« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »

2010年10月3日 - 2010年10月9日

2010年10月 9日 (土)

みなと区民まつり1日目は雨…@都立芝公園みんなの広場~三田

朝からどしゃ降りの雨…なんてこったい×

「家族fes.」by HOME MADE 家族と愉快な中間達、の会場、愛知県蒲郡も雨だって…大丈夫かな?

そうは言っても、今日から2日間、みなと区民まつりです!

港ユネスコ協会は、今年は「国際生物多様性年2010」にちなんだ特別展を開催します!

101009_110245
雨の中、三田から段ボール箱を運んでくれた4人の勇士を紹介します!芝消防団第6分団、N村副分団長以下4名。左から、おなじみY島班長、N村弟部長、N村兄貴副分団長、Y橋団員。

4名はこの後、ポンプ操法東京都大会に出発…遠足?いやいや、赤坂消防団を応援に。

ブースは、こんな感じになりました。

101009_115853
オランウータンが、ボルネオの森林保全を訴えます。

午後も、雨は降ったり止んだり。そんな中、都立三田高校のユネスコ委員会のメンバーが、ブースのお手伝いに来てくれました!

101009_145950
引率の先生も、ありがとです~

「環境保護~」を訴える、都立三田高校のふたりの留学生。

101009_152117
ドイツとメキシコからです!ひとりは、AFS(アメリカンフィールドサービス)で来日。かつて龍之助が高校生の時、マレーシアに1年間留学したのも、AFSのプログラム。大先輩ってことですかね~♪

このほか、龍之助は、午後2時から「サークルフレーバー」のメンバーとして、みんなの広場ステージで歌っちゃいました♪

港区内の障害者団体が集う、「ともに生きるみんなの歌と踊りの集い」の実行委員会の有志が集合!

途中から雨が本降りになる、あいにくのステージでしたが、楽しく最後まで歌えました~♪

夕方、雨の中とりあえず撤収~お疲れ様でした!とみなと区民まつり会場を後にして…

向かった先は、芝消防団第6分団家族慰安の夕食会。

消防団員はいつでもどこでも、何もなくても会ってる感じですけど、そのご家族と会えるのは、年に何回か。ご家族が一堂に会する食事会は、特に盛り上がります。

都大会観戦組も合流し、2次会でへろへろになるまで、飲んだのでした…

明日大丈夫か、区民まつり!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

片山善博先生、ありがとです♪@新橋~三田~赤坂

昨日、観念して卒論指導教官変更のための書類を作りました、と日記に書きました…

紙が多くて80円切手で送れるかわからなかったので、明日郵便局に行けばいいか~と、机の上に置いておいたのですが…

ラッパ隊の練習が終わって午後9時過ぎ、帰宅してみると、慶應義塾大学から、速達で封筒が届いてました。

あ~卒論指導の話しかないけど、何だろ…卒論要約提出の督促…なら電話が来るはずだし…

と開けてみると、案の定、「片山先生の指導を受けている学生へ」の題。

最悪、指導教官の指定かな…と読み進めると全然!

「引き続きご指導をいただけることになりました。」だって!

ほらね~言ったでしょ?片山先生、「ゼミ生は見捨てない」って『朝ズバッ!』で宣言してくれてたって♪

しかも、次回はゼミ形式での豪華2時間の拡大版!学生5人と一緒だって。

5月は1対1の個人指導でした。それはそれで嬉しいんだけど、他の学生さんのテーマや視点や意見、それに対する先生のコメントを聞くことが出来るのは、ゼミならではの良さでしょ~♪

ゼミの日時は、まだまだ先の、11月27日。もちろん参加です♪と朝いちで大学に電話しちゃいました!

昨日作った卒論要約は、ゼミの時に配ろう!

楽しみだなぁ~

来年はどうなるか分からないけど、とりあえず次回に全力を尽くします!

あ、あと、みなと区民まつりも!

