間を終了し、らっぱ隊有志は『天狗』で遅くまで騒ぎました。仕事の合間参加したHちゃんSさんなど、みんなの努力の結果、大成功なのでした~ありがとうございました!
http://r.gnavi.co.jp/a115108/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月14日 (木)

慶應義塾大学年間学習計画@赤坂オフィス

一生懸命考えて、決断して、計画を立てなければならないことはいろいろあるのですが、うっかりしてしまうと大変な目にあう最大級のものが、この学習計画…

大人の勉強は、誰かが言ってくれるわけでも教えてくれるわけでもないので、すべてを自分で決めて管理しなければならないですよね…

今年は、卒業に必要な単位をすべて取得するのと、卒論指導を春と秋に受ける、という2本の柱で行きたいと思います!

う~ん…

来週末には、「行政法」の試験。

あと、

「債権総論」
「債権各論」
「親族法」
「相続法」
「物権法」
「コミュニケーション論」

で単位取得を終わりたい!

終盤戦の要になるはずだった「民法総論」、試験問題がだいぶ大雑把であることが想定できるので、恐れをなして、回避…

弱い自分…

得意の行政法と物権法で、苦手意識のある債権法を挟み、一年を乗り切ります♪

卒論指導のほうは、春のエントリーに間に合うかどうか…片山善博先生、待っててください!って土曜日にも会いに行きますけど♪

テーマのほうが、また定まりきってなくて、大きな柱は「地域コミュニティと住民参加」に間違いないのですが、具体的なフォーカスをどこにもっていくか…

「地域防災と災害復興」

がまあ、題材も多いし書きやすいし、無難かなぁ、と考えていたのですが、全く新しいテーマとして、

「外国人参政権と地域コミュニティ・地方議会の機能」

という問題を提起したいな、とも思ってます。ほんと、新しいし。

ただ、ケーススタディとして想定しているのが、紛争難民・避難民を抱える中東諸国だったりするので、先生が何とおっしゃるか…つまり中東パレスチナの難民問題と、日本の半島系在日社会の政治的代表機能の問題をリンクさせてしまう、恐ろしいスケールの構想なのですけどね。

そんなこんなで、頭が真っ白になるまで考えたので、あとは地元に帰って消防団仲間と、あほ~な時間をまったり過ごしたのでした♪

日付変わるぎりぎりに家に帰ったら、行政法のレポートが返ってきてて、

あ~ここまで一生懸命あれこれ考えて、レポートの評価悪かったら、へこむなぁ~とブルーになって開封してみたら。

評価は「A」。

講評に
「貴君から提出されたレポートは、問題の趣旨を的確に把握し、また、出題者の想定する論点に対する検討も十分であり、非常に高く評価できる。優秀なレポートであり、評価を「A」としたい。」

とあって、すごく嬉しくなりました。慶応義塾大学通信教育課程法学部の評価は、特に「~法」関係はいつも厳しいって評判なのですけどね…

やっぱ褒められるって大事!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

三田豊岡町会新年会@豊岡第二会館

新年といえば新年会!で、町会の新年会がありました。仕事を早めに切り上げて、会場へ。

会は、例年通り盛大なものでした~

町会活動は究極のボランティア、という一文は、前に書いたと思いますが、地縁活動って、他のボランティア活動と違って、自分が貢献できる、活躍できる分野を定めるにあたっても、好き嫌いでもない、得意不得意でもない、非常に独特の間合いがあります。

そのような間合いに、自分自身をうまくはめ込んでいければ、自分でも気づかなかったような自身の存在価値というものが認識できて、それが活動の励みになるのですけどね~なんて、ちょっと難しく言っちゃいましたか。

新しく越していらした、いわゆる新住民さんも、イベントには盛んに顔を出していただけるのはうちの町会の強み。そこから一歩進めて、運営にも携わっていただけると、もっともっと楽しいし、大変なこともあるけど、自分と家族のためにもなると思うんですよね…

まあ、面倒な話はおいておいて…

地元の皆さまとの、楽しいひと時は、閉会後も続きました~もちろん、行き先はいつもの『大船』さん。

町会の幹部メンバーと消防団仲間は、今年も変わらずここに集うのです~

年を経て、変わらない仲間って、いいです…ほんとに♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月12日 (火)

いまここにある奇跡♪@三田の我が家&赤坂オフィス

今年は、日数的にはほとんど仕事をしていないはずなのに、成果的には結構大きくて、なんだぁ~やればできるんじゃん?とにんまりの今日この頃。

ちょっとしたミラクルの話をさせてください…ん、連れ合いネタは聞きたくね~よ!、の声は、完全に無視することにして♪

年末に連れ合いが、仕事場からマイカップを持って帰ってきました。

それが、これ。

Image008

ええっ!?

