« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ

2011年3月20日 - 2011年3月26日

2011年3月23日 (水)

「まちづくり」の原点を探そう!@被災地から、港区へ

突然ですが、龍之助の日記のタイトルとリンク先が、自動更新されるバーのある親サイトが、明日から更新できなくなります。

大人の事情で×明日から、東京都知事選挙が始まるからです。

何か寂しいですし、割り切れないのですが、受け入れるしか、仕方なさそうです。

全く、こんな「国難」の最中、選挙か…と自分でも情けなくなるのですが…これも、受け入れるしか、仕方なさそうです。

さて。

このまま都知事選挙が始まっても、メディアを通じた政策論争などには、到底なりそうにありません。この点では、橋下大阪府知事のいう、「統一地方選挙は絶対延期すべき」論には賛成。

ただ、地方選挙って、これまでほんとに、政策論争してきたの?と言われれば、それもう~ん、なのです。

首長選挙はともかく。現職対新人なら、信任投票か、それとも新しいビジョンか、という対立構造になるけど。

では、地方議会選挙において、ひとは議員候補に何を求めるのだろう?

長い都知事選の期間中に、考えて整理してみよう…

あともうひとつ、もう一回原点に戻って、整理したいのは、

「まちづくり」って何?ってこと。

このたびの大震災で、甚大な被害にあった太平洋沿岸のそれぞれの街には、少なくとも過去百数十年分の、津波の被害の記録が残っていたということです。石に刻んだ記録としても、記憶としても。

それでも、街は、災害にあった後、そこに同じように復興した。

街によっては、数十年もかけて、素晴らしい防潮堤を作り上げた。

そしてひとは、その街に住み続けた。

「まち」を作るとき、歴史と伝統の連続性って、必ず受け継ぐものだよね。

だから、そこに街があって、喪失したとしても、いつかは同じように再び、街が復興する。

それが、人の営みなのかな。

だったら、まちづくりってどうしても…歴史と伝統の尊重が、必要だよね。まちとしての美しさ、美観、伝統や文化との調和がまず、縦糸として準備される。

そこに、最新の構造設計、テクノロジーの横糸を織り込んでゆく。

そんなまちづくりの縦糸には、人智が必要。専門家とか学識経験者じゃない、その街に生まれて育った、普通の人達の知恵と想い。

そんな想いが溢れる街は、自ずから美しい…。縦糸の構想は住民がラフに描き、そこにうまく、最先端の横糸を埋め込むお手伝いをするのが、行政。こうしてできたグランドデザインを、それぞれの思いに忠実に、現実に落とし込んで完成させるのが、建築家さんと業者さん。

ってなイメージかなぁ。まちづくりって。

津波に流された街が、これからどれくらいの期間をかけて復興してゆくのか、現時点では見当もつかないような未来の話ですが、見守ってゆきたいなぁ。

そして港区でも。

まちづくりの仕組みを作るのは、政治の力です。

災害救援も、災害復興も、最適の仕組みを作るのが、政治のお仕事。

ひたすらに、最良、最善の結果を求めて、前へ前へ!

お、我ながら、調子が出てきた♪

4月4日(月)に、帰ってきます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

非日常な日常を、心して受け入れるぞ、という宣言@赤坂オフィス

大震災が起きた日から、自分の周りの世界が少しおかしくなってしまった気がする…ゆがんでいるような、ひずんでいるような。

警戒出動がかかったから、消防団のみんなで、小屋に集合したんだよね。それから、AEDチャリンコに載せて走って、一時間以上も来なかった救急車をようやくの思いで見送って、それから、夜通し震災情報を流すテレビ見て。

土日、家に帰ってからも、津波の映像に魅入られたように、テレビの前から動けなくなってしまった、連れ合いとふたり。

月曜日。連れ合いも自分も、普通に出社。大震災と津波被害に心を奪われていた龍之助に、職場で襲い掛かったのが、原発事故という大問題。

それでも、その時は、龍之助は、この「非日常」が、紛れもない「日常」なのだと、気付いていなかったのです。

震災直後から、ほとんど活用していなかったツイッターを読むようになり、フォローする人を少しづつ増やして、様々なソースからもたらされる最新の「情報」に接するように心がけていたら、何だかツイッターを読んでいないと不安を感じるようになり、夜も寝不足気味になって、でもだからって、生活上何かが変わるわけでもないし。

出勤して、必要な仕事をこなし、あとは震災被害と、原発事故と、これらを巡るすさまじい情報の渦を前に、途方にくれてみるだけ。

それでも、街に出てみれば、やっぱり変わらない「日常」がある。連れ合いは毎日、同じように仕事に出かけ、お友達は相変わらず飲み屋に集い、街を歩けばご近所のお知り合いに出会い、いつものお店は開いてるし、連れ合いは毎日お仕事に出かける。

なんか、自分だけ、取り残されているみたい…

この脱出できない非日常感覚は、なんだろう?