昨日ラッパ練習の前に、久々に新橋喫茶『ジャパン』に行き、マスターNさんとあれこれおしゃべり…

Nさんは聞き上手というか、あおり上手で、何か龍之助が納得いかないとか、不満に思ってることを、結構しゃべらせてくれるんですよね~それで、よく「それダメじゃない」と叱られるのですけどね。

で、昨日も「あの人が分かってくれなくて、こんなこと言われて、嫌になるんですよ~」的なことを漫然としゃべってると、あ、もちNさんの全然知らない人達のお話なんですけどね…

「それ言わなければ、龍之助も一人前になれるのになぁ~」

「でもそうやって吠えるのが、龍之助なんだよな~」

と、褒めてるのか落としてるのか、う~ん9割方落としてるのですけど、まあ、相も変わらず、ダメだしをいただきました…

「正論吠えてばかりでも、うまく行かないでしょ?」と、さすがNさん、その通り、なんですけど。

でもね~

そうやって勇猛果敢に、恐れを知らず、周囲を凍らせつつ、正論を吠えるのが、龍之助。

で、言った分だけは、やってみせますよ、というのがスタイル。

はいはい仰るとおりですね、だけを言う人なら、龍之助でなくてもいいんです。

で、その結果は…まあ、こうやって色々聞いてくれて、叱ってくれる仲間がいてくれて、ほんと、ありがたいです、とだけは言えます!

昨日も美味しいトーストとレモンスカッシュと、ダメだしを、ありがとうございました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

卒論とみなと区民まつり、準備着々@赤坂オフィス

9月、指導教官のサプライズな入閣で、慶應義塾大学の事務局が悩んでしまっていた件ですが、卒論の要旨と構成案の再提出を仕方なくすることにしました。で、先ほど作成が終わったのですが…

まだ諦めてないけど、もし片山善博先生が継続不可ということであれば、「行政学」の大山耕輔先生にお願いしようと思います。

ってか、去年、先に大山先生に「こういう論文を書きたいのですが…」と相談したら、即座に「それは片山先生でしょう!」とおっしゃっていただいた経緯もあるんですけどねぇ。その時は、片山先生が卒論指導してるって知らなかったので、「ありですか?」とびっくりしましたよ…

ま、それはそれで。

昨晩は港ユネスコ協会の常任理事・正副委員長合同会議。いつも長いんです…正味3時間近く。ほんと、ぐったりします…

常任理事としての龍之助の持ち場は、「広報ブレティン・インターネット委員会」と「みなと区民まつり委員会」。広報は通年何かしらあるけど、区民まつりは一年のうち、今週末だけだから…寂しいような、嬉しいような。

あ、今日はこれから、芝消防団ラッパ隊の練習だ~こちらは同じ区民まつりでも、パレード。

港ユネスコ協会の区民まつりブースと芝消防団ラッパ隊パレード。どちらも古くからの方たちが、年々微妙に参加しなくなってきているのが気になります…

龍之助なんかさ~HOME MADE 家族の野外イベント「家族 fes.」を諦めてまで、参加するのになぁ~

みんな、もっと楽しめばいいのにな~

あ、楽しむ仲間達といえば、芝法人会青年部会のほうも、子供達向けの「租税教室」をやっていて、ゲームやクイズに参加しながら、税金の集め方や使われ方を学べるという、好企画♪去年は子供達が、列をなして参加してくれました。スタッフはもちろん、芝法人会青年部会のボランティア。

去年はお手伝いできたのですけど、今年はいけないや…

これも「選択と集中」、かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

地域防災の担い手は、町会、それだけ…?@三田豊岡町会第1会館

秋の長雨が終わったのか、すっかり気分のいい天気が続く火曜日。

相変わらず何かすることが多いけど、何とか6時過ぎに、三田に戻り、みなと区民まつりで販売するヤシノミ洗剤の納品を受けました…ふぅ。

その後、消防団の分団会議。秋の公式行事は、「港区四消防団合同点検」、それから区民まつり、震災訓練、そんなくらいで、至って平穏なのですが…

うちらの地域防災の核となる住民組織は、「御田小地区防災協議会」で、地域の町会が主体となって、日頃の防火・防災対策から、災害時の避難所運営に至るまで、様々な話し合いを重ねています。

