« 春の消防団家族慰安行事@日の出埠頭~東京湾 | トップページ | 春の雪…ってか吹雪!そして日本外交を憂う@赤坂オフィス »

2011年3月 6日 (日)

国籍の違い、どこまで…在日外国人献金問題より@三田の我が家

とてもいいお天気の日曜日。東京に滞在していた母親を見送って、家に帰ると、連れ合いが、とても具合が悪そうで食事もできない状態…こんな春の日に、どうして~?

夜になって、連れ合いの状態も落ち着いてきたので、居間で和んでいたところに、ニュース速報が。

「前原外相、辞任だって」と、連れ合い。

龍之助も、これは不可避、と思ってました。外務大臣だし。でも、その経緯は、胸をふさぐ、きついものがあります。

日本で生まれ、日本語で教育を受け、日本で働き、日本で家族をもって、一生日本で生活してゆくのに、日本国籍を持たないということの重大さ。

前原外相が、過去に外国人の方から政治献金を受けたことは、政治資金規正法に違反する行為です。ただ、その経緯を推し量るに、推測ですが、今回のケース、本当に純粋な個人献金で、本来の外国人献金禁止の趣旨である、外国勢力からの影響力の行使を排除する、というレベルの話ではなさそうです。

しかも前原外相が、この献金を理由に、その方の国籍のある国に、特別の便宜を供与したという事実も立証できるのか、分からない現状だし…

いずれにせよ、もう辞任したのだから、そこをとやかく言うつもりではないのですが。

龍之助が、こころふさぐ理由は実は、別のところにあります。

この事件で、在日外国人に対する、いわゆる差別意識が、強まるのではないかと…心配になります。さらには、国籍を巡る心無い噂話の類が蔓延しないかと。

龍之助のよく知る政治家さんの中では、元衆議院議員の西村眞悟先生や、東京都議会議員の土屋敬之先生も、政治参加に関しては、厳格な日本国籍論者ですが、決して、外国籍の方々に、非寛容なわけではありません。メルマガやネットを通じてのご意見を拝読しているだけですが、ある国の体制や政治のあり方に批判的であっても、人種差別的なことはおっしゃったことはないです。

だから、今回のことをきっかけにして、在日差別みたいな風潮が高まったら、すごく嫌なことなだぁ、と感じます。

こう思いながらも、つい昨日お電話を頂いて、「外国勢力が民主党政権に及ぼしている影響」について教えていただいたことも気になって、二重にこころを重くしていたのですが…

ひとつ思うことは、そのような勢力が、政権を左右してしまうような巨大勢力になった(と信じられている)背景には、大多数の日本人の、政治的無関心がないだろうか、ということです。

寛容で開かれた日本の社会を、日本人の手で運営し、発展させる気概があってこその、共生社会。

国籍を盾にした、せせこましく差別的な見識に陥るのは、決して将来に向けて正しいことではないと、思うのです。明確な意図のある、政治的な外国勢力はそうと見抜き、警戒することは、日本のためにとても大切なことですが、そうでない人たちには、常に寛容でありたいものです。

|

« 春の消防団家族慰安行事@日の出埠頭~東京湾 | トップページ | 春の雪…ってか吹雪!そして日本外交を憂う@赤坂オフィス »

政治の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/39140098

この記事へのトラックバック一覧です: 国籍の違い、どこまで…在日外国人献金問題より@三田の我が家:

« 春の消防団家族慰安行事@日の出埠頭~東京湾 | トップページ | 春の雪…ってか吹雪!そして日本外交を憂う@赤坂オフィス »