« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »

2010年11月14日 - 2010年11月20日

2010年11月20日 (土)

東京タワーで震災訓練!@芝公園~三田~浜松町

よく晴れた土曜日!朝7時15分集合で、芝消防団、東京タワーでの震災訓練に出場します!

「大展望台まで階段で上る」と言われた以外、内容を良く知らないまま、第6分団は「大展望台に上りたい!」Y島さん、龍之助、Y橋、そしてMせ部長とT中副分団長が、訓練に参加したのでした。

集合してみると、女性団員は龍之助のみ…しかも当初、大展望台登頂組は、既に4名定められていて、残念気分…でも、地上での要救助者搬送なら、東京プリンスでの訓練とかでもやったから、気合入れていきましょう!

101120_075539
訓練開始前、続々と集まるはしご車。

101120_080638
写真はないけど、シグマ型屈折はしご車みたいなのも、芝浦出張所から来てました!

大展望台からの救援組に入りたかった第6分団やんちゃ隊は、開始前、地上での担架搬送を仰せつかり、折りたたみ式担架を抱えて大気。

101120_084429
訓練開始直前、緊張の中、リラックスの笑みをみせる団長。

101120_084741
報道陣と救護用のマットの向こうに、「芝消防団現地本部」ののぼり旗がたちました。あそこが自分達の帰るところ!

午前9時、訓練開始。

龍之助が指揮者、Y島班長とY橋団員が前と後ろを固める担架隊は、はしご車の下で要救護者の搬送を待ってましたが…

「作戦変更!」ん?自分ら?「はしご車に搭乗、屋上で救援活動に当たれ!」「よしっ!」

って、第6分団担架隊3名、いきなりはしご車で屋上に上げられました…

龍之助、夏の消防少年団の体験搭乗があったので、「いやったぁ~♪」とはしゃがず、にやけず、真面目に乗りましたよ!

ってか、一番最初の写真のはしご車に乗ったのですが、降りる時はさすがに怖かったですけどね…×

2名の到着を待って、消防隊から与えられた次の指示は「大展望台での救援活動に当たれ!階段の途中にも要救助者が数名いるので気をつけて。」

おおっ!念願の大展望台のぼり!

意気揚々と階段を上がるやんちゃ隊。

途中の階段の踊り場に、要救護者が倒れています。「…この人助けなきゃだよね?」

101120_093819
こんな感じ。訓練中の携帯撮影は禁止!重々承知ですが、つい撮ってしまいました。人形ですが砂が詰まってて45キロくらいあり、しかも名前と年齢、負傷箇所が記されています。本当の人だったら、ほっておけますか…?

Y島班長とY橋団員に、大展望台から担架をもってくるように伝えて、要救護者に寄り添う龍之助。階段が嫌になった…のもあるんですけど×しかし間もなく、「先輩上に上がってきて」とY島班長から連絡が。

一度展望台まで上がると、消防隊員とともに4名で、担架に別の要救護者人形を載せて屋上へ下ろすことに。

途中の踊り場では、何体も待ってるんですよ~要救助者人形が。何か苦しかったです…

一度屋上に降りた第6分団やんちゃ隊、「上に要救護者が残ってるんだから、また上がろうよ~」

先に下りた精鋭部隊を差し置いて、また大展望台を目指しました。

すると、大展望台の倒壊現場では、今まさにレスキュー隊を待つ反応のない要救護者が。

程なくして、横浜市と川崎市のスーパーレンジャーが到着!救助活動を始めました。

するとそこにレンジャーの指揮官から、「消防団員、いるか?」の声が。「はいっ!」即反応の龍之助。「何名だ?」「3名です!」「よし、現場ではとても人がたりない、要救護者の救助に当たれ!」「はいっ!」

高揚して折膝で待つ3名…間もなく、「消防団員、こっちで作業に当たれ!」「はいっ!!」

意識のない要救護者を搬送用の台に固定するのですが…

使ったことのない資機材ばかり!「そっちにひっかけてください」って言われても、どこにどうしたらいいのか、あせるばかり…くやしいなあ!訓練は大事!知らないと現場で足手まとい!ほんと、くやしいです…

でも傷病者への声がけとか、教わってたことはちゃんとやったつもりです。

何よりあの「横浜SR(スーパーレンジャー)」と一緒に作業できたって、一生の自慢じゃない?(笑)

その時の模様が、ニュース素材で映像で見られます!

