« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »

2010年7月11日 - 2010年7月17日

2010年7月17日 (土)

どんぐり公園みどりのフェスティバルから、国会図書館@白金台~永田町

祝!梅雨明け!いよいよ夏です~

じめじめと湿気の高い暑さから一転、からっとした暑さ!ウェルカム夏♪

連れ合いも、うきうきとゴルフに出かけてしまったそんな朝、白金台のどんぐり児童遊園へ…

公園内の貯水場の地上施設が撤去され、全面が土と緑に覆われた公園に生まれ変わったどんぐり公園のお披露目式も兼ねた、お祭りです。

会場には舞台が設置され、高輪総合支所長のご挨拶、日吉坂町会、今里町親和会、白金台町二丁目町会、三光第八町会の4町会会長のご挨拶に続き、どんぐりの会を代表して、事務局長のみなとのヨーコさんのご挨拶。

100717_104423
どんぐり公園のあるべき姿を住民参画で話し合うワークショップ以来、どんぐり公園のパトロール小屋やイベントを通じて、地元に貢献してる、有志のグループです。この方達が、今のどんぐり公園をつくった、って言っても過言ではないかな…?

100717_104759
日吉坂の通りに面して、新しく出来た花壇の花植え式。

100717_111039
広場は、町会のみなさん達の模擬店のほか、鹿児島県、鳥取県、茨城県つくば市の物産展が。鬼太郎がいますね~

左側を歩いている、「みどりのフェスティバル」お揃いのTシャツの後姿は、A山協働推進課長ですね…高輪総合支所の協働推進課の皆様は、ほぼ総動員で本部で働いていらしたのでは?お疲れ様でした!

日差しがどんどん強くなるお昼に、お祭りにさよならして、向かう先は、永田町。

国立国会図書館の新聞資料室に向かいます。

だってさ~日祝は閉館なんですもの…土曜日の数少ないチャンスが、今日。芝消防団の三田カーニバルの警戒出場を辞退して、ワンチャンスにかけるのでした。

慶應義塾大学の単位で、「マスコミュニケーション論」を選択したのですが、その課題で主要5全国紙の社説を比較検討しなければならなかったのですが、産経新聞には縮刷版がない!オンライン版のアーカイブを見るには、慶應義塾の図書館からでも別料金がかかる、ということで、一気に国会図書館に行けばいいじゃん!と…

しかし真夏のいいお天気の中~国会図書館は、修士論文の文献集め以来…

到着し、登録を済ませ、新聞紙良質の仕組みをチェックして、とりあえず向かった先は、売店&食堂。

100717_124225
これ何~?「SU-SHIタワー(サーモン)」って…こんなこじゃれた食物、ここ以外で見た記憶があまりない…

しかも売店には、生活用品が一通り揃っていて、なんか不思議な感じ…食堂の眺めも上々で、ほっと一息♪

で、肝心の産経新聞ですが…

生まれて初めて、マイクロフィルムをぐるぐるしちゃいました♪

で、資料貸出、複写依頼、複写受取、また資料貸出、複写依頼、複写受取、をぐるぐるこなすうちに…

タイムアップ…

少しやり残しを残してしまいました…

便利なところと面倒なところ、様々入り混じった国会図書館でした。ま、慶應三田で出来ることは慶應でやるからいいや~

梅雨明け、夏の第1日目に図書館かぁ~

なんかやっぱ疲れた一日でした×

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月16日 (金)

久々の女子会に、大間違い×@白金~三田

まさに真夏到来!の金曜日…週末に、また新しい課題が増えて、2本のレポートを作成…

考えてみれば、参議院議員選挙が終わって、はじめての週末なのに、正直、きっちりレポートすることがないのです…

民主党大敗、といっても政権が揺らぐわけでなく、自民党議席回復、といっても言うほど勝利したわけでなく、みんなの党がきっちり第三局になりきったというほどでもなく、内閣や自民党幹部人事にも何の変化もなし。敢えて言えば、増税を謳って選挙には勝てないよ、と全世界の民主主義のもとに行われる選挙では、至極当たり前なことしかない…変な選挙だったなぁ、と。

