« 寒い朝の出会い@高輪松ヶ丘 | トップページ | 地震発生日は徹夜、情報交換はツイッターで@三田豊岡町 »

2011年3月11日 (金)

運命の地震発生日…でもその全容はまだ…@赤坂~麻布~三田

金曜日。毎週レポートを提出する日なので、もとから出勤するはずでしたが、早い時間に終わらせたくて、会議を挟んでいつになく真面目に作業、午前中には終わりました。

午後は、今日中に終わらせたい案件に取り組んで、順調…だったのですが。

あ、地震だ…結構揺れるなぁ、まあ、7階だから仕方ないか…と思いながら、仕事を続けていると、揺れがますます大きくなる…

これはまずいな!とすぐに部屋を出て、退避路の確保。電子ロックのドアを開けて押さえていると、秘書もパニックで現れ。気の毒なほど取り乱しているのに、ドアを押さえているので、近寄ることも出来ず…

揺れが収まったらすぐ、電話が通じるうちに家族に連絡を、と伝えたのですが、携帯は既にダウン。有線はつながっているし、電気も大丈夫なので、外に避難したい人たちは外に出して、龍之助は屋内にとどまることに。

余震がひどいな~テレビで震源地を確認、東北か…消防団にインターネット経由で安否報告のメール。相手は携帯だから、ちゃんと受信しておらえるか分からないけど。栃木の両親には連絡がつかず、でも仕事を続けることに。たまたま外務省には有線電話で連絡がつきました。

小一時間経って、屋外退避組が階段を上って帰ってきたので、すぐ帰宅するように伝え…千葉が自宅のふたりには、「今日中には電車は復旧ムリだから、泊まる場所を確保して!」と。みんな大騒ぎしながら帰ってゆきました。

そろそろ私も帰らなきゃ~の午後5時直前、電話が鳴り、受けると切迫した声で、「お忙しいところすみませんが、しまだかずみさんをお願いします!」…「わたくしですが」「かずさぁぁん!」

妹でした。地震発生からずっと、栃木や私に電話をし続けていたようです。心細かったんだね…おしゃべりが止まりませんでした。この時、私はテレビを見続けていたわけではないので、東北の被害状況はよく分かっていなかったのです。

午後5時になったので、徒歩で帰宅。六本木一丁目から麻布までは、外資系らしいビジネスマンやOLさんが、お揃いのヘルメットと防災袋でグループで歩いていたり、何となく遠足っぽい雰囲気もあったのですが、麻布十番からは、駅から出てきた滞留者が目立ち始め、「目黒はどっち?」と道を尋ねる年配の女性も。

30分で家に着き、外観は無事、ほっとして家の中を確認すると、また意外にも被害はガラスのポットがひとつ、棚から落ちて割れただけ。どうも揺れの方向が南北の一方向だけだったみたいです。直下型だったら、こうはいかないはずでした。

木造住宅密集地の我らが街も、火災や倒壊の被害なし。これにはほっとしました。

急いで消防団の作業服に着替えて、警戒出場。寒い防災格納庫から、町会会館に場所を移して、テレビが見れるようになってから、津波の甚大な被害を目の当たりにすることになりました…

余震が続き、警戒は翌朝までは解除はない、という通達があったので、消防団員は徹夜で警戒にあたる事になったのでした。

三田豊岡町は、桜田通りが横断しているのですが、夕方から徒歩の帰宅者は増えるばかり。「東京マラソンみたい」と分団長。午後9時過ぎには、帰宅困難者向けの宿泊開放施設が明らかになるとともに、都営地下鉄や東京メトロの復旧が始まりました。この頃徒歩の帰宅者の数も目に見えて減ってきたので、ほっと一安心。

ここからは、余震に備えて、徹夜だ…

|

« 寒い朝の出会い@高輪松ヶ丘 | トップページ | 地震発生日は徹夜、情報交換はツイッターで@三田豊岡町 »

地域の防災・減災のために」カテゴリの記事

地域ボランティア活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1242470/39218017

この記事へのトラックバック一覧です: 運命の地震発生日…でもその全容はまだ…@赤坂~麻布~三田:

« 寒い朝の出会い@高輪松ヶ丘 | トップページ | 地震発生日は徹夜、情報交換はツイッターで@三田豊岡町 »