と、考えてみても、答えはないのです。

だってここが、ここにいる自分が、日常なんだから。

間違えた道を、間違えたと知っていながら、後戻りもできずに、苦い思いでひたすら歩くしかないような、この感覚。

東京の水道水に放射性物質だって。何か、笑っちゃう。最近連れ合いが、水道水の蛇口につける浄水器を新しくしてくれて、「水美味しくなったよね~」って、言ってたばかりなのに。

あの震災前に戻って、同じような日々を取り返せる道なんて、ありえないとは分かってるけど。

あ、こんなことだらだら書いていると、「実際に被災した人達は、家を家族を失った人は、もっともっと辛い思いしているんだぞ!」なんて、怒られそう。

でもきっと、私達はみな、同じように、日常を喪失したんだと思う。

そして非日常を受け入れて、生きていく決意をしなければならないんだと思う。

希望なんて言葉、安易に言えないし、一部の評論家が言うように、震災を契機に、日本がひとつになったなんて、肌感覚として、到底思えない。

被災者の皆さんの気持ちは重すぎて深すぎて、私には到底分かち合えない、ということだけは分かる。

だからこそ、そんな日常を受け入れなければいけないのだ、と自分に言い聞かせる。

言い聞かせて、また一歩、前に進むのです。

たぶん明日からも、龍之助は、今までどおり、笑って街を歩いてると思うのですけど、それは単純に、笑っていれば、笑い返してもらえるから、ってことなのです。

「こだまでしょうか、
いいえ、だれでも。」 by 金子みすゞ @AC

我が家は、結構好きですよ!ACのCM。

ぽぽぽぽ~ん♪

こうして、日常に生きる感覚を、取り戻さなきゃ!ね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

救援物資街頭キャンペーン、結局終わらず×@芝大門~三田

火曜日…まだ止まない雨×

お昼から、芝大門に出かける用事があったのですが、お昼直前に、携帯に電話が。

「四の橋に物資持っていったんだけど、いなかったじゃない?」

ああっ!今日は既にキャンペーンは終わっているのです…でも、昨日から数名の方に、「明日持ってくるわ」と言われていたので…「午後、伊皿子坂と三田通りなら、いますけど…」「そうなの?でも私も忙しいから!」

あちゃぁ~

こんなことになるとは~と少々ブルー。そう言えば、三田通りのスーパーの店員さんにも、「物資集めてる人達がいない」と、お問い合わせがあったそう…時間違いだったのですが、ちゃんと伝えるって難しい×

Bokin1_2
浜松町の銀行から、昨日お預かりした募金を送金。

大門から帰って、午後2時半、雨の伊皿子坂、ついに4日目。

いらっしゃいました~物資持ってきてくださった方。会えてよかった…ほっ!

「今日もいるの~」と、手を振って声をかけてくださる方、ご近所の町会の方。みんながニコニコしてくれる…

あ~その笑顔をいただけただけで、よかった♪

犬のお散歩の方にも、「昨日持ってきたのに、会えなかったわよ~」と叱られたり;なんて、ほんとは、声かけてくださるだけで、嬉しいんです~

三田通りも同じく。今日は、チラシ配るでもなく、ただ立ってただけなんですけど、お知り合いも通るし、物資を持ってきてくださる方も!

110322_165506
今日の戦利品♪

昨日お預かりした、介護用品や生活用品とあわせて、またリストが充実してきました!

はぁ~

そして、こんなに期待してくださる方がおられるならと、今週末も続行することを決定しました!

被災者の皆さん、救援活動にあたっている皆さん、原発被害にあわれて避難生活を送られる皆さんに、港区白金、高輪、三田の皆さんの、激励の声が届きますように!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

大雨からの都庁そして再び街頭へ→救援物資キャンペーン3日目@高輪~都庁~三田

ついに、恐れていたことが…×

朝から大雨。

連れ合いと、ギリギリまで相談した結果、今日の集荷は中止にしよう、昨日まで集めた分、とりあえず都庁までもっていこう、と。

とても割り切れない思いで、とりあえずツイッターで中止報告すると、まもなく、知らないアカウントからリプライが。

キャンペーンへの、ねぎらいのお言葉。「参加者より」と。

うそぉ~!どなた?どなたぁ?

慌てる龍之助に、連れ合い、「なに?ツイッターってなに?メール?」

気を取り直して…

都庁へ提出する、「救援物資申込書」リスト完成。お昼ごはんは、連れ合い特製、あおさとわかめの醤油ラーメン。

車に、物資を積み込み、さあ、都庁へ出発!

と、その時…携帯に電話が。

「物資持って、ピーコックで待ってるんですけど…」

はぁぁっ!

こ、こんな雨の中を、来てくださった方が?

