リーガルなあれこれ

法律職の視点で、もの申す!

2011年2月25日 (金)

春一番とお役所のいい加減さと田町駅前開発事業と住民参画のあり方@早稲田~九段~芝

温かい春の風が吹く、素敵な日でしたね~お昼前に、お仕事で早稲田大学へ。

途中、自衛隊の車両に出会いました。

110225_110529
「欲しいな~」とドライバーのRさん。アルミ製で軽くて丈夫なのだそうです。

早稲田大学は、春休み中…でも学生さん達と軽く交流できて、よかった♪

110225_111324
早稲田大学中央図書館の正面入り口。鉛筆をイメージしているのかなぁ~なんか変なの(苦笑)

夕方4時過ぎ、東京法務局に行く用事を今日済ませてしまおう!と突然思い立ち、受付時間を尋ねるために、担当部署に電話をしました。

「○○したいのですが、申請の受付は何時までですか?」

「受付は、5時15分までですが、○○の窓口は混んでいるので、午後4時過ぎには来ていただかないと、今日中には手続きは終わらないので、午後4時過ぎまでに来てください。」

へ?窓口が開いているのに、当日中に手続きが完了しないって、どういうこと?

「それは、午後4時過ぎまでに申請手続きを開始できなければ、それ以降は申請不受理ということですか?申請を受け付けても、当日中には○○書が交付されずに、翌日以降に継続処理ということですか?」

「ですから、当日中に終わらせたいなら、午後4時過ぎに来てもらわないと。今日は金曜日で窓口が大変込んでますから。」

「はっきりおっしゃって下さい、私は行政書士ですから。窓口が空いている時間内であれば、申請は受理されて、証書は交付されるわけですね、午後4時過ぎでも。」

「…窓口が混んでいるので、順番どおりにお呼びすると、大変お待たせするかもしれないので、午後4時過ぎまでに来てくださいということです。」

「順番を待つのは当然のことですから。結局窓口の空いている時間内に申請を開始すれば、交付はされるんですね。」

「はい。」

なんで、じゃあ、午後4時過ぎまでに来ないと、証明書が交付されない、なんて勝手なことを言ったんだろう?

結局、午後5時5分前に窓口に到着。閉局間際だったためか、逆にそんなに待つこともなく、10分足らずで手続き終了。窓口の方たちの作業もスムーズで、なんてことない感じでした。

まあ、結局電話に出た人が、絶対残業したくないってだけだっただろうな、と。

さすがお役所!

でも、嘘は言ってはいけませんよ…普通の利用者さん達は、信じますって。または信じないのかな?

こうしてお役人の言うことは信じるな、って風潮が広まってしまうのですね…

夜は、まち創り研究会主催の連続講座「港区の現状を詳しく知ろう」第2回、「田町駅前開発はどうなっているの?」に出席。会場は、前回に引き続き、芝コミュニティはうすです。30名前後の方が参加されました。

港区経営企画部の職員さんが、4名もいらしてくださり、資料も「田町駅東口来た地区公共公益施設」「事業費・想定ランニングコスト予想」「愛育病院新築整備計画」「都市計画公園」と充実。

事前に投げておいた質問にも全部答えてくださったのですが…

結局、どうしても、もやもや感がぬぐえない出席者。

会合には、日本建築家協会港地域会から、4名の方々が出席されて、特に「公共公益施設が有すべきデザイン性」「建物が発信するメッセージ」「地域の未来像との調和」「住民にとって真に望まれる公共施設のあり方」などについて、コメントされました。

地域会の会合やら、その後の飲み会やらで、いつも話し合っていることなのですが、こうして公の場で話されるのを聞くと、改めて「その通りですよね~」と感心させられます。

他の参加者からは、「区民の出産・子育てを最大限に支援すべき病院運営は可能か」「芝浦地区全体の都市計画の欠落」「土壌汚染の問題」「赤字垂れ流し前提の施設運営はおかしい」「コミュニティ醸成の場の欠如」など、様々な問題が指摘されました。