日テレ。Y島さんが見つけてくれました♪
http://www.news24.jp/articles/2010/11/20/07170935.html

こちらはフジテレビ。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00188250.html

大展望台から再び地上に階段を下りて、訓練終了。

なんか、達成感がありました。すごく色々勉強になりました!

終了後、Y島さんからメールが。

「三人の登りたいオーラの勝利でしたねscissors

龍之助もそう思う!チーム力でしょう!3人が同じ気持ちで、強い思いで訓練に臨んだのが、現場で伝わっちゃったのかなぁ~って。

3人でチーム組めてよかった!Y島さん、Y橋、ほんとにありがとうでした!

Cat6w24m
そんなY島さんが、訓練開始前に撮った、龍之助のヘルメット写真…東京タワーが映りこんでます♪

お昼は三田の「グレース」。

午後は浜松町のエコプラザで、日本建築家協会港地域会の会合。

夕方、ゴルフから帰ってきた連れ合いもご機嫌で、「ハーフ30台出した!」と。スコアカードは記念にお茶の間に飾りました。

とにかく素晴らしい土曜日でした!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月19日 (金)

花束と焼肉と、巨大クリスマスツリー@三田~田町~赤坂見附

イスラムのお休みは続く、金曜日。

溜まった新聞記事を読んだりして、だらだら過ごす一日。

そういえば10月末、お誕生日のお祝いに、連れ合いのお友達から、ゴージャスな花束を2年連続でいただきました…

101031_134041
去年のは、ランが中心だったのだけど、今年のは、龍之助が好きな色のバラがアクセントに。

101031_134350
去年、花束と一緒にいただいた花瓶に、今年のは入りきらず、急遽連れ合いの大好物の「大五郎」4リットルのペットボトルを切って、花瓶にしました。

その花束、ついに…

101117_191035
最後のランが開花しました…

ちょっと寂しいけど、今まで楽しませてくれてありがと♪

その花束をくれた連れ合いのお友達カップルと4人で、今晩は焼肉。田町の「五韓満足」

101119_194207
写真が一気に寂しげなのですが×タン塩と各種カルビを散々食べた後、お口直しにサーロイン…

101119_194242
黒豆マッコリ1リットル、龍之助飲み干しました~♪あ、連れ合いも助けてくれましたよ☆

そして二次会は、いつもの魚らん坂下「大船」へ…

早く帰ろう~明日震災訓練だから!連れ合いはゴルフだし~

そうそう、

昨日、ツリーの写真アップしたけど、「あれ?今年初めて見るツリーじゃない気が…」

思い出しました!

101104_180020
11月22日、赤坂見附から旧赤坂プリンスホテルを見たら!クリスマスツリーが♪

この新館、来年は取り壊しなのですよね…確か、丹下健三先生の設計ですよね。建物も、人や花と同じで、寿命はさけられないのですね。寂しいなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月18日 (木)

危機管理、救命救急、日本には希望がない!?@新橋~赤坂~六本木

おぉ~ようやく晴れてきた木曜日は、防災士資格認証者育成研修の最終日。新橋通いもとりあえず一区切りかな?

午前中最初の講義は、「行政の災害対応」・・・講師は、帝京大学教授で東京都災害対策担当参与の、志方俊之先生!

龍之助のミーハー魂、再度炸裂♪自衛隊時代には、在米日本国大使館防衛担当参事官とか、大使館北部方面総監とか、素晴らしい職位を歴任なさって、現在は国の中央防災会議の専門調査会の委員だったり、危機管理マニア?にはたまらなくくすぐられるお方です♪

お、落ちつけ・・・

ご本人は、思ったより小柄で声の高い、優しそうなおじいちゃま。講義の冒頭は、東京都参与としての活動をさわりだけ。東京都からでない受講者も多いので、仕方ないですね。

しかし、国の危機管理のお話は、面白かったです!