そんな週末の金曜日。今日は珍しく女子会の日なんだぁ~♪

女子だけで飲む機会など、滅多にない龍之助。

今日の女子は、昨年数ヶ月にわたって、港区役所で開催された、『港区国際化推進プラン検討委員会』で一緒だったメンバー。

住まいと勤務地も白金高輪駅周辺、ということで、集合場所は、鉄板焼きが売り物の、白金高輪駅すぐの『もんじゃ・お好み焼き 東京レトロ酒場 ハイカラ 白金高輪駅前店』

龍之助は、集めた町会費を、町会長にお届けし、午後7時、意気揚々とハイカラに向かったら…

もうふたりとも集まっていて…

龍之助、実は集合時間を1時間も間違えていたと判明×

ありえん~

ひどいことをしてしまいました×

気を取り直して、飲みかつ近況報告!

おふたりとも、仕事も私生活も、とても輝いていて、刺激的でした!

100716_202538
締めは、もんじゃ焼き♪

子どもの頃、駄菓子屋で散々もんじゃ焼き(うちの地元ではもんじ、と言ってました)を食した経験から、龍之助のお薦めは、ベビースターとソーセージ(私のお薦めは魚肉ソーセージですが、なかったのでチョリソーを選択)。

100716_204105
むぅ~うまそう♪

語り合う時間は、全然足りませんでしたね×(龍之助が時間を間違えたから、なんですけどね…)

帰り道は、三田二丁目在住なので方向がご一緒の方と、裏路地経由で。

まだ暑さの残る三田の路地裏、お散歩中?お出かけ中?のご近所の方々にも出会え、なかなかの風情でした♪

次回の女子会は三田かな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月15日 (木)

行政書士運輸交通部研修会と、町会費を集める夕暮れ@行政書士会館~三田豊岡町会

西日本豪雨の被害はまだまだ収束しないようですが、東京はすっかり夏の気配…夏休み気分♪

午後、行政書士の研修会に出席。運輸全体の業務については、先週の4支部合同研修会で、あらましを理解できましたが、今日は特に「出張封印手続きについて」という題で。関東陸運振興財団から、品川支部長、練馬支部長ら都内の主だったナンバープレートを管轄する方々が、講師として出席してくださいました。

出張封印手続き…知る人ぞ知る、行政書士の特権的なお仕事。ぶっちゃけ、車両のナンバープレートを、自動車登録事務所、通称ナンバーセンターに持ち込まなくても、ユーザー指定の駐車場で交換します、というお仕事です。

何でそんなこと行政書士が出来るのだろう…と思っていた謎が今日、解けました。(以下略)

え~

お引越しをして、新しい駐車場を借りたのに、住所変更や駐車場変更の届出をしていない方、車を譲り受けたり、リースが終了したのに、名義変更をしてない方、結構多いですよね?

次に譲渡、または廃車なんて時に、名義変更をきちんとしていないと面倒になりますよ!

所轄違いのナンバーをつけたままの車、うちの並びにもありますけど、道路運送車両法違反ですよ?(ね~Iりん?)

都道府県をまたいだ場合の自動車税の納付先も変わるし、お引越しの際は自動車も転居してくださいね♪

と、いうことで、「車両の手続きに関する官公署へ提出する書類の作成を代行できるのは、行政書士だけです」。ご自宅でナンバー変更が出来るのも♪お困りなら、ご相談ください!

宣伝終わり!

法令集など、結構な量の資料をいただいたので、次に六本木ヒルズで地球温暖化に関するセミナーがあったのをすっ飛ばして、渋谷からバスで帰宅。

早くに帰れたので、町会費の徴収に~今年、班長さんとして、同じブロックのおうちを回りました!

都合10軒ほどですけど、ご自宅にいらした方からは、ちゃんと気持ちよくいただけましたよ♪

ところによっては、つい長話に…

「町会のバス旅行、最近子供向けばかりで…たまには大人向けの企画もしてちょうだい?日帰り温泉に行って、お昼いただいたり、のんびりしたいわ~日曜日、町会のバス旅行に行くのって楽しみにしてるの」

というお声を頂戴いたしました。Y島さん、大人向けバス企画、どうなのでしょう~?温泉♪

ちなみにその方は、ナイトサファリには一度いらしてるそうですよ~そんなに楽しみにしてらっしゃる方も多いのですね、町会バス旅行…

まあ、そんな感じで、夕方に家の周りのブロックを一回りするだけで、犬ちゃんのお散歩の方々なんかにも会えるし、町会長やMせ総務部長も通りがかるものだから、路上でつい、話し込んだり…

そんな時間の過ごし方、私は大好きですよ?