総じて、「550億とも600億とも言われる総事業費の割には、つまんないものを作るなぁ~」という、残念な気持ちに基づいた意見が多かったです。

龍之助もそう思うのです。どうせお金をかけるのなら、よりよいものを、作ればいいのに。

よりよいものを、の知恵を出し合うのが、本当の住民参加だと思います。

今日の会は、そこが良かった!青山から芝浦まで、違う地区に住む方々が、それぞれの思いを伝える場になったことだけでも、良かったのではないですか。

それが、直ちにこの施設のあり方の改善には、もはやつながらないとしても…そこはちょっとした絶望感がありますけどね。

遅い閉会後、有志は『日比谷Bar 三田店』へ。

ここでも時間を忘れて、理想の住民参画のあり方について、語り合ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

変わりゆく家族の姿…育児も、介護も、夫婦関係も@麻布区民センター

晴れた朝は気持ちいい!毎日こんなに気持ちよく晴れているのに、なぜか洗濯物が溜まっている、怠け者の龍之助…。

でもとりあえず、朝は出勤に集中して~

資料整理やら、レポート提出やら、ちょっとした翻訳やらをチョコチョコ片付けて、午後…

久々に、行政書士関係のご相談が。ちょっと紛争の様相を呈しかねないもの。

行政書士は、紛争の当事者の代理人として相手方と交渉をすることはできません…

が、事実関係の確認はできます。

相手先に対して、これこれの事項を明確にする書面の提出を求め、その提出があるまで、こちらの態度は留保にします、位の宣言はできます。

こうしましょう、の方針を出すまで30分強…ふぅ。

この電話の後、さらに霞ヶ関方面からの電話協議で、30分…

結構電話も疲れます×すごく神経を集中するし…。

夜は、港ユネスコ協会国際シンポジウム。麻布区民センターです。

『変貌する「家族」』と題し、基調講演に、社会学者の上野千鶴子さん、発言者に、中国人発の芥川作家の楊逸(ヤンイー)さん、ドイツ生まれの日本学者の岩田クリスティーナさん、インド人を父に持つ実業家の新美彰規(ドイツ名アミット・バクシー)さん、と、超豪華な顔ぶれ。

上野千鶴子さんは、初めて直接にお話を聞きました。

第一印象は、小柄で、とても声の美しい方だなぁ~と。歯切れよく、要領を得た発言で、とても理解しやすいお話です。基調講演では、社会学者として、日本における「近代家族」の成立と変遷、そして将来像まで、とても分かりやすく説明してくださいました。

上野先生の最近の関心事項は、介護保険問題ということで、この問題は、ことさら熱く語られていました。いわく、「クオリティーの高い介護サービスは、家庭内ではムリ、社会化して専門スタッフに任せるべき」と。龍之助にとっては、よく腑に落ちる説明でした。なぜなら、自分の母親も直ぐ下の妹も、看護師でケアマネージャー、それなのに、いえ、だからこそ、自分達の祖母は介護施設に預けたのです。そこで息を引き取るまで。

いわゆる、保守的な、伝統的な家族観からすれば、それだって家族の義務を果たしていない、ってことなのでしょうか。妹にも母にも、葛藤がありました。ほんとうに。

でもそれは、必至のことだったんだ、ということを上野先生に教えてもらったと思います。それと、新しい家族像に即した、社会制度設計の必要性を。

いわゆるウヨクな人たちからは、家族破壊者、解体者と、忌み嫌われているような方なので、実際どのような人なのだろう、と個人的にも構えていたのですが、おっしゃっている内容は至極論理的で、納得がいくものでした。上野先生のお話で、救われた、と思われるも多いでしょう。