実は龍之助、今年の春、仕事で日本国の危機管理体制について英語でレポートを書いていたので、概要は知っていたのですが、志方先生のプレゼンには、写真もふんだんに入っているし、何より「ん?これ一般国民が知っててもいいこと?」とまでは大げさではないけど、機密っぽい内容も含まれていて、マニア心をくすぐります♪

あ・・・マニア受けを狙った講座では決してありませんが×

大規模災害時には、地方自治体は自衛隊をどんどん呼んでくださいよ、というお話まであって、大満足でした!

続いて、「防災士資格取得試験」がありました。

甘くみてたら・・・完全ガチでした×

全30問中、21問以上の正解で合格。講義やテキストで触れられてない内容もあり、正直ビビりましたけど・・・ま、今更いいか♪と30分で提出。首都直下地震の定義は正解だと思うけど、活断層が起こす地震の間隔がかなり長期、数百年から千年単位、っていうところ間違えたかも×

それはそれ・・・

新橋のお昼は楽しい!

雨の初日は『揚州商人』、夜遅くまで食べ過ぎて食欲のない二日目は讃岐うどん、晴れてきた今日、最終日は天ぷら屋さんの天丼♪溜池周辺ではなかなか食べられないものを食べました♪

午後は、最終講義。「普通救急救命講習」・・・龍之助、東京消防庁「応急手当指導員」で、この講習を教える側の資格を持ってるのですけど・・・

101118_124515_3
見慣れたレサシ君たちの列。普通救命救急講習の教本と、人工呼吸用のマウスピースももらえました。

あ、レサシ君の本名はレサシアン、確かアンちゃんって女の子だったよね?

3時間の講習では、心肺蘇生、AED操作、気道確保(異物除去)を中心に。

51名の受講者に対して、レサシ君は10体、十分な余裕で実技訓練が受けられました・・・

ここで龍之助・・・

何か目立ってしまったらしく、心肺蘇生の時点で、東京救急救命協会の講師の方に「あなた上手いね~やったことあるの?」と聞かれ、とっさに「全然ありません!」

・・・嘘つきました×だって、今更恥ずかしいもん…ってか、「普通」救命救急講習は受けたことないし×

そしたら、休憩時間に「あなた、普段何してるひと?上級救命救急講習受けなさいよ、止血法とか、もっと色々教われるから」と勧誘されるし。

さらには、複数で救急対応する場合の展示を仰せつかってしまいました・・・傷病者発見からAED措置まで。心肺蘇生と気道確保をこれほど長時間、やり続けたのは、ほんと初めてです×

結論。講習受けてよかったです。新しい気付きもあったし。何でも「できる」なんて過信してはいけませんね×

101118_191549
講習が終わると、修了証書と救命技能認定証をいただきました♪

3日間通った教室、ありがとう♪

101117_122747
ロビーはもう、クリスマス気分。

午後4時・・・夕方の新橋の誘惑に負けず、一路赤坂へ。晴れてるし、歩いて。赤坂オフィスでちょっと仕事。

さらに歩いて、六本木ヒルズへ。

アカデミーヒルズで、ジェラルド・カーティス教授の講義があるのです。

今年3回しかない講義の最終日。1回目は、6月17日。参議院議員選挙前で、民主党政権にとって最悪の選挙結果を予測し、それがその通りになってしまったのですが。

2回目は10月19日。「岐路に立つ日本外交」と題して、対中国、対ロシア外交での政権の不手際、そして日米関係における双方の国に対する温度差が話題の中心であったということ・・・実際は龍之助、この日は町会の例会があって不参加だったのですが、今日もそのおさらいの話がちょっとだけありました。

そして今日。

101118_190713
「再生はありえるか―日本の将来の危険性と可能性」と題して、ソウルでのG20、横浜でのAPECを引き合いに、日米双方のリーダーシップの欠如、アイディアやビジョンのなさを厳しく指摘されました。

カーティス教授が何度も繰り返したのが、「希望」という言葉。「希望を持つことが大切(冒頭)」「今の日本には希望がない(質疑応答で)」など。

龍之助の師匠、村上龍は20年くらい前からそういってますけど・・・

希望なんて、自分が見つけるものだからね~政治のせいでも、ひとのせいでもない気がしますけどね。

お茶の時間、カーティス教授が近くにきてくださったので、質問しちゃいました。前回の続きですけど。

「昔の日本の政治家は、国を愛して国の将来を真剣に考えていた、今は違うとおっしゃいましたが、それは選挙制度にも問題があると思いませんか?昔は中選挙区制で自民党が圧倒的に強くて、選挙の心配をしないで国のことを考えられましたが、今は小選挙区で国の外交や防衛を訴えても票にならない、有権者の名前を一人でもいえる方がいい候補だといわれる、小選挙区だから自分の党の批判もできない、それで政治がおかしくなっているのではないでしょうか?」