ご近所づきあいを「わずらわしい!」と一刀両断に嫌う方、たま~におられますけど、そういう方って、よっぽど悪いお友達がご近所に多いのかなぁ~と不思議に思います…

ま、私は子供の頃、回覧板をご近所に届けさせられた経験があるからかなぁ~知らない家に届け物に行くなんて、ドキドキ冒険気分ですよね?

そんな暑い夏の夕暮れでした♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月14日 (水)

災害復興と地域コミュニティ再生を学ぶ@明治大学駿河台校舎

西日本豪雨で、河川増水や土砂災害の被害が拡大する中ですが…今日は、日本自治体危機管理学会と明治大学危機管理研究センター合同の定例研究会があり、御茶ノ水まで出かけてきました。

テーマは、「地域コミュニティの課題と支援体制の検討-新潟県中越地震を事例として-」、講師は、新潟大学災害復興科学センターの福留邦洋さんで、この方は阪神淡路大震災後、神戸の復興支援センターでの勤務経験もある、地域レベルの復興支援研究の専門家です。

地域コミュニティの災害復興事例については、同じ研究会で、能登半島地震の際の事例を、実際に現場の担当だった輪島市職員さんから学んだり、我が師匠の片山義博先生の鳥取県西部地震についての書籍を読んだりしてましたが、今回改めて規模的に大きかった中越地震の事例ですから、興味も増します。

震源地とされた、川口町における行政側の初動災害対応や、コミュニティの単位を出来るだけ維持することへの意識が高かった避難生活、住民側の自主的な道路補修などの活動、連合町会や町会長を拠点とした、行政とのコミュニケーションの確保、など、中山間地域ならではの、「顔の見える」支援と住民同士の支えあいが随所に特徴的で、まあ、私達港区のように、人口密集地でありながら、なかなか住民同士の接点がない地域コミュニティとは様相がだいぶ違いますが、参考になる点も多くありました。

再建事業については、いくつかの事例が紹介されましたが、地域再生に向けた取り組むとして興味深かったのは2点です。1点目は、必ずしも行政主導型ではない、いくつかのレベルの住民参画組織が結成され、そこでの活発な意見交換と意見集約、ネットワーク化があったこと、2点目は、「復興基金」による地域再建支援です。

「復興資金」については、住宅復興支援同様、能登半島地震でも活用されたのですが、その運用が行政主体、というか、県主体であって、硬直的な側面があり、必ずしも市町村や地域レベルの要望が柔軟に弾力的に反映されたわけでない場面もあった、とのお話を、前の会で聞いていましたが、今回中越地震の事例では、そのような側面には触れられず、「地域コミュニティ再建事業」と「地域復興デザイン策定事業」の2項目について、ソフト面、マンパワー面も含め、柔軟な支援が行われたということです。

予定時間はあっという間に過ぎたのですが、質疑応答の際、私からもひとつ、質問させていただきました。

「復興基金は、集落施設など、地域共有財産の維持管理や、祭事の実施のためのマンパワー確保などについても、地域コミュニティ支援の一環として活用されたという点ですが、

そもそも、地域コミュニティが衰退し、祭事や神社等の地域財産の運営や保全にお金も人もいない、というのは震災の被害のあるなしに係らず、全国的に共通する地域の問題です。

復興基金は地方交付金を財源として運営されているとのことですが、本来、地方交付金はこのような、祭礼や地域の共有財産の維持運営のためのソフトやマンパワーを目途として交付されることはないはずです。

たまたま、復興資金だから利用できるこのような資金について、地域コミュニティを維持する観点から、地元住民の皆さんは、どのようにお考えなのでしょうか?」

福留氏のご回答。

「復興資金の交付期限は、10年です。地域の伝統遺産の持続性、自立性の維持が正念場となるのはそれからのことでしょう。

復興基金の交付を契機に、地域コミュニティが今以上の発展を望む方々もいるし、衰退でもやむをえないと考える人もいて、それぞれのコミュニティによって、現時点でも考え方が分かれています。『尊厳をもって閉じてゆく』という選択肢もあるのです。