楊逸先生は、自身が20過ぎまで育った中国東北時代の家庭事情。「日本に比べたら、私の子ども時代は原始時代」と笑っておっしゃってました。岩田クリスティーナ先生は、ドイツの最新の家族事情を、旧東ドイツと西ドイツの地域性の違いも交えて、分かりやすく。新美先生は、自身が子どものとき、インド人の父と日本人の母が施してくれた教育について。上野先生は「子離れをする親の素晴らしいケース」と絶賛していました。

2時間半もあっという間でした。

会場には、港ユネスコ協会の担当者の皆さんはもちろん、聴衆としてもたくさんのユネスコ会員や関係者の方が見えてました。麻布区民センターのホールが、ステージ前の臨時椅子を含めて満席。

これは企画の勝利でしょう!担当委員会のみなさま、本当にお疲れ様でした!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日 (月)

師走の月曜日…痛恨の訂正印×から冷酒まで@赤坂~新宿~三田

あ~も~!月曜日は忙しい…週末のお仕事がたまってるからです!

なら週末もお仕事すればいいのにね…それはそれ、切り替えが大事。龍之助は、週末オフを充分楽しむタイプです。

でも、朝あわくってばたばた仕事をして…お昼に東京都庁に提出する書類を作って…

午後持っていったら、まさかの凡ミス発見×動揺しつつ、訂正印うっちゃいました…

あ~情けない;行政書士になって初めての東京都庁への届出だったのに~×

新宿からは、寄り道せずに三田に帰り、仕事の残り…

あっという間に夕方になり、慌てて消防団の制服に着替えて、分団幹部と待ち合わせして、お弔いの席へ。

永遠のお別れは、決して避けられないこととはいえ、うまく受け入れられないものです…

斎場の帰り道に、高輪総合支所へ。「タウンミーティングTAKANAWA 2010」地区版改定グループの会合の日だったのです。

遅く着いてしまったので、充分に議論には参加できなかったのですが、いつもの皆さんのお顔を見れて、ほっとしました!

今年はもう一回ありますから、全力を尽くしましょうね♪

さて、すっかり恒例の、「サイゼリヤ」夕食は、「次会忘年会しましょう!」との掛け声で休会。

龍之助は、『大船』に。消防団の仲間もすっかりできあがっているし。

龍之助、前回から日本酒にはまりました~♪

何だかせわしない月曜日、結局ほんわかクローズ…でした。

そういえば…

101205_132257
紫のバラ、ですよね?きれ~!

先週、連れ合いの大親友の奥様で、龍之助も大好きなMぐMぐから、いただきました♪

最初袋から出したときには、「プリザーブドフラワーだよね~間違えて、水あげるところだったよ~」と純粋に信じて、連れ合いにも「これ本物に見えるよね~」と報告したら、

「なまだよ~ほら、スポンジ入ってるよ」と冷静に返されてしまったのでした×

紫のバラ、初めて見たかも~!「ガラスの仮面」思い出しました(超昭和;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日 (金)

東京都行政書士会港支部忘年会!@元赤坂2丁目~赤坂見附~三田

朝、すさまじい嵐で目が覚め…我が家は古い木造2階建てで、雨や風ですごい音がするのですけど、今朝のはすごかった…

こんなんで仕事行けるのか…と悩みつつ、いつもどおりに家を出ると、既に雨は小振りに。

赤坂に着いたら、雨は止んでました。

昼には晴天!温かい風が吹き、上着要らずの昼下がり。気持ちいい♪

素敵な午後は、あっという間に暗くなり…

今日は、忘年会!会場は、明治記念館「花がすみ」です。

タクシーの運転手さんも感心していたくらい、格式ある懐石料理屋さんということで、ドキドキわくわく、ご案内していただくと…

なんか、旅館みたいな感じ。個室に玄関がある…

うぅむ、会費がめちゃくちゃ高いだけある…

会場には、既に先輩方がおられ、「こっちに座れ~」とにこにこ声をかけてくださった方に、さっそく名刺交換をお願いしたところ…

!!!「日本行政書士政治連盟 会長」ではないですか!