カーティス教授、「それ質問の時間に言ってくれればよかった」とおっしゃってまた、「それは制度の問題で、変えるのは時間がかかるし難しい・・・」と悩んでしまいました。

講義の中では、制度や組織(system, institution)に問題があるからリーダーがよく変わる、と変革を求めていたのに・・・やはり変えるのは難しいんだなぁ・・・

でも時間をかけても始めなきゃ始まらないんじゃないのかな・・・

どんな風に?どうやって?

これから勉強して、アイディアとビジョンを描いて考えよう!

久々に六本木ヒルズからバスに乗って帰って来ました。明日もお休みだぁ~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月17日 (水)

豪雨、土砂崩れ、台風災害…自然災害は予報と警報で予防!@新橋

あれ?朝から雨ですね・・・うっかり洗濯物を軒先に干してしまった龍之助。連日の悪天候は、想定外×

防災士資格認証者育成研修の2日目は、きたぁ~!

東京大学生産技術研究所、都市基盤安全工学国際研究センターの目黒公郎教授が講師に!

「都市防災」「災害情報と災害報道」と題し、阪神淡路大震災の被害状況のリアルな数字や画像から、持論の目黒の自助、共助、公助論まで、午前中全部を使って、熱い講義が繰り広げられました。

目黒教授はその筋の有名人ですから・・・龍之助のミーハー魂はきちんと反応し、最後までぐれずに講義を拝聴しました♪

終了後お片づけ中の教授に、災害シミュレーションを実際に行った経験をお話したところ、その時の感想を聞かれたので、

「グループでシミュレーションをシェアした時、自分は消防団員なので、被害状況や負傷者の有無を確認とかの役割を話したら、何でそんな偉そうなことを言うんだ、と、初めてあったひとから言われました」とお伝えすると、

「初対面ならよく自己紹介して、お互いのことをよく知ってからでないと難しいな」とおっしゃったので、

「でも実際被災した場合にも、相手には自分が消防団員だとか防災士だとか判らないわけですよね。役割が十全に周知されていない状況で、その役割としての使命を果たすのって、難しいですかね」とお尋ねしたら、さすがに先生も悩まれたようです・・・

先生のシミュレーションはロールプレー、つまり役割を演じることを主眼としているわけではなく、災害イマジネーション、つまり災害時に、実際自分はどんな高等がとれるのか、を主体的に想像するのが目的だから、先生が答えに詰まられたのは仕方ないとしても・・・

結局、地域の防災リーダーの役割を期待される、といってもその地域の人がそう認識しなければ、意味ないですよね。地域の防災士さん、どうか地元の町会・自治会とか、自主防災組織に、積極的に参加してください!

午後は、「近年の自然災害とその教訓~局地的な豪雨と防災情報」「災害と危機管理」「風水害と対策」の3本立て。それぞれ講師は、大学教授、消防庁出身、気象予報士と様々で、特に気象予報士さんの台風災害に関する説明や衛星映像や気象図の読み方とか、面白かったです!

昨日今日の冷たい雨は、南岸低気圧とそれのもたらす北風が原因だそうです!

明日はいよいよ最終日…何が起こるか楽しみです♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年11月16日 (火)

防災、町会、新しい公共施設@新橋~三田豊岡町~三田台町

何となく天気が思わしくない火曜日・・・大使館は今日から夢の6連休、なのですが、実は今日から「防災士資格認証者育成研修」。場所は新橋駅に近い、新橋東急ビル。今日から3日間びっしり、座学と演習があります。

その1日目。日本防災士機構理事長、宮川知雄氏による特別講話は、近年の水害の例を説きながら、防災に関する予備知識と意識改革の大切さ。

それから「最新の地震危険情報」は、防災情報機構会長、伊藤和明氏。内容は、日本自治体危機管理学会でもよく取り上げられているので、龍之助にとっては得意な分野に近いような話題。