本当にびっくりした~

なぜなら、龍之助がオフィスで使っているマイカップが、これ。

Image009

ふたりは数年間、全然知らないうちに、お揃いの色違いのカップを使っていたのでした。

おしまい。

あ、そこのムダにでかいK田さん、怒らないで~×××

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月11日 (月)

ちょっとだけお別れ…@成田国際空港

成人の日の祝日。今日もいい天気…K子とケイシーが、とうとうアメリカに帰ってしまう日です。

K子とケイシーは、栃木県小山市の実家から、父と母と妹M子と空港に向かい、三田組は、午前11時過ぎに、昨日のお土産モスバーガーを食した後、一路空港へ。

無事に一行と出会い、スーツケースをチェックイン。ここで改めて発見。

Image001
K子のパスポートは、昨年11月にロサンゼルス総領事館で発行してもらったもの。ケイシーはアメリカ国籍なのです。まあ、まだ選べますけどね。こういう親子もありなのですよ~家族の単位に、むしろ国籍は関係ないですもの。

そして、M子が意外な小山ブランドを…

Image003
足利でもこんなの作ってましたね~

これか。
http://home-made-kazumi.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/post-5910.html

一行は、不二家レストランへ。なぜか島田家は、不二家でテンションあがります。

Image002
ケイシーも、ほんと好きだよねぇ…子供の好きなものって、ほんと、一緒なのですね~

Image004
M子も入って~

まき気味で、ランチを食べ終わると、あっという間にお別れの時間。

Image005
連れ合いにいい子いい子され…

Image006
別れを惜しむの図。

カズミ!にはちっともそんな風じゃないのにね~女の子はおませだよね~

手荷物検査を受け、出国審査に向かうふたりを、一同最後の最後までお見送りしたのでした…

さみしいね~またね♪

そうして父と母は、手をつないで!車に戻り、三田組はM子をゲストに、東京までひた走ったのでした。

なんだか、長い冬休みもとうとう終わりって気分です…

成人の日、沖縄県名護市では、新成人が丘の斜面に電飾で文字を描いて、周囲の人たちに感謝の気持ちを伝えたのだそうです。その文字は、「恩」。いい字ですよね~感動しました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

平成22年芝消防団始式~三神社参拝@東京ガス本社ホール~三田界隈

消防団の公式活動の朝は早い…7時半分団集合。7時50分には会場に着き、リハーサルの準備。龍之助は、らっぱ隊はともかく、君が代隊のアルトサックスの組み立てとか、もう大慌て…

式典のリハーサルは綿密…なのに、君が代隊は吹かせてもらえず、不安感が…

午前10時、ようやく式典開始。リハ通りの進行、しかしらっぱ隊、入場の「ファンファーレ」、続いて「団旗・分団旗入場曲」、すぐアルトサックスに持ち替えて「君が代」、さらに表彰式で2種類の「栄誉礼」を計10数回、最後に、演技披露として「車両行進曲」と「合奏曲」。

…疲れました~

リハからずっと、飲まず食わずだし。

それなのに…

帰りの分団の車で、恐る恐る、「君が代どうだった?」と聞いたら、

「何が?」「いやだから~君が代、今回、ハーモニーだったでしょ?トランペット3台とサックス3台で」

「え~そうだった?」

って、え~!?誰も聞いてなかったんかい!?

「司会もそう言えばいいのにね~」「でも司会もそれどこじゃなかったし」「そりゃそうだ~あはは」

って司会は、副団長のH部さん。きっと君が代隊の存在を知らなかったと思います…

気を取り直して、地元の神社への公式参拝。

『三田春日神社』

『亀塚稲荷神社』

『御田八幡神社』

気分のいいものです。おなか空いたけど。

三田春日神社は、我らが三田豊岡町の氏子神社です。

亀塚稲荷神社では、“美しすぎる神主さん姉妹”がお祓いをしてくださいます♪

御田八幡神社では、新年恒例、芝消防団第6分団集合写真を撮りました。

でようやく一時解散、おうちで着替えて、内輪の新年会に…

はらが減りすぎて飲みすぎました~×

そんな始式…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年1月3日 - 2010年1月9日 | トップページ | 2010年1月17日 - 2010年1月23日 »