自民党政権下以来辣腕を発揮し、行政書士の職能と地位の向上に多大なご尽力をなされた方。

斜め向かいの方は、「日本行政書士政治連盟 幹事長」…

東京行政書士政治連盟の席には、おられなかった方々が、あっさり港支部の忘年会に!

おふたりは、元赤坂にオフィスを構えられていて、会長のほうは先代、港支部の支部長を務められていた方。会長が、数々の大物政治家と丁々発止のやり取りをなさっていた舞台が、この会場だというのです。

納得!

101203_181721
乾杯は、明治天皇にちなみ、菊のご紋を拝みつつ。

いい席に座らせていただいた新人龍之助は、会長はじめ諸先輩方のご苦労されたお話などを拝聴し、とても実りある忘年会となりました♪

もち、出てきた食事はちっとも残さず!さらに美味しい日本酒を沢山いただき、大満足♪

101203_210710
こちらは、明治天皇御製の御歌の掛け軸。向かいには、昭憲皇太后のものも。

101203_210723
お部屋は地下なのですが、随所にこのようなしつらえが。

さすがです~

20名弱の諸先輩方と、すっかり交流を深めたところで、赤坂見附に移動。会長のお友達がお待ちだというスナックに、皆で押しかけますと…

別の会合で来ていたという日本行政書士政治連盟の副会長がおふたりと、政策研究大学院大学教授の福井秀夫先生が。福井先生は、行政刷新会議にも参加されているはず。

副会長は、それぞれ石川県と愛知県の先生方なのですが、愛知県の先生とは、愛知県知事選やら河村市長のお話で盛り上がりました~

しかし…龍之助の夜は終わりません×

魚らん坂下『大船』で、遠方より来る友を迎え、ぎゅうぎゅう詰めの店内で語り合い…

あっという間に深い時間×

素晴らしい出会いのあった一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月30日 (火)

東京行政書士政治連盟会員議員懇話会@東郷記念館水交会

久しぶり、の行政書士の活動報告です。

行政書士に開業登録すると、東京都行政書士会と東京行政書士政治連盟の会員に自動的になり、それぞれに月会費をお支払するお約束です。

で、その政治連盟の会合に、初めてお邪魔させていただきました~!

ドキドキ。

会合の前半は、総会だったのですが…向かう途中で仕事の電話がかかってきたり、さらには東郷神社の境内で迷いに迷って、午後5時半のスタートには間に合わず×

40名ほどの参加者の皆さんは、政治連盟の幹部の皆さまと地方議員の方々ばかりのなか、遅刻って、最悪~

と反省しきり、でも皆さんお優しかったです!

懇親会の席では、諸先輩方から、とても有意義なお話をうかがうことができました。

例えば、福祉・介護タクシーを実際に経営なさっている行政書士の先生から、事業者の新規参入の規制緩和や、利用者の利便性の向上のご提案について。港区や渋谷区は、世田谷区など先進の区に比べて、制度の利用勝手が悪いのだそうです。

また、政治連盟副会長で、大田区鎌田の行政書士の先生からは、「官民ファンド」設立構想。

これはもともと外国における日本語教育支援の枠組み作りに、行政書士として携わっているという先生のご経験が元になっているのですが、そこからお話はスケール大きく展開し、補助金に頼らないファンド作り、に。

防災や地域福祉の分野で、民間ファンドを設立して、地元企業や有志の投資家から出資を募り、行政と協働で事業を展開する、そのリターンは、目に見える社会貢献の成果、というのはどうか、と。これは港区にはぴったりの構想ではないですか~?

わくわくします!

東京都内全域から集まった参加者の皆さまの中で、お話ができたのは、周辺の区の限られた方々だけでしたが、港区新橋の先生には、忘年会に誘っていただいたり♪地域の絆も深めることができました!