そこに小学校PTAの親父の会「ヒマラヤ杉の会」としてもオブザーバー参加をしているMせHめちゃんから、最新情報をいろいろうかがって、感想…

町会・自治会の責任の範囲って、本当に広い…

町会長も防災部長も、イザというときに、そこまで動けますか、ねぇ…ご自分のおうちも、家庭も、お仕事も放っておいて、避難所運営に全身全霊を傾けるって、それは現実的に、相当困難でしょう…いかに町会長おひとりおひとりが責任感の強い方でも、地元のご近所の方々、一時避難所、防災協議会の避難所、避難所の中でも町会同士の調整や、区役所や消防との折衝を行ったり、そこまで頼ってよいものでしょうか…

結局は、住民ひとりひとりの自覚と参加がカギ、とは分かっていますけど、実際災害時には、どうしたらいいかよく分かっている人なんていません。自分自身の被害状況も、家族や仕事の状況も、実際災害が起こってみなければ、何ともいえないし。

こころある住民おひとりおひとりに向けた、各町会ごとの災害時対応マニュアルとか、必要だよね…

>○○が発生したら、所定のものを持参の上、一時的に△△に避難し、情報収集に努めてください。

>要救護者を発見したら、□□にお知らせください。

>××の方たちは、速やかに広域避難所☆☆に向かってください。

っていうのを、丁寧に作らなきゃ…

災害は、なければないでいいのですが、もしもの時の備えだから、ムダに見えても準備すべきことは多いですよね!

さらに、町会役員など、地域の役職者の負担を軽減するためにも、役割の明確化とか、運営側に巻き込む対象を多くするとか、考えなきゃ。

う~ん…

分団会議で、久々に真面目なこと考えちゃったぁ~!

おかげで打ち上げのエビスビールもUFOソース味のポテチも、最高に美味しくいただきました!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

尖閣諸島を巡る一連のゴタゴタから民主党政権のダメ要因を探る@赤坂オフィス

領土問題…

中東政治学専攻としては、黙ってはいられない問題なのですが、今まで、感情的に中国を批判することが果たして正しいのか、自分の中に疑問があって、新聞やテレビだけでなく、ネットを通じても、様々な立場の方の文章を読んだりしてきました。

先週は仕事が多忙で、なかなかまとまった考えに至らなかったのですが、中国国内に拘束されていた建設会社の社員さん3名がひとまず帰国して、しかしまだおひとりが拘束中、そしてこれからもどうも容易に問題が解決しそうにない嫌な気分…

実はこの件、単純に対中外交問題にとどまらない問題が埋め込まれているような気がしてなりません。そう思うに至る要因が、分かってしまった気がするのです。それは…

民主党政権は、今ある仕組みというものを、つくづく大事にしない政権だなぁ、ということ。

政治主導とか政治家の意思とか、それは大切なことだけど、今ある仕組み、官僚機構でも外交関係でも、きちんと正当に評価をして、有効活用しなきゃ。

海上保安庁も、那覇地検も、与えられた職務を忠実にこなしているんだから、政治家が思惑で彼等の誠意を捻じ曲げるようなことがしてはならないし、ましてや、外務省。

一部で報じられているように、民主党政権が、国会議員や党職員(政府の要職の肩書きはあるものの)を独自に動かして、外交のチャネルを、外務省と党の“二重”にしようとしていることは、非常に危険なことです。

野党時代は、独自の外交チャネルはとても大事だったはずです。でも今は政権与党。

外交のチャネルに裏と表があれば、各国はそれに応じた対応をしなければならなくなります。

在京の大使館や外務省の在外公館は、“表”の外交ルートとして、儀礼的な行事や領事事務などのある意味ルーティン業務を粛々とこなし、でも肝心の政治交渉は、個人レベルの“裏”ルートで。そんなことが公にまかり通ったら、“表”の外交ルートは、本当に“裏”つまり政治を信用しなくなってしまいますよ。