交付の存続を望む方々からは、たった5万円でも、10万円でもありがたいのだ、という声もあります。そういう点では、私は総務省の『集落支援員制度』に期待しています。専任のスタッフが、集落の活性化を支援するのですが、支援員にも様々な背景を持つ方々がいて、いい人材が配置されれば、うまく活用できる制度だと思います。」

今調べてみたら、支援員の人件費や活動費については、自治体に特別交付税が交付されるようです。なるほど…。

っていうか、龍之助は、福留氏が何度か繰り返された、

『尊厳をもって閉じてゆく』

という言葉が強烈に響きました。

山道の路傍で、いつの間にか朽ち果ててゆくお社が思い浮かばれ…

地域コミュニティも栄枯盛衰、自然や生き物と同じで移ろい行くのは必然です。それは寂しいことかもしれないけど、ムリに引き止めることも出来ないことなのですね…

それは、港区の地域コミュニティも同じで。

町会や自治会を一定規模に保つための、コミュニティの統廃合は常に必要と思うのですよね…

そんな学びの多い夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月13日 (火)

国の経済財政政策の行方、港区高輪地区の事業仕分け、町会夏の行事準備@高輪総合支所~三田豊岡町会会館

参議院議員選挙が終わり、メディアの総括記事を読んでいると、経済紙やビジネス誌はもちろんのこと、一般紙でも英字紙でも、「菅総理は、自身の経済財政政策をどう伝えたか」「日本の経済財政政策はどうなる」という視点から、選挙結果を分析し、今後の展望を占う記事ばかり、見受けられます。

経済財政政策…

龍之助はこの分野、決して得意分野ではないのですが、今回はさすがによく読み、よく学ぼうと言う気持ちになりましたね…

最終的には、「この国のかたち」をどうしたいか。

龍之助が知るところの非常に狭い範囲内かもしれないけど、唯一、国家財政運営に関して尊敬している政治家は、藤井裕久氏です。

大蔵省主計局主計官から、自民党の衆議院議員となり、細川・羽田連立内閣で大蔵大臣(新生党)、民主党政権で初代財務大臣となった方ですが、非常に論理的な方で、この方が自由党時代に出演していた『日曜討論』を、メモを取りながら見ていたくらい、すごく影響を受けました。

以下のインタビューは、民主党が政権奪取をする前の2009年3月のものですが、改めて、財政や社会保障について、「こうあるべきだった…」と思わせてくれる、とても分かりやすいものです。みんなの党、これパクったよね?ってくらい。

http://www.fujii-hirohisa.jp/opinion_format/opinion_0903_GekkanZeiri.pdf

最後の一文にはぞっとします。その覚悟は今、民主党政権にはかけらもありませんから。

この方が鳩山政権で財務大臣になったことを、高く評価したら、この方をよく知らない自民党支持者に怪しまれたくらい、まあ、鳩山・菅「大きい政府」志向政権では、異質の存在だったかもしれません。

この方が今、表舞台にいないことが、個人的には非常に悔やまれてなりません。

しかし、です。

じゃあ、街のみんなは本当は何を求めているのか。

みんな我慢、なのか、給付ください、なのか。

行政の実施する事業数は、多ければ住民のためにいいのか、少なければ歳出を抑えられて満足なのか。

ぶっちゃけ、事業予算は少ないほうがいいのか、多いほうがいいのか。

そんな話を、月曜日、タウンミーティングTAKANAWA 2010 高輪地区版計画書改定グループでしているわけなのです。

ひとつひとつの事業の実施状況などを精査してゆく、まさに事業仕分け的なお仕事…メンバーの意見も、様々。

で、港区としては、予算の総体を大きく増やすつもりも、小さくするつもりも、ないという中でのことですが、それだと評価もしづらいよね~目標は、何?というところが。

行政(と外部コンサルや委託事業者)の施策立案能力の評価なのか、執行能力の評価なのか、それとも住民参画の浸透度自体の評価なのか。まあ総合的に、ということでしょうね。

月曜夜の会議の後、メンバー有志は白金『サイゼリヤ』に移動。区役所の担当課長らを交えて懇親会。うちの連れ合いも、飲み会と聞きつけ緊急参戦。

地域のいろいろな人たちとの交流、それ自体も、この会合の裏目的かもしれないですね~♪

協働推進課長A山さま、地区政策係長でとても熱心にご担当くださっているI藤さまも、硬軟様々にお付き合いくださり、ありがとうございます!いつも文句ばっか言ってるようにしか聞こえないかも?と心配していますが…本当は感謝してます!