そうだ…

この席でも、誰彼み~んな「先生」、議員も、行政書士も、龍之助も。なんだかね~と怪しんでしまうのですが、いちいちつっかかるのはもう止めにして、おとなしくニコニコしてることにした、大人になった龍之助でした…

懇親会では、ビュッフェスタイルで食事も出たのですが、結局龍之助、ビールしか飲めず、お腹ぺこりんこで地元に戻り、『大船』へ。

大盛り上がりした仲間で、古川橋『大宝』へ。

ビールに餃子、タンメン、天津飯、うま煮。めちゃめちゃ美味しかったです♪

遅くまでお付き合いくださった『大宝』のマスター&ママ、そして仲間たち、最高!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月 9日 (火)

建築基本法制定シンポジウムで永田町お散歩@衆議院第一議員会館周辺

今日は午後から、衆議院第一議員会館で、建築基本法制定シンポジウム「建築法制の変革から豊かな社会へ」が開催されるので、午前中赤坂でお仕事をして、お昼ついでに外出。

議員会館は徒歩10分もかからないので、余裕~そうだ!お昼は超久々に、あそこの中華に行こう!

そう、特許庁前の中華、『頤和園』溜池山王店

いつも並んでいるので、なかなか行く気になれなかったけど、遡ること数年前、霞ヶ関ビルでOLさんしてた時は、必死で並んで食べたなぁ~

101109_124856
これこれ~「名物」坦々麺。

…あの頃は、一番美味しい坦々麺、って信じて食べてたけど…今は「なるほどね」くらい?大人になったのかなぁ~?期待が大きすぎたのかな?

と、まあ納得、って感じで、首相官邸への坂を上る途中の「霞ヶ関東急ビル」の前に、消防車が。

訓練かな?

101109_130433
ホースをつなげてます。消防団のポンプ操法なら、2番員のお仕事ですね。

101109_130505
吸菅は既に水利の消火栓に。豪華2本立て。

101109_130553
筒先も2本、既につなげてます。

101109_130647
計器チェックも万全。消防団のポンプ操法なら、4番員のお仕事。そろそろ水出しますよ~

101109_130707
おお、ホースに水がのりました!

101109_130723
1番員、放水、はじめ!と思ったら、排水溝まっしぐら…

ちょっと残念な消防団員でした×

気を取り直して…

議員会館、新築になってからよく行く機会がありますね~純粋に、使いが手が良くなったと思います!

早めについたのでお約束、売店をチェックしてタリーズで一休み♪

今日の会合は、地下の大会議室です。

101109_135021
ブリッジから北を臨むの図。

101109_135038
南は首相官邸。

101109_143455
大会議室は、500名くらい収容できそうな、広々とした空間。

この上、1階には、「国際会議室」なる、これより少し広い会議室もありますが、同時通訳ブースとかあるのかなぁ。興味津々。

あ、肝心の建築基本法ですが、法案を一読し、その趣旨などの説明をいただいて、納得納得。

建築基本法制定惇議会会長で東京大学教授の神田順先生の趣旨説明に続き、日本建築家協会の芦原太郎会長と、日本建築学会の佐藤滋会長の代理として、黒木正郎氏がそれぞれの会からの新法制に対する提言を述べられました。

地方分権時代の建築法、っていうコンセプト、いいではないですか~♪

ってか、龍之助が語ってる内容と、だいぶかぶりました。専門職の行政参加とか。でもそれは、龍之助が彼等の提言から、知らず知らずのうちにインスパイアされていたのかな、と実感。

また、建築に携わる様々な士業の方もフロアから発言なさって、なかなか興味深いものがありました。

参加した国会議員は15名。これからのまちづくりのあり方を大きく左右する制度のあり方の提言を聴く会にしては、どうも少ないなぁ…

そんな感じで、赤坂に戻り…

夜は分団会議です!

ま、分団員のうち、6名くらいは昨晩も会ってますけどね…『大船』とかで×

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月18日 (月)

タウンミーティングとは、という「そもそも」論…など。@港区高輪総合支所

今日は、港区の住民参画組織の会議です…しかし龍之助、お昼からピンチ!