信用と信頼。これすごく恐ろしい言葉で…人間関係も、外交も同じ。一度壊れると、取り返すのにすさまじい労力と時間がかかってしまうのです。しかも壊れやすい。あっさり壊れます。

民主党政権は、もう、鳩山「友愛」外交時点で、あっさり信用失ってます。普天間基地移設問題で、言うまでもなくボロボロ。

信用とか信頼の問題って、日米とか日中とか、二国間外交に限った問題ではないのです。「こいつらダメだ…」となれば、世界各国もこれに倣ってしまいます。あ~あ。

“裏”ルートなんて、持ってない国のほうが、世界のほとんどなのですよ。“表”ルートを大切にしてください。

自分達の組織内の議員や職員の個々の能力なんて、タカが知れている、自分達が自画自賛するほどのものではない、と自覚したほうがいいです。

そして、既存の官僚組織を最大限に活用する方向に、全力を傾注してください。「マネジメント」ですよ~ドラッガーを読めば、女子高生がへなちょこ野球部を甲子園に出場させるくらいの、パワーと勇気とやる気が湧いてくるはず!

ま、甲子園はいいとして…

とにかく、民主党政権は、既存の組織や制度、仕組みをないがしろにし過ぎ!そして新しい仕組みばかり作ろうとし過ぎ。

龍之助が最初にショックを受けたのは、「経済財政諮問会議」の消滅の件。結局、その後の顛末やらを見ても分かるように、それが気に入らないと投げ捨てたって、結局同じような組織が必要になるんじゃない。とってかわるはずだった「国家戦略局」はもうやらないんでしょ?じゃあ、国家財政に関する有識者を交えたお話し合いは、どうするの?

「地方分権改革推進委員会」も政権交代でさようなら。名前だけ変わって似たような組織、「地域主権戦略会議」が早々に立ち上がったからまだ良かったけど。

ついでに言わせてもらえば、「行政刷新会議」って何してるの?事業仕分けとは違う仕事?「国家戦略担当大臣」と「経済財政政策担当大臣」も、どう仕事の仕分けがなされてるのか良く分からないし。

なんか、新しい思いつきばかりが先走って、どれも全然機能してない…

話が脱線してしまったみたいですけど、とにかく、外交に新しい仕組みとか個人的なパイプとか取り入れようとする前に、今ある仕組みを大切にして、信用と信頼の醸成に努めるべきです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 3日 (日)

三田豊岡町から始まる、まち歩き企画!@三田豊岡~松坂~白高~白金台一丁目~高輪親交会~高輪公園

晴れましたね♪予報が良くなかったので、正直やきもきしました…

じゃ~ん!タウンミーティングTAKANAWA 2010 地区版計画改定グループ「まちあるき」企画、ついに実施です。

今回のルート、龍之助の案が原案通り通ってしまったんですよね~題して、「アーバンヴィレッジin 高輪地区」。「まちあるきを通じて、高輪地区の地域コミュニティの組成や規模、公共施設の配置、住民による地域イベント運営のありかたを探る」と大げさに書いてみましたが、会合で多くの方が興味を示された「福祉会館」「児童館」「町会会館」「災害時一時避難所」「公園・児童遊園」「地区事業『寺町コミュニティ』開催寺院」「地域事業開催寺院」をうまくつなぎ合わせてみたら、出来たルートです。

午前10時、豊岡福祉会館前集合。グループメンバーの他、区役所からはA担当課長、I係長。今回のアレンジも含め、ありがとうございます!

まずは、豊岡福祉会館と豊岡児童館を見学。同じ施設内に入り口を分けて配されています。福祉会館には浴場まであって、週3回利用できるのだそうです。何かびっくり。銭湯がもう近くにない時代ですけど、こういうサービスはありがたいものですかね。

101003_101023
そしてこちらは、屋上のローラーホッケー場。豊岡児童館のチームは、都大会で優勝することもあるくらいの腕前。

お隣の豊岡町会第2会館では、我らが町会長が町会会館を開放して待っていてくれて、参加者の質問に丁寧に答えてくださいました。2500世帯を誇る、我らが町会です。参加者は、町会の構成だけでなく、お神輿や町会備品にも、とても興味をもって質問してくれました。M山町会長、ありがとうございました!