「と、取りに行かなきゃ!あたし、走っていくわ!」と慌てる龍之助に、

「まあ待て~みんなで車で行こう」と、連れ合い。

無事に、お荷物をお預かりできて、ほっとするのもつかの間、「やっぱりあたし、いなきゃダメじゃない?」と龍之助。そこにK子さん、ぴしゃりと「とりあえず都庁に行って、あと2箇所はみんなでいよう!」

そっか。

で、4人で都庁へ、短いドライブ。

車の少ない新宿を越えて、都庁が見えてきた~「第二庁舎ね」と誘導するまでもなく、駐車場脇に、「救援物資受付」の大きな看板が。

駐車スペースに車を止めると、すぐに職員さんが来てくれて、ゲンキな大声で、「物資多いですか?台車要りますか?」と。「じゃ、2台借ります!」

110321_135827
たった2日+おひとりで、こんなに!

110321_135931
きちんと箱詰めにして、預けてくださった方は、リストも添えてくださいました♪

匿名でお預けいただいたものは、私の名前で預けさせていただきました。

Kyuuenbussi11

Kyuuenbussi2_4

結構な量ですよね~

皆様に感謝です!

再び車寄せに戻り、あたらめて、ここ数日で集まった救援物資の量に感嘆。

110321_140113
品目別に、段ボール箱に分けられています。

110321_140125
物資の詰まった箱が広いロビーに、延々と…

110321_140142
見渡す限り!

みんなみんな、心は被災者とともにあるんだよね…

つながってる。

いや、感慨に浸っている場合ではありません!

だって、戻って街頭やり直すって決めたんだもん。

午後2時半から、伊皿子坂上。そして、三田通り。

やっぱりね、やってよかった…

だって、本当に、来てくれる方がいたのですもん。

三田通りでは、「募金じゃないの?」と、おっしゃってくれる方々も。

これまでは、日本赤十字社の振込先を明記してあるチラシをお渡ししていたのですが、今日はありがたくお預かりすることにしました。

だって、お気持ちが、本当に嬉しかったのですもん。

そして、冷たい雨の中、ずっと一緒に立って、最後まで大きな声で、ご協力をお願いしてくれた仲間達のためにも。

最後には、会社勤めの若いお兄さんが、会社で余ってるものですけど、と、紙コップなどを大量に。

本当に、嬉しかったです。

この気持ちが、確実に、この物資を受け取った方に届きますように!

冷たい雨の中、最後まで笑って楽しく一緒にいてくれた仲間達にも、こころから、ありがとです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月20日 (日)

大変だぁ~!救援物資キャンペーン2日目@白金~高輪~三田

今日も晴れたぁ~♪三連休の中日、果たしてどれだけの方が、現れてくれるのでしょう?

白金四の橋商店街…な、何かすごいことになりました!

数名の方が、少しづついろいろ持ち寄ってくださり…なかには、きちんと箱に梱包してくださった方も!

大げさでなくていいんです、さりげなくでいいんです、ラップ1本からでもお預かりします!の気持ちが伝わったのかなぁ?

110320_120038
あまりに嬉しかったので、記念撮影~♪

とりあえず、家に運んで、午後に臨みます。

午後いちは、魚らん坂下。それから、亀塚公園でチラシを配って、近隣の方々にご協力を呼びかけた後、伊皿子坂上。

そこでさらにすごいことに…

待っていてくださった方、ありがとうございます!お会いできて嬉しかったです♪

各種の介護用品を、一度では運びきれないほど、車でお持ちくださった方もおられました。

110320_151307
上から見ると、迫力に欠けるかも…でも、この時点で、自転車で運べる量では到底なく、連れ合いに車を出してもらい、待っている間…

「あなた、都庁に物資もっていくの?ちょっと待ってて、今、物資を出したいという人から連絡あったから、取ってきてあげる!」という女性。

では、お待ちしますと、しばし待つと…

110320_153448
来た~!

この女性は、ケアマネージャーさんだそうで、港区から支給される介護用品で、不要になったり、サイズが合わなくなったりしたものを、返却することもできずにお家に保管しておられる方が、だいぶおられるのだそう。

「そういう方たちのところまで、取りに行ってあげたら、きっと出してくれるわよ」とのアドバイス。ありがとうごじあます!

これらも、車に積んでとりあえず運んでもらって…

最後は、三田通り。

こちらは、前日のチラシ配布でも、一番反応がなさそうな感じだったのですが…

とんでもない!

110320_172942
お仕事中らしき女性が、わざわざ会社にあるものを集めてくださったり、差し入れに缶コーヒーをくださったおじさまがいたり。

皆さん、お気持ちが熱いよぉ~(涙)

嬉しくてしょうがないです!

家に帰ると、既に玄関と廊下に、溢れんばかりのお預かりの品が…

都庁に行く前に、リスト作らなきゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月13日 - 2011年3月19日 | トップページ