お財布もって来るの忘れた×

ってことは…隣の部屋のRさんに1000円借りようか、でもまあ、いっか…

と、コーヒーとお茶とお水とお菓子で一日過ごすと、さすがにお腹が空き、家に帰って、とりあえずあるもので、お腹一杯食べたら…

会議の冒頭、眠くて頭がまとまりませんでした×

でも、2点だけ気になったことがあって…でも流れの本流でなかった話題なので、会議の席上で発言することは控えて、後で紙にまとめてみました。

そのひとつが、「タウンミーティングTAKANAWAの公的位置づけ」です。

○自治基本条例にの法令に則った性格のものではない(条例が存在しない)

○行政委員や協議会、審議会、有識者を中心とする委員会の類でもない

○改正地方自治法で、「まちづくり」が自治事務となったとはいえ、住民参画組織設置を義務付ける条項は存在しない

○行政手続法の定める意見公募手続とも関係しない

では?

というところ…

もうひとつは、まあ、有識者に聞きたい!質問事項のまとめ、です。

○日本の建築確認や自治体が建築主となる場合の計画通知にあたる行政行為の決定手続きに、英国では地域住民である有識者が会議を行う形で主体的に参加する制度があるという。その制度の実際の運営に詳しい方に詳細を伺いたい。

○少なくとも公的施設や大規模建造物に関して、地域住民が建築確認手続に関わる可能性が、現在の建築基準法や都市計画法の枠組内で可能なのかどうか。民間確認検査機関制度はなぜ可能だったのか。

○港区高輪地区で、地域住民が建築計画に主体的に関与する取組みが実現する可能性はあるのか。

 >都市計画法には、法的拘束力を持った土地計画・規制のひとつに「地域地区」があるが、現在地方公共団体が決定し、知事が承認する事項、つまり自治の範囲が広まりつつある。
 >「地区計画」も地方公共団体が策定するもの。
 >特別用途地区、景観地区、風致地区などの設置に関して、委任条例の活用は可能ではないのか。
 >以上の過程において、地域住民が参画できる可能性とその役割とは、どのようなものだと想定できるだろうか。

都市計画法や建築基準法は、行政書士の国家試験の範囲ではないですが、業務としては勉強必須の分野。

昨日、たまたま偶然に、日本建築家協会港地域会の会員メールで、日本弁護士連合会がまとめた、『持続可能な都市の実現のために都市計画法と建築基準法(集団規定)の抜本的改正を求める意見書(案)』の、最新版をいただきました。

すごく勉強になります!

都市計画と地域コミュニティについては、名古屋大学の田中重好教授(慶應義塾ご出身)がご専門かと…そのうちちゃんと勉強します!

地方自治法や行政手続法は、まあ結構試験勉強しましたけどね…

まあ、そんな夜ですが、結局会議後、有志は飽きもせず白金「サイゼリヤ」で集ったのでした…

この飲みの席で、また新しい発見があるのですよね~♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

入国管理関係申請取次研修、そして…@永田町砂防会館~魚らん坂~東五反田

今日もまた、行政書士のお仕事の研修ですが、今回のは規模が違う!日本行政書士会連合会の主催なので、全国津々浦々から行政書士の先生方が集まるわけです…

その数、620名以上!砂防会館のホールが、超満員☆

法務省入国管理局から、関連法令と実務について、様々なご説明があり、効果測定の模擬試験を受け、一日は過ぎたのでした…

申請取次行政書士の研修、無事修了!