素晴らしいメンバーにも恵まれ、すこしづつかたちを残せたらいいですね。

続きまして火曜日には、三田豊岡町会の祭礼委員会と例会が開催されました。

9月の祭礼、8月の盆踊り大会、夏の二大行事を控え、準備には余念がありません。

今年から議事用の資料と記録を作っている龍之助ですが…みんなの知りたいことを、きちんと正確に伝える資料作りってのもなかなかに難しくて。

ただ、予算のことは明快で。

質や満足度を落とさず、手間暇惜しまず、低予算!

こういう共通目標が明快だと分かりやすいのですよね~

例会の打ち上げは、『大船』で。結局日付代わるぎりぎりまで、いつもの仲間と大騒ぎなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

参議院、本来のあるべき姿に戻ろう!@赤坂オフィス

参議院議員選挙2010、すべての議席が確定しました。

今回、特徴的だったなぁ~と思うのは、

有権者は、結局、「誰が、誰のどんな能力が、参議院議員にふさわしいか」という、人となりをよく見たのだと思います。

選挙区でも、全国区比例でも、「~のスペシャリスト」と呼ぶにふさわしい(またはそうなりたいと上手に訴えられた人)が、きちんと勝ち上がっていると。

もちろん、地域の特性や所属政党の人気に左右された側面も多くあるでしょう。現職を中心に組織の引き締めを図った政党は、きっちり結果を残しているし。選挙に挑戦何回目かで、知名度をきちんと築けた新人も。

そういう例を除いてざっと見ても、与党だから、大政党だから、人気政党だからといって、ただ若くてきれいなだけのように見える候補や、若くてきれいなだけじゃなくて、医師やNPOのスペシャリストとして地域福祉や医療制度改革を訴えた、福祉系の人材は、今回は残念ながら、うまく勝ちあがれませんでした。

むしろ、新人でも地方活性化の何らかの成功体験のある人材、会社経営者として景気回復を訴えた人材、安全保障、中央省庁や特殊法人改革で即戦力にちゃんとなれそうな人材が多く当選しているように思われます。

即戦力!

去年、政権交代を掲げて大量の新人が当選した民主党、トレーニングと称して、新人をちっとも役職につけませんでした。おいおい~歳費で勉強、ただ党に言われるがままに議場で投票、それ以外に仕事がないなんておかしいよ~×と呆れて見てましたが、今回の参議院議員選挙で見れば、そんな「使えない」新人さんは、限りなくゼロに近い、と言えましょう…

なので、「良識の府」参議院としては、どの党からも、すぐ仕事をしてくれそうな人材が顔をそろえてくれて、まずは一安心?

龍之助の今回の投票テーマは、やはり「専門性」。現職なら「これからももっと頑張れ!」と、新人なら「この方が議員になったら、いったい何をやってくれるんだろう~」という期待を込めて。司法と地方自治の分野から、ひとりづつ選んだところ、どちらも当選してくれました。

当選があれば落選がある、でも、昨日夢が叶わなくっても、明日は夢をまたきっと諦めずに、頑張って欲しい、とおひとりおひとりに願います。

以下は記録として:

選挙前からの知人・友人
【埼玉選挙区】
民・大野元裕(中東専門家、大学院の先輩)当
【愛知選挙区】
み・薬師寺道代(地方再生リーダー育成塾)落
【比例】
民・矢野義昭(自衛隊出身、元陸将補)落
み・若林亜紀(官僚・特殊法人改革派ジャーナリスト)落

選挙前からのファン
【比例】
み・江口克彦(PHP研究所、地域主権型道州制主唱者)当
み・藤巻幸夫(日本元気塾)落
み・米田雅子(地方再生・農商工連携プロジェクト)落

本人と会えた/本人の演説を聴けた
【東京選挙区】
民・蓮舫(日本青年館集会にて)当
み・松田公太(梅ヶ丘集会にて)当
【比例】
民・喜納昌吉(那覇市国際通りにて)落
自・秋元司(とあるウヨク系集会にて)落
改・萩原誠司(元岡山市長、東京都行政書士会館にて)落
み・田中朝子(元杉並区議、梅ヶ丘集会にて)落