午後は、「訓練と防災演習」「被害想定・ハザードマップと避難行動」と題された図上訓練。班分けは主催者側が。

龍之助は1班「首都東京(1)」チームに。

101116_123625
まさか港区かなぁ~と地図を覗くと、荒川、中川、隅田川・・・台東・墨田・葛飾区でした×

101116_123716
しかも、「東京府」時代の古地図・・・

何をするのかというと、まずは地勢の把握。現代では判りづらくなってしまった、古い河川や水路の位置、田畑、埋め立て地、丘陵地などを、古い地図から割り出すのです。もちろん古くからの市街地も。

それから、同じ縮尺の現代の地図に置き換えて、災害ハザードの高そうな地域を重点的に検証。さらに減災の方策についてもあれこれ議論を交わしました。

1班の結論は、古くからの市街地で建物の密集地は、火災リスクが高いと。

減殺メソッドとしては、木造家屋を中心に倒壊を回避するための耐震化、不燃化を促進するための補助金制度の導入、防災まちづくりを促進し、都市計画の観点から公園などの空地の確保や道路の拡幅を推進、寺社の多い地区では、文化財保護の観点からも寺社単位の防災対策を促進、また商店や事業所、企業の自主防災努力を誘発する制度を導入する、さらには被災者だけでなく、交通機関が止まったことによる滞留者、観光客を誘導し、パニックを回避するための仕組みづくりなどを提案しました。

101116_150709
龍之助、1班唯一の女性という理由で、自動的にリーダーに。素晴らしいチームメートに恵まれて、発表も好評をいただきました♪

最後の講義は、「防災士の役割」。

1日目終了!

夜は、三田豊岡町会例会、そして・・・

三田台町在住の建築家ご夫妻のホームパーティーにお呼ばれ♪

おいしい赤ワインをいただきながら、ひとしきり話が弾んだ後・・・

昨日の「高輪子ども中高生プラザ」の設計者選定のお話から、田町駅東口の新しい公共施設に話が及びました。

この新しい施設の設計に部分的に関わった建築家さんと、住民参画ワークショップに参加された建築家さんがおられたので、すごくリアルなお話が聞けました・・・

こうしてお話をうかがうと、つくづく、公共施設の設計やまちづくりには、専門家の視点が必要だなぁ~と思います。

行政や行政の選定した業者にたいして、諮問を行う第三者機関。この街に住んで、この街を愛する、専門家の第三者機関。

より効率的で成果の高い税金の使い方を模索する意味でも、そんな仕組みづくりが必要かも、とつくづく思いました。

今日もまた、赤ワインのボトル1本開けたのですが・・・酔いがいい具合で、帰ってからひと仕事できました♪

ってか、『大船』とか『サイゼリヤ』の○いお酒は、なぜか悪酔いする~気がするんだよね、やっぱり×体調整えないとね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月15日 (月)

高輪地区の地域事業点検!@港区役所高輪総合支所


午後から久々に雨が降った月曜日・・・ただでさえ、深夜の焼き肉がボディーブローのように体に効いているのに、急に寒気がきて湿度が高くなると、だるさが増します×

実は、明日からイスラム教の祝祭「イードゥルアドハー(巡礼月の犠牲祭)」で、来週までお休みなのです♪

でもやらなきゃならない仕事が減るわけでもないので・・・粛々とお仕事をこなし、土砂降りの中、帰宅。あ~だる~×

このまま寝てたい・・・

そうはいかない×

タウンミーティングTAKANAWA2010、地区版事業計画改訂グループの会合です。

冒頭、もうすぐ完成する「高輪子ども中高生プラザ(仮称)」の概要説明。4階建ての施設は、0才から18才までの子供たちだけでなく、近隣にお住まいの大人も利用できる、贅沢な多目的施設。

しかしこの計画にも異論続出。

まずは、容積率がたったの140%なこと。第一種中高層住宅専用地域ですから、用途制限はあるのですが、容積率低くないですか?