これから登録して、実務に入りたいと思います。

100917_122121
お昼ご飯。老若男女の嗜好に合わせて、いろいろ盛りました~って感じの。もちろん、完食しました♪

帰り道には赤坂オフィスによって、ちょっと資料作成をして…

『大船』に…

そしてちょっとした事件が。

お知り合いの方が飲酒中に、貧血を起こして倒れられたのです。

消防団で行事の警戒中にも同様のケースの方を手当てした経験があるので、「脱水だな?」とピンときました。

しかし、症状が重篤だったので、お店の方がすぐに119番。救急車到着までに少々時間を要しましたが、高輪消防署港南出張所の救急隊が駆けつけ、龍之助は搬送に付き添ったのでした。

NTT東日本関東病院には、奥様も向かわれているということで、電解水の点滴を受けているお知り合いさんの様子は、だいぶ楽そうに見えました。

奥様も見えられ、血液検査の結果なども、特に異常なし。

ほっ。

聞けば、やはり日中水を飲むことも忘れてお仕事をしていたそう。

秋めいてきたとはいえ、まだまだ日中の熱中症や急激な飲酒には、注意が必要です!水分は十分に取ってくださいね。あと、いくらお友達に勧められたから、などといっても無理して飲むのは厳禁!ですよね~

お知り合いさんと奥様が、無事におうちに帰られてからは、龍之助は再び『大船』に戻り、飲みなおしたのでした。

実はこの件でも、お知り合いさんの家族に連絡を入れたり、情報拠点になったりで、複数の消防団員のネットワークが大活躍したのでした。

地域の仲間の助け合いって、本当にいいものです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月13日 (月)

暴力団対策いかがですか~&まちあるき新企画!@東京都行政書士会館~港区高輪総合支所

…なんか、5日間ものお休みを、ちっともホリディ感なく普通に過ごしきってしまった週明けの月曜日。

相変わらず、わさわさのレポートやら資料作成やらを3時間で済ませ、向かうは渋谷。大坂上の、東京都行政書士会館で、研修です。

「不当要求防止責任者選任時新人講習」

ぶっちゃけ、暴力団など反社会的勢力からの不当要求に、企業や商店、事業所、個人が被害を受けることを防止するための対策の研修です。

講師には、警視庁組織犯罪対策第三課の警部さんと、財団法人暴力団追放推進都民センターの指導員さん。

内容は、不当な言いがかりやクレーム、一方に不利な契約など、不当要求を暴力的に通そうとする相手にどう対処するか、暴力団対策法などの関連法令の概要、などなど。

龍之助は消費生活アドバイザーでもあるので、まあ、この手のお話は部分的には知ってましたけど、行政書士になるとより具体的な対策が取れるし、内容証明を書けたりとか、法的手段に訴えることも出来るわけです。

Scertificate_antimobsters
修了書いただきました~

100913_145243
右端は責任者ステッカー。黒いものは、事業所や商店の入り口に貼っておけば、護符のように効果があるかも?というステッカー。

おうちに帰って、さっそく連れ合いに、「暴力団とかで困ってる人いない?マンションに住んでて気持ち悪いとかでもいいよ?」と聞いてみると、

速攻で「いない!聞いたことない」

…ほんと、港区で暴力団が店に来て困る、なんて聞いたことない…

平和なまちであることは、何よりです×

夜は、タウンミーティングTAKANAWA2010地区版事業計画改定チームの会合。

現在高輪総合支所管内にある施設や公共サービスについての勉強会の続きと、新しく、「まちあるき」と「有識者ヒアリング」についての話し合いが行われました。

「まちあるき」と「有識者ヒアリング」については、事前に案を提出していたのですが…(龍之助の場合は、締め切りを1週間も過ぎて大迷惑な感じでしたが×)

話し合いの結果、龍之助のプランを採用していただけました~♪

テーマは、「アーバンヴィレッジin 高輪地区」。ぶっちゃけ、地域コミュニティの組成や規模や公共施設、イベントのありかたなどを歩いて実感してみよう、という企画です。

「区の施設」「災害時の一時避難場所」「公園」など、地域コミュニティと結び付いたテーマを挙げた方が数名おられて、それなら、と龍之助の案に入れ込んじゃうことにしました。

で、龍之助にお任せ、と言っていただいたまちあるきのコースは…

豊岡福祉会館前集合
   三田豊岡町会~豊岡児童館、三田豊岡町会第2会館、神輿殿~路地裏散策
   松坂町会~松坂町会会館~松坂児童遊園
魚らん坂銀座商店会→信号横断→
   白高町会、白金プラザ商店街、白金志田町倶楽部の活動紹介
桜田通り→南下→
   清正公~白金台一丁目町会~高輪ザ・レジデンス~高輪親睦会
高輪寺町めぐり
   高野山東京別院~東禅寺~高輪公園、仮設高輪児童館、仮設高輪福祉会館

って感じで2時間半、いかがでしょうか?

