« SMAPとともに大人になった20年、かぁ…@赤坂オフィス | トップページ | 会議より、その後のご飯会のが絶対盛り上がるよね!@赤坂~新橋~六本木 »

2011年1月12日 (水)

防衛大臣が語る日本の安全保障政策から、三田豊岡町会新年会まで@六本木~赤坂~三田

冷えこんだ朝でしたが、お昼の天気は上々♪午後から、NPO法人ネットジャーナリスト協会が主催する、安全保障シンポジウムに参加しました。

タイトルは、「日本の安全保障政策~シーレーン確保と武器輸出三原則緩和などの国際協力」。

田中明彦東京大学教授の開会のご挨拶をに引き続き、基調講演は北澤俊美防衛大臣。

本当にいらっしゃるのか・・・と怪しんでいたけど、実際いらっしゃいました!昨日まで韓国訪問中でしたよね・・・これを受けて米国との協議も待ち受けているはず。

まずは韓国訪問の成果についてのご報告。韓国との防衛協議といえば、必然的に北朝鮮の動向を念頭にするわけで・・・。核開発や弾道ミサイルの問題もあり、対北朝鮮という側面においては、韓国、米国との積極的な連携が避けられなさそうです。

また、中国の軍備増強の現状や、極東地域におけるロシア軍の動向についても、北澤大臣は率直に脅威であるという認識を示されました。

大臣は続いて、防衛大綱策定にあたっての裏話、というか安全保障会議の活用振りを自画自賛?の後、民主党政権下での防衛政策の成果と反省点を。

防衛大綱で明らかになった新しいコンセプト「動的防衛力」についても、丁寧に説明、また、沖縄の自衛隊の展開についても。「南西方面の強化」という心強い言葉が繰り返され、島しょ部への攻撃に備えた陸海空の自衛隊の具体的な軍備増強と、米軍との共同訓練の準備状況を説明しました。

続いて、防衛体制の再編成、強化と合理化についての説明も。構造改革推進委員会で協議をするのだそうです。自衛隊の人事制度改革についても率直な意見を述べられました。

さらには、武器輸出政策の見直し、特に防衛装備品の調達や供与に関する、民主党内の反応なども・・・身内もさらっと辛辣に批判していましたね。

PKOなど国際協力活動から、最後は日米同盟関係について、明日予定されている日米防衛大臣会議への抱負で締めくくりました。

専守防衛を旨とする自衛隊は、周辺諸国への抑止力とはなり得ない、日本の国土の侵略に対する抑止力を発揮するのは、打撃力を有する米軍の存在に他ならない、と強く訴えていました。

北澤大臣は、鳩山政権以来防衛大臣を務めていますが、当初の自衛隊インド洋撤退は仕方ないとしても、防衛省とはうまくやっているなぁ~と感じていました。沖縄普天間基地移設問題で、総理が踊っていたときも冷静だったし。官僚の言いなりになっている、うまい大臣なのか、と正直いぶかしんでいましたが、実際には、大変な勉強家で、それに基づいた信念のひとのようです。

予定時間を大幅に超過した基調講演の後は、パネルディスカッション。パネリストには、渡辺周民主党所属国会議員、岩屋毅自民党所属国会議員、読売新聞と朝日新聞の編集委員さん、日本郵船会長、国際海洋法裁判所判事、早稲田大学教授とおなかいっぱいの顔ぶれ。

シーレーンに焦点を当てた議論ですから、アラビア海の海賊行為など、現実的な問題とその対処が中心に、議論は進みました。

シンポジウムの後、直帰しちゃおっかな~♪と企んでいた龍之助ですが、大使館から連絡があり、戻って仕事をすることに×

も~×

しかも、明日お休みの予定だったのに、緊急動議で会議のためだけに出勤することに…

午後6時過ぎ、とぼとぼと帰路に着く龍之助…

今日は町会の新年会なのになぁ~

気を取り直して…

もちろん!飲みました~騒ぎました~

二次会は『大船』♪

素敵な仲間達と新年を迎えることができて、最高です!

|

« SMAPとともに大人になった20年、かぁ…@赤坂オフィス | トップページ | 会議より、その後のご飯会のが絶対盛り上がるよね!@赤坂~新橋~六本木 »

まかせて町内会☆」カテゴリの記事

政治の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/38449483

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛大臣が語る日本の安全保障政策から、三田豊岡町会新年会まで@六本木~赤坂~三田:

« SMAPとともに大人になった20年、かぁ…@赤坂オフィス | トップページ | 会議より、その後のご飯会のが絶対盛り上がるよね!@赤坂~新橋~六本木 »