一行は、龍之助お薦めの路地裏ルートを散策。一級建築士の方々からは、「こんな道路じゃ、立替はムリだろう!」などと専門家らしいご意見も。そうなのです、そのおかげで龍之助も住んでいられます…(笑)

100619_160137
路地裏散策は、「芝区豊岡町」という、町会の名前の由来になった昔の住所板を見つけたり、あちこちに配置されている町会の消火器を数えながら、松坂町へ。

松坂町の町会会館前では、T副会長が出迎えてくださり、さっそく中に通していただきました。ありがとうございました!

昔ながらの急な狭い階段を上がると、座敷があります。

101003_105352
床の間も欄間も、古めかしくもクラシックな造り。

101003_105452
書も風情ですよね~

こちらの町会会館も「文化財として保存すべきだ」なんて意見も出て、頼もしかったです。

町会会館にさよならして、三田松坂児童遊園、通称だるま公園へ。松坂町会の祭礼や防災訓練等の行事は、ここが会場です。

魚らん坂下の魚らん銀座商店街を抜け、白金プラザへ。ここでは、白金志田町倶楽部や魚らん銀座商店街の活動をおさらい。

ここから、急に暑さを増した太陽の下、一行は桜田通りを南下。

101003_113039
途中の寄り道は、覚林寺。毎年5月、清正公まつりを行います。高輪メリーロード商店街も一緒に。

一行は、明治学院大学の構内で、ひとやすみ。

101003_115118
明治学院大学の中にも、歴史的建築物が多くあります。龍之助の好みは、華奢で華麗な木造建築。

101003_115424
正門脇の歩道橋より。このきれいな芝生は、白金台一丁目町会の一時避難所に指定されています。かつては、テニスコートだったそう。納得。

一行は、高輪消防署二本榎出張所を目指し、高野山東京別院へ。ここから裏道を抜けて、東禅寺へ。

101003_121200
途中のお宅にあった住所表示板。港区ですけど、今はない表示です。

いよいよゴール間近…仮設高輪保育所、仮設高輪児童館、仮設高輪福祉会館のプレハブめぐり!

101003_121945
プレハブと侮ってはいけない…なんちゃってレンガ風もきれい!高輪幼稚園。

101003_122133
高輪福祉会館。中にはエレベーターも完備されていて、もちろん浴室などの設備も、通常のものと全然変わりません。

高輪児童館では、館長先生が自ら、とても丁寧に色々なご説明をしてくださりました。定員がオーバーしてること、遠足のこと、苦労よりも、子どもから教えられることがたくさんある、と。お人柄に感激しました…

東京都から借り上げた贅沢な敷地を存分に使った仮設群も、来年3月に役目を終えるそうです。もったいない気もしますけど…東京都に土地を返さなければならないなら、取り壊しですかね。土地ともども、何か良い活用方法がないものでしょうかね…

高輪公園で、4階建てになる予定の新しい保育所、児童館、福祉会館の複合施設のフェンスだけ見学して、12時45分、解散。

長い行程でしたが、参加者の皆さんがそれぞれ新しい発見をしてくださり、とても有意義でした!

解散、と言いましたが…有志のまち歩きはさらに続き、プリンスホテルの敷地の優雅な日本庭園を抜け、新高輪プリンスホテルのロビーで、滝を発見。

101003_130312
天然の地下水でしょうか?ふんだんに流れていて、とても贅沢な気分。

ざくろ坂でランチをしたのでした…お腹空いてました×でも充実してて楽しかった!

次回の会合では、どんな感想が出てくるのか、楽しみです。みなさん、お疲れ様でした~!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月26日 - 2010年10月2日 | トップページ | 2010年10月10日 - 2010年10月16日 »