10月3日(土)午前10時より、開催決定!天気がよければいいですね~

「有識者」のほうも、都市計画を建築家の目線でお話いただく、ということで、日本建築家協会港地域会所属の、港区まちづくりコンサルタントの方に決まりそうです。これも、龍之助のプロポーザルを通していただきました。皆様ありがとうございました!

秋も楽しくなりそうですね♪

ということで、会議後、いつもの白金サイゼリアに行き、おいしくワインをいただきながら、だらだら過ごす午後11時過ぎ…

通路向かいの席の方々が立ち上がったので、ふっと見上げると、「白金高輪グリーンミュージックフェスティバル」実行委員会の皆様でした♪

S木さん、E藤さん、M上さん、他のみなさまがた、そちらもお疲れ様でした♪

すっかり夜が更けて帰ると、連れ合いが「お腹が空いた」と…自分で何か食してました…放っておいて、ごめんね×

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月27日 (金)

灼熱地獄から…夜空の小学校校庭での映画上映会@中野~御田小学校

金曜日…今日もレポート2本。戦後処理問題と、死亡した高齢者の家族による年金詐欺事件など。なんか来週は、民主党代表選一色になりそうな気配だなぁ…

午後、ダッシュで中央線快速に乗り、中野へ。

「東京都行政書士会第1回倫理研修会」@なかのZERO大ホール

新人の行政書士を中心に、必須で課された研修会。

とにかく、きつかった…

何がって、まずは、この龍之助ともあろうものが、お昼ごはんを食べる時間が無くて、途中、コンビニでパンだけ買って急いで会場に向かってしまい…

JR中野駅から、会場に向かう10分の道のりが、炎天下でしんどくて…空気も悪いし、大丈夫か!?中央線沿線!みたいな。

とにかくご飯は食べなきゃダメ!

も~研修会どこじゃない…あ、いえ、ちゃんとお話聞いてましたけどね…行政法の権威、東京都立大学名誉教授の兼子仁先生のお話とか、よかったです!

100827_142153
ホールのお隣の紅葉山公園に、SLが…しかし、紅葉でも山でもない公園でした…ま、秋に期待ですかね?

研修会が終わっても、具合が悪かったので、駅前でしっかりご飯を食べました♪

おうちに帰って、急いで消防団の作業服に着替えて、分団小屋へ集合…

夜は、松坂町会、三田豊岡町会、三田台町会、伊皿子自治会の共催する、御田小学校映画上映会の日です♪校庭にスクリーンを設営し、昔ながらのフィルムで映画を上映するのです。今日は第3回目。御田小学校の夏休み行事として定番になりつつあります。芝消防団第6分団は、1回目から警戒にあたっています。

100827_193718
玄関に座ってる、ヒマラヤ杉のマスコット。

100827_195310

正門には「岬門」という名が記されていました。昔、芝浦の浜辺を臨む三田台の尾根を、「月の岬」と呼び習わしたことからでしょうね。

映画上映会は、大人と子ども、合わせて230名もの参加者を集めて、無事終了。「海のトリトン」とか、去年の「鉄腕アトム」とか、今はテレビでも見られないようなクラシックな映画は、大人のほうが一生懸命みてましたよね~

撤収後は、町会主催のお疲れ様会。消防団は、もちろん!「大船」で飲みなおし。

しっかし龍之助、今日は早めの10時半リタイアでした~さすがに、疲れてたかなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