しかもこの用地には、8階建ての公務員住宅があったということから、メンバーの中から「公共の施設を妥協して建設するのは、地域住民にとっては良いことかも知れないが、区民全体の資産としては、もったいないことではないか」との意見が。

良好な住環境の確保と、公共施設の充実・・・悪く言えば、近隣住民のエゴと、区民全体の福祉の充実の相克、みたいな問題です。どちらが優先、とは簡単に決着できない問題ですが、歩み寄りとか、あるのではないかなぁ~。なんか、近頃の政権を悩ませる領土紛争みたいになってきた。

龍之助からも疑問が。この施設、設計者と施工者が明確に分離している、ある意味非常に健全な物件なのですが、この設計者を決める際には、公募のプロポ形式で設計者の選定はあったのですが、デザインコンペの類はなかったとのこと。

住宅地の公共施設のデザインが、ある意味見切り発車とは・・・

しかも、設計者を決めた委員会は、区役所の役職の方々と、有識者によるもの。この有識者は港区民でもなく、大学の研究者など。

港区内にも専門家や学識者はいるでしょうに、そういう基準での意思の反映はなされていないし、景観への配慮はそもそも後回し。

なんだぁ~×だいぶがっかりしました・・・

あ、誤解のないように書き添えておきますが、施設内の設備については、30名ほどの住民が参加するワークショップで決定されたそうです。

気を取り直して・・・

本題の、地区版事業計画の改訂ですが。

「かがやくまち」分野の、災害・環境関係の事業を中心に、建設的な意見が多く聞かれました。

ハイブリッド発電灯事業をめぐる意見交換は面白かったですね、特に。

当然話し足りないメンバーは、白金「サイゼリヤ」に。赤ワインをめちゃめちゃ飲み~でろでろになる龍之助。

今日の酔っ払いは、明日病院なので軽く自粛中の連れ合いでなく、間違いなく龍之助でした×

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月14日 (日)

避難所活動訓練から深夜の焼肉までの一日@御田小学校~亀塚稲荷神社~慶應仲通り

曇り空で暖かい日曜日。午前中は、御田小地区防災協議会の関係者による、避難所設営訓練です。

まずは正門(岬門)に集合。さっそく、災害用備蓄倉庫から、必要な資機材を搬出。

101114_114134
テントなどはこちら。

101114_114442
炊き出し用のバーナー一式を運び出してしまったので、がらんとして見えます。

それから、校庭にテントを立てて、机や椅子を運んで本部を設置する班と、校内の被害状況や危険を検索する班の2班に分かれて、活動開始。

龍之助は校内検索班です。

101114_094058
運営マニュアルなどと、必要な用紙類はこちら。

101114_095115
こちらは文房具類を中心に。足りないものも、いくつか気付きました。

日曜日の校内、電気も消灯のまま進みます。

101114_095350
トイレには「使用禁止」の張り紙。

101114_095409
水飲み場にも。

101114_095658
階段には…より正確には、「立入禁止」ですかね。

当初は、ガラスや物品の破損などの被害状況、水道や電気の使用可否をつぶさに点検すべき、というガイドラインがあったのですが、避難所受入れにあたっては、目に見える被害の他の専門的な点検は実際には不可能であろう、と思われるので、設営初期には、水道や電気は全面使用禁止、避難所で使う校舎以外は全面立入禁止、としました。

101114_100243
こちらの教室は、和室で、「負傷者・要救護者受け入れ」教室となります。

101114_100631
こちらは、体育館などのある棟と、教室が主にある棟の間にある防火扉。

平日昼間、授業の最中に災害が起きた場合、子供達は全員、教室が主にある棟に集まり、保護者のお迎えを待って帰宅します。残留児童は学校の先生達が面倒を見てくれます。

体育館棟は、地域の皆さんのために全面的に明け渡します、と言うのが学校側の考えです。とても協力的で、ありがたいお話です。

避難所となる校内の検索が終了、校庭の本部に戻ると、さっそく被害情報収集、活動調整訓練。

101114_101111
避難所へ集まってくる方々から、来る途中の道路や建物の被害状況を聴取し、付箋やシールで地図に落とし込むのです。

101114_101201
この地図、「御田小ブロック防災マップ」は出来立てのほやほや、ということで、あらかじめ図面に落とし込んでおくべき情報がまだ不足しているなどの問題点も分かりました。