法定ビラをもらった(どちらもうちわ型)
【東京選挙区】
自・中川雅治(新橋にて)当
【比例】
民・喜納昌吉(那覇市国際通りにて)落

選挙葉書がうちにきた
【東京選挙区】
民・小川敏夫(海江田万里事務所より)当
た・小倉麻子(与謝野馨事務所より)落
【比例】
自・三原順子(自民市議の友人より)当
自・秋元司(自民市議の友人より)落
た・片山虎之助(日本消防協会…?うそ!恐らく与謝野馨事務所より)当
み・米田雅子(本人より)落

100712_144023
私が近くで知る候補者さん達は皆、本当に必死でした!みんな勝たせてあげたかった…何かスポーツと同じで、そういうのも胸を打つ、というか、感動してしまうんですよね…

一番のお気に入りは喜納昌吉さんの法定ビラ。「すべての人の心に花を」の歌詞もいい感じなのですけど、裏がさりげなくサッカーボール型地球儀で、「よくがんばった日本代表!」ってあるんですよ…いつ時点の勝ち負けを想定してのことなのか、それとも何も考えてないのか…?

いずれにせよ、今度那覇に行ったら、ライブに行きたいなぁ~と思ってます。普通でない普通のミュージシャンに戻ったキナさんもいいじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

参議院選挙の日に、THE NIKE CUP FINALでHOME MADE 家族ライブ♪@調布市

曇り空の日曜日。遅く起きたふたりは、選挙に投票に行ったり、高輪郵便局に書類取りに行ったり、大忙し!大慌て!

そしてあせりまくりで、JR田町駅から新宿に向かい、京王線に乗り換え、一路、調布の先の「飛田給」まで遠征。

ここは、どこでしょう…
100711_135017

そう!ここは…

100711_140259
FC東京の本拠地、味の素スタジアム!

なぜこんなところにいるかって?

日本中の高校サッカー部やクラブチームが、イングランドプレミアリーグのアカデミー遠征をかけて戦っていた、THE NIKE CUPの最終戦、鹿児島実業高校VS市立船橋高校の試合があるのです!

ってか、その最終戦の後に…

HOME MADE 家族のおまけライブがあるんです、ぶっちゃけそれ目当てなんですけどね…

100711_150518
試合は緊迫!

実力では鹿実のほうが勝って見えたのだけど、運動量は俄然市立船橋!結局、1-1で延長戦になり、それでも決着がつかず、なんとPK戦に…ワールドカップのパラグアイ戦を彷彿とさせます…

結果、市立船橋に勝利の女神が微笑んだわけで…

あのちっちゃいけどガッツで走る男、長友選手も祝福に来てくれて、ざんざん雨の振る中、盛り上がりました!

さて、肝心のライブですが…

ET-KINGの時は、ざんざん大雨降ってたんですよ~龍之助は風邪が完全でないので、大事をとってぎりぎり雨の当たらない席で、HOME MADE 家族のライブを待ってたのですが…

HOME MADE 家族のライブが始まると、ちゃっかり雨が止んだんですね~これもまた不思議。

連れ合いと会場のみんなと、たっぷりミニライブを堪能しました♪

しか~しNIKEのイベントのミニライブ、参加には結構過酷な条件が揃っていて…

2年前には、富士本栖湖の10キロマラソンのおまけライブだったんですよ~

もち、走りましたよ、龍之助!おまけライブに参加したい一心で、朝早くから品川集合でバスに乗り込み、本栖湖の会場で暑かったけど気持ちよく走り、初めて走った10キロで、1時間切りましたよ♪

ライブも盛り上がりましたよ♪

それに比べれば、雨のサッカースタジアムなんて楽勝!

と、大満足の連れ合いと二人、意気揚々と家に帰り、シャワーを浴びて、選挙速報!

選挙の結果については、思うところがいろいろあったので、後日まとめます。


100711_182006
参加証。テーマは「WRITE THE FUTURE」

2008年のレースの時は何だったっけ…確か、「BEYOND YOURSELF」自分の限界を超えろ!だったような…?

とにかくスポーツはいいですよね!見るのも、参加するのも、新しい発見や感動がいつもあります。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月4日 - 2010年7月10日 | トップページ | 2010年7月18日 - 2010年7月24日 »