この後、避難所名簿作成、居住区への誘導訓練。

避難所名簿には、集まった本人達だけでなく、ここに来なかった、または安否の不明な家族についても合わせて盛り込むことが大切です。

それから、町会・自治会毎に居住区となる体育館へ。

101114_095431
館内の被害状況は、検索班が確認済み。

101114_103503
ひとり分のスペースの目安となる、カーペットと毛布。さすがに寝心地は褒められません…

101114_104008
担架による傷病者搬出訓練。

小学校は、意外にも階段や段差が多く、担架での搬送は難しそうです。階段昇降ができる車椅子などの配備も必要かも。

さて、訓練の舞台は再び屋外に…まずは炊き出し訓練です。

101114_105334
巨大な釜とバーナー。

それから、校庭の隅のマンホールを利用した、マンホールトイレの設置訓練。

101114_111256
便座の組み立ては簡単!

101114_112343
テントは、背の高い男性が数名いればできます。

ただ、狭いですよね…

ここで、男子は立って用を足していいのか、座るのか、でも便座は小さい、と大論争が(笑)

いえいえ、大事な問題です。ルールはあらかじめきっちり決めておかないと、現場が混乱しますから。

マンホールトイレの流水には、プールの水を使用します。

その同じプールの水を、飲用にする場合に必要なのが、濾過機。

101114_114528
残留塩素を測定しつつ、実際に飲んでみたりしました。煮沸してからのほうが安心、という女性からの声も。

バーナーで沸かしたお湯を、ポットで運んで、最後には、配給訓練。

101114_114844
今日の給食は、超豪華!エビピラフ、チキンライス、ドライカレー!

いつもの五目ご飯じゃない~!えらいご馳走に見える♪

…実際の給食は、このような形ではありません。実際には、大きなビニール袋で一気に数十人分を作り、パックに分けて配給されます。

え~龍之助は「一口ちょ~だい!」攻撃で、全部を味見…どれもしょっぱく感じられましたが、緊急食料としてはなかなか…三田3丁目の会社が製造販売しているのです。

今日の訓練、課題も沢山ありました。龍之助が気になったのは、電源。

御田小学校には、「ハイブリッド発電灯」が設置されているのですが…

101114_112045
港区役所の防災課の方にも、「災害時の電源としては、あてにしないで下さい…」と言われてしまいました×

停電中だと、外のトイレに行くのも、真っ暗なはずです…

「ラジオライト」という手回し発電型の電灯は、備蓄倉庫にあるのですが、個人にひとつ支給、って訳に行かないですよね…光源だけでも、ちゃんと確保しておくべきですね。

101114_110643
おまけ。先日の御田小学校10周年記念に、校庭に設置された像。我らがH部芝消防団長の石材店の店頭にあったものだというのですけど、クラシカルで三田の雰囲気にあってますよね♪しかし後ろの怪獣とのミスマッチはさすがにいかがなものかと…(笑)

お片付けを終えると、お昼もだいぶ過ぎ…連れ合いは、お昼ご飯を作って待っててくれました…が、さすがにチキンライスがっつりいただいた後では、あまり食べれませんでした×

そして夕方からは…亀塚稲荷神社の秋の祭礼。

101114_161755
Iりん、A沢さん、H部さんの後姿…ご奉納しているのは、K代都議会議員。

101114_162325
美しすぎる禰宜(汗)のはずが、楽しんご君みたいになっちゃったT子ちゃんから、清めの杯をいただきます。

101114_162335
大きな杯~秋のお祭り限定だそうです。

祭礼の後、神酒所で直来…

案の定、エンドレス…

亀塚マジック…

午後11時近くなり、さすがに神社にこれ以上ご迷惑をかけては申し訳ない、と…

慶應仲通りの焼肉の超!高級店『晩翠』に移動…

101114_231352
テンションが上がるUちゃん、豚足撮影中。

101114_231550
三田台ナイスミドル♪なおじ様たちと龍之助。

でもって、めちゃめちゃ食べました~肉!とろけるカルビ♪テールスープご飯♪苦しい~♪

…そんな長い一日でしたが…

Dvc00584
今日のナイスショット!

「世界糖尿病デー」を記念して、ブルーな東京タワーとN村弟でしたぁ~♪

病気は、努力と根性、強い意志で治そうね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月7日 - 2010年11月13日 | トップページ | 2010年11月21日 - 2010年